「地域通貨」とは?

関連ニュース

フィンテックと地方創生で再注目される「地域通貨」。気になる通貨は… - 09月22日(日)08:31 

旅行客向け、環境保全etc.様々な用途で再注目される「地域通貨」  地域内で消費促進やボランティアなどの相互扶助を目的に、限定された地域でのみ使える「地域通貨」。かつて’00年代にブームとなったが次第に下火となっていた。 […]
カテゴリー:

ニセコで使える電子地域通貨「NISEKO Pay」、地域住民以外も利用可能に - 09月19日(木)11:53 

 ニセコひらふエリアマネジメントとOrbは、11月23日からニセコエリアで使用できる電子地域通貨「NISEKO Pay」の実証実験を開始する。
カテゴリー:

返礼品に電子感謝券導入 大崎町 - 09月14日(土)23:00 

 大崎町は、ふるさと納税の返礼品に地域通貨「ふるさとチョイス電子感謝券」を追加した。スマートフォンやタブレットを利用して町内での買い物や宿泊代の支払いなどに使える。返礼品への地域通貨の導入は県内で初めて。
カテゴリー:

ソーシャルギフトのギフティが東証マザーズに新規上場、プラットフォームの拡大、海外展開の加速を目指す - 09月20日(金)18:41 

ギフティ代表取締役の太田睦氏 ソーシャルギフトの「giftee」を運営するスタートアップのギフティは9月20日、東証マザーズに新規上場した。初値は公募・売り出し価格(1500円)を25%上回る1880円、終値は初値を9.6%上回る2060円となった。 ギフティは2010年8月設立。2011年3月にCtoCのソーシャルギフトサービスgifteeをローンチ。その後は2014年1月より法人向けに提供開始したオリジナルギフトの販売システム「eGift System」、2016年4月より粗品や景品の配布に使えるデジタルチケット販売サービス「giftee for Business」を展開。2016年5月にはスマホで使える電子地域通貨システム「Welcome! STAMP」を提供開始している。 gifteeの会員数は125万人(2019年6月末現在)、eGift Systemのeギフト発行企業数は70社(2019年6月末現在)。giftee for Business利用企業数は2018年通期で422社だったが、2019は1月から6月(2Q)の累計で371社となった。 「成長のドライバーになっているのはgiftee for Business。法人の企業は従来、紙のギフト券などを郵送で送っていた。URLに置き換えることで、業務効率を高めることができため、活用いただき、伸びてきている」(ギフティ代表取...more
カテゴリー:

ブロックチェーン企業Orb、電子地域通貨「NISEKO Pay」実証実験第2弾を開始【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 09月18日(水)15:12 

独自の分散台帳・ブロックチェーン技術「Orb DLT」を活用したソリューションを提供するフィンテック企業Orbは18日、一般社団法人ニセコひらふエリアマネジメントと2019年11月23日より、ブロックチェーン技術を活用したコミュニティ通貨プラットフォーム「Orb DLT」を利用し、NHAMが提供する電子地域通貨「NISEKO Pay」の実証実験を開始すると発表した。「NISEKO Pay」はニセコ
カテゴリー:

「地域通貨」の画像

もっと見る

「地域通貨」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる