「地域貢献」とは?

関連ニュース

【千葉発 輝く】わたしん 「質の高い眠り」提案通じ地域貢献 - 10月17日(木)05:00 

幕末から続く創業150年以上の老舗「わたしん」(千葉県旭市)。布団や枕など寝具の販売を通して、良質な睡眠と健康で豊かなライフスタイルを提案する「眠りの専門店」だ…
カテゴリー:

寮生をバーベキューで激励 - 10月13日(日)20:00 

刑務所を出所した人や保護観察を受けている人が、共同生活しながら社会復帰を目指す「佐賀県恒産会」(佐賀市長瀬町、古賀常次郎理事長)で13日、寮生の激励会があった。寮生11人は、地元住民と交流しながら、バーベキューを楽しんだ。 寮生に英気を養ってもらおうと毎年開催しており、37回目になる。寮生は地域貢献の一環として、早朝から近くの河川清掃に取り組んだ。
カテゴリー:

熱い応援&創業125周年感謝セール!11,000円以上お買い上げで1,250円引き 3日間限定の特別セール企画です。 - 10月07日(月)13:00 

竹虎(株)山岸竹材店は明治27年(1894年)に創業し、今年で125周年を迎えました。節目となるこの年、創業記念日である10月6日には「RED BULLBOX CART RACE TOKYO 2019」に参加し、見事準優勝!皆様の永いご愛顧と大会での応援に感謝し、2019年10月8日(火)正午から10月11日(金)正午まで竹虎倶楽部会員様を対象に「【72時間本店限定】RED BULL BOX CART RACE感謝SALE!」を開催します。創業125周年にちなんで、1,250円(税込)のお値引き。竹虎本店で商品代金合計11,000円(税込)以上のお買い上げの際にご利用いただける、1,250円OFFクーポンを発行します。竹虎倶楽部会員様限定の企画となっておりますので、まだ会員でない方はぜひこれを機会にご登録ください。全国唯一の虎斑竹を育む高知県須崎市・安和の里より、竹の専門店ならではの「竹のある暮らし」のご提案をさせていただいておりますが、こうして続きましたのは皆様のお力あってのこと。ボックスカートレース大会の会場での声援や事前投票による後押しは、一層その大きさを感じさせてくれました。竹虎の社員一同、皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。竹虎はこれからも竹文化の創造と発信に努め邁進してまいりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。<2019年10月8日(火)正午から1...more
カテゴリー:

この道60年、最後の箕職人が編み上げるカズラ箕が出来ました。 - 10月07日(月)10:00 

かずら箕は、農家では無くてはならない昔ながらの道具を、頑丈な網代編みと四万十かずらの縁巻きで仕上げた、美しくかつ実用的な民具です。この手箕の特徴のひとつが、編み込みのツートンカラー。十字に走った青く見える編み込みは竹表皮部分、白く見える箇所は竹の身の部分です。平たく同幅の竹ヒゴを目をずらしながら編み込む「網代編み」という技法で、この2色を美しく編み上げています。もうひとつの特徴は、縁巻きの仕上げに使われている四万十かずら。専門の山の職人さんが四万十川上流域で集めてきたかずらを、工場で数年寝かしたものです。職人の素晴らしい竹細工の仕上げに、昔ながらのかずらで縛っていただこうとお願いしました。そしてなんと言っても素晴らしいのは、箕先の美しさです。この道60年の職人だからこその、一目で技術を知らしめる編みには惚れ惚れするものです。農具や漁具として編まれた実用的な青物細工には、使い手の要望に作り手が応え続けてきた歴史があります。この箕は堅牢な網代編みでできているのはもちろん、裏面の両端には力竹の補強が入っています。実用に応えながらも竹の美しさが光る、昔ながらの農具。使い込むほどに変化する竹肌もまた魅力的なかずら箕を、大切な道具に加えてみてはいかがでしょうか。<2019年9月25日(水)より販売開始> かずら箕 販売価格:8,800円(税抜)https://www.taketora.co.j...more
カテゴリー:

人生に似た苦みと爽快さ 地ビール造りで地域貢献.. - 10月05日(土)11:09 

人生に似た苦みと爽快さ 地ビール造りで地域貢献 醸造所経営 村井真吾さん #西日本新聞
カテゴリー:

初出場、準優勝!レッドブル・ボックスカート・レース 2019(RedBull boxcart race)竹虎の走りを動画で大公開!! - 10月16日(水)11:30 

2000年より世界各地で110回以上に渡って開催されているRed Bull Box Cart Race(レッドブル・ボックスカート・レース)。エンジンを搭載せず、重力のみで走行するボックスカートの大会です。2019年10月6日(日)、よみうりランド特設会場にて行われた大会で竹虎は見事、初出場にして準優勝に輝きました!この竹虎の一日を、一本の動画にまとめています。レースとあってタイムを競うのはもちろん、「おバカなレースに大まじめ」をコンセプトにしたこの大会では車体やコスチュームのデザイン、出走前のステージパフォーマンスも重要なポイントです。虎斑竹をより多くの方に知ってもらいたい竹虎は、日本唯一の虎竹でつくった車「REIWA-125号」、同じく鎧「虎竹アーマー」で参戦。そしてパフォーマンスの小道具も虎竹製と、虎竹にとことんこだわりました。審査席にはスキージャンプの高梨沙羅さんやホンダF1マネージングディレクターの山本雅史さん、B-Girlのamiさん、NHK教育テレビ「つくってあそぼ」のワクワクさんこと久保田雅人さんなどが並び、レーシングドライバー佐藤琢磨さんのデモ走行もありました。動画では、レースのコース確認から表彰式まで余すところなくご紹介しています。大きな舞台のイベントには初参加となる竹虎職人の緊張の様子、転倒相次ぐコーナーを曲がる竹虎四代目の走り、そして準優勝という結果に驚きな...more
カテゴリー:

「医療施設の3割が赤字」時代を生き抜くクリニックの経営術とは?「医師の妻がノウハウ0から人気クリニックを作り上げた業界の常識にとらわれない経営」10月11日刊行! - 10月11日(金)16:00 

ビジネス書の出版や企業研修を手掛ける株式会社クロスメディア・マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小早川幸一郎)は、株式会社FORM 代表 鈴木恵子執筆による「医師の妻がノウハウ0から人気クリニックを作り上げた業界の常識にとらわれない経営」を10月11日(金)に刊行しました。「医療施設の3割が赤字」時代を生き抜く! 院長のための経営手法とマーケティング夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めながら、コンサルタントとしても活躍する著者が、医療施設の多くが赤字経営に陥っているという現状の中で、一体どのようにしてクリニックを成長させ続けているのか?医療業界には、「院長が企業経営者としての自覚がない」「クリニックの理念・ビジョンを持たない」「院長が開業コンサルタントに開業をすべて丸投げする」などといった非常識があります。なんと、9割以上の院長が、事業計画書の作成から業者との交渉、役所申請、人材確保まで開業のすべてを開業コンサルタントに委託してしまい、経営に重要な物事でさえも、決定を委ねてしまうのです。著者はそれまで医療経営に関する知識も経験も0。そのため、医療経営に関する常識や先入観もなかったのです。業界の常識にとらわれなかったからこそ、著者は開院当初一日に数十人だった患者数を年間2万3000人にアップさせ、他県からも患者が集まる、地元で愛されるクリニックを育てることができたので...more
カテゴリー:

竹虎が初出場で準優勝!よみうりランドで開催のRED BULL BOX CART RACE - 10月07日(月)12:00 

竹虎(株)山岸竹材店は明治27年(1894年)に創業し、今年で125周年を迎えました。節目となる今年の会社設立記念日である10月6日に東京よみうりランドで開催さる「RED BULLBOX CART RACE TOKYO 2019」を知った時には運命的なものを感じました。先々月には初めてボックスカートレース用の車体を特産の虎竹で製作してスペインのレースに参加し特別感謝賞を受賞したばかりですが、その車体を作りはじめたばかりだったからです。出場できる事になったものの全国から集うのは強豪69チーム。それぞれの車体が長い時間をかけ工夫を凝らした精鋭揃いでした。とても新参者の竹虎が太刀打ちできるものでは無いものの「竹の車」は自分達だけだというお客様からの声に勇気をいただき挑戦しました。その結果、クリエイティブ、パフォーマンス、タイムの3つのカテゴリーで高得点を獲得し、総合順位2位の準優勝をいただく事ができました。全国唯一の虎斑竹を育む高知県須崎市・安和の里より老舗竹専門店ならではの「竹のある暮らし」のお届させていだたく竹虎は、応援いただいた多くの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも竹文化の創造と発信に努め邁進してまいりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 【虎斑竹専門店 竹虎】https://www.taketora.co.jp/━━━━━━━━━━━━━━━━━...more
カテゴリー:

紙通帳レスで貧困解決支援 沖縄銀行 - 10月06日(日)16:12 

 沖縄銀行(山城正保頭取)は1日から、主に個人の普通預金口座で通帳を不発行とした件数に応じ、地域貢献活動をする団体へ寄付する取り組みを始めた。通帳からスマートフォンアプリへの切り替えを後押しすることで、紙資源の使用を抑えると同時に、貧困問題などの解決に寄与することを目的としている。  寄付金は不発...
カテゴリー:

お坊さんを呼ばないお葬式って!?家族葬のファミーユがプロデュース タレント山内要が明るく、楽しい「生前葬」 10月13日(日)「ファミーユ島町」(熊本市南区)10時~ - 10月04日(金)12:00 

熊本市内に14ヶ所の葬祭ホールを展開する株式会社家族葬のファミーユは、10月13日(日)に「タレント山内要さんの生前葬」を、9月にリニューアルオープンした「ファミーユ島町」にて開催しますご多忙とは存じますが当日取材をお願いいたしたくご案内申し上げます。また、開催告知等もご検討いただけましたら幸いです。これまで、著名な方々が生きているうちに自ら感謝の意を伝えたいという要望で「生前葬」が開催してきました。最近は話題のテレビドラマ内でもとりあげられるなど関心を集めています。熊本のタレントでは前例がない中で、それならば、と今回、山内要さんがお世話になった方々に直接感謝の意を伝えるための生前葬をご希望され、開催の運びとなりました。家族葬のファミーユは、2017年から山内要さんと一緒に熊本市内外の老人介護施設、公民館、病院などで地域貢献活動の一環として「楽しい出張終活セミナー」を開催しております。これまで約20カ所、延べ800名以上の方に終活セミナーへご参加頂きました。今回の「生前葬」も、明るく楽しい終活として、人生100年時代を生きるために熊本の方の力になりたいという山内要さんの意思のもと、このような企画となっております。当社は山内要さんの生前葬を通じて、改めて「家族の絆」について考えて頂くこと、大切な方に「思い出」や「感謝」を伝えて頂くこと、「生きた証」に触れて頂くこと、10の家族があれば...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「地域貢献」の画像

もっと見る

「地域貢献」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる