「地域社会」とは?

関連ニュース

EYグローバル情報セキュリティサーベイ(2018-19)を発表 - 02月21日(木)15:45 

2019/2/21 EY Japan EYグローバル情報セキュリティサーベイ(2018-19)を発表 ・組織のリスクに最も影響を与えたサイバー侵害は、フィッシングとマルウェアを端緒としたサイバー攻撃であった ・53%の組織が今年度のセキュリティ予算を増加させたと回答し、65%の組織が来年度のセキュリティ予算を増加させる予定と回答したが、63%の組織は侵害を経験しても損害を被らなければ支出を増やすことにはつながらないと回答した ・組織の70%で、トップマネジメント層がセキュリティを全面的に理解しているか、理解を深めるため積極的に対策を講じている EY Japanは、EYグローバル情報セキュリティサーベイ(以下、GISS)2018-19の調査結果を発表しました。今年で21回目を迎える本調査は、情報セキュリティに関する調査の中でもっとも歴史ある調査のひとつです。 この21年間にわたり、経営層だけでなく、組織のあらゆる層において、サイバーセキュリティ上の重大な諸問題に対処する必要性は年々高まり、かつてないほど差し迫ってきています。サイバー攻撃数は増加し、またさらに洗練され、その活動範囲を広げています。組織はデジタルトランスフォーメーションと新しいテクノロジーから生まれる新たな脆弱性の危険にさらされているのです。組織はセキュリティを最適化し、自らの成長を支えるために前進しなけ...more
カテゴリー:

全国初、浦和レッズとまちづくりで協定/埼玉宅協 - 02月21日(木)09:00 

協定書にサインした埼玉宅協・内山会長(写真左)と、浦和レッズ・立花社長(同右)  (公社)埼玉県宅地建物取引業協会は21日、サッカーJリーグ・浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)と「地域社会貢献活動の共同展開」に関する業務提携協定を結んだ。
カテゴリー:

LoRaWANで金沢市を中心に大規模なIoT研究フィールドを構築。Society5.0へ教育研究加速 - 02月20日(水)14:16 

2019年2月20日 金沢工業大学 IoTの新たな価値創出とサービス実現を目指して センスウェイ株式会社(東京都)と共同研究を開始。 金沢市を中心にLoRaWAN通信網による大規模なIoT研究フィールドを構築。 Society5.0実現にむけた人材育成と先端研究を加速 金沢工業大学はこのたび、IoT(Internet of Things)の新たな価値創出とサービスの実現に向けた教育研究用通信インフラの拡充の一環として、センスウェイ株式会社(東京都中央区 以下、センスウェイ)と共同研究を開始しました。センスウェイがIoT無線技術 LoRaWANの基地局を金沢工業大学扇が丘キャンパスとやつかほリサーチキャンパスに設置。金沢市を中心に大規模なIoT研究フィールドを構築することで、Society5.0を実現するIoTエンジニアの育成と先進的な研究開発を共同で推進します。  手始めに2019年度から工学部情報工学科1、2年次を対象としたプロジェクトデザイン科目に取り入れ、学生がIoTを活用した地域課題の発見と解決策の創出に取り組みます。またIoTを利用したスマートシューズの開発など、情報工学科の研究室で進めている社会実装実験に活用します。  さらに技術セミナーやハンズオン演習を通して、学部学科に関係なく学生が社会人とともにIoTデバイスやIoTアプりケーションを創出し、地域社会...more
カテゴリー:

企業の社会的責任に配慮し、小田原の飲食店運営会社が、全店で紙ストローを導入。SDGs(持続可能な開発目標)で地域に貢献 - 02月20日(水)10:00 

神奈川県小田原市で飲食事業を展開する株式会社JSフードシステムが、小田原・箱根でSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)へのアクションが増えていくよう、CSR活動(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)を拡張。 持続可能な未来を、地域社会とともに築きます。
カテゴリー:

地方移住・コスメ起業にむけた体験プログラムを佐賀県唐津市で開催しました - 02月19日(火)15:00 

一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(所在地:佐賀県唐津市)は、NPO法人Network Stationまつろ(所在地:佐賀県唐津市)と連携し、佐賀県唐津市への移住体験にコスメビジネス体験を加えたプログラムを2月3~5日、8~10日に唐津市内で開催しました。参加されたのはHair&Make-upアーティストの永井さん、コスメ企業にお勤めの柿川さんです。お2人とも、「自分のオリジナルコスメブランドを持ちたい」との希望から体験プログラムに参加されました。■永井さんの体験プログラム永井さんは、敏感肌用のスキンケア商品を開発したい。との思いからプログラムに参加いただきました。プログラムは、(1)地産素材の収穫体験 (2)原料化体験 (3)OEM企業相談 (4)コスメ起業家ヒアリング (5)専門家によるマーケティング、流通の個別セミナーを実施。永井さんからは、「一番知らなかった部分は流通。オリジナルブランドを持つにあたり、流通の仕組み構造についてアドバイスを頂けたのはとてもためになった。また、机上だけではなく、体験型が濃密な時間となり、オリジナルブランドを持つという事が今回の経験を通じて自分の中で明確になった。」と感想をいただきました。■柿川さんの体験プログラム柿川さんは、現在、お勤めの会社にてコスメの開発などを行っておられ、ゆくゆくは自分のブランドを持ちたい。開発にあたっては有田焼...more
カテゴリー:

「20年度景気後退も」と新家氏/青森で講演 - 02月21日(木)12:30 

青森銀行のシンクタンク「青森地域社会研究所」(理事長・成田晋青森銀行頭取)は20日、青森市の青森国際ホテルで同研究所の40周年記念講演会を開いた。第一生命経済研究所主席エコノミスト新家義貴氏が「どうなる日本経済」と題して講演。2019年度は緩やかな景気回復が続くが、20年度は米国経済減速の影響を受け、国内景気も後退する可能性があるとした。新家氏は経済予測に長けたエコノミストで、各種経済指標の分析から20年度までを見通した。政府は景気拡大期間が戦後最長になったとするが、「雇用は好調でも賃金が上が…
カテゴリー:

【千葉モスク】「体の大きい外国人が集まっていて怖かった」 ご近所のムスリム - 02月20日(水)19:40  newsplus

住宅街の民家を改装した「千葉モスク」。中では、ムスリムの人たちがメッカの方角を向いて日没後の礼拝をしていた(千葉市稲毛区で) ムスリムの増加で、金曜日の集団礼拝では、室内に入りきれず、建物の屋上で祈ることもある「蒲田モスク」。羽田空港に近く、海外から観光で来日したイスラム教徒の利用も多いという(東京都大田区で)  金曜日の正午を回った頃、千葉市稲毛区の2階建て民家に続々と人が集まってきた。民族衣装や工場の作業服などいでたちは様々。ここはイスラム教の礼拝所「モスク」だ。周囲に住宅や畑が広がる...
»続きを読む
カテゴリー:

企業の社会的責任に配慮し、小田原の飲食店運営会社が、全店で紙ストローを導入。SDGs(持続可能な開発目標)で地域に貢献 - 02月20日(水)10:00 

神奈川県小田原市で飲食事業を展開する株式会社JSフードシステムが、小田原・箱根でSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)へのアクションが増えていくよう、CSR活動(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)を拡張。 持続可能な未来を、地域社会とともに築きます。
カテゴリー:

2018年第4四半期に過去最高の調整後プロパティEBITDAを記録 四半期配当はADS1株当たり0.1551米ドルに増配 - 02月19日(火)23:15 

2019年2月19日 メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド メルコリゾーツ、2018年第4四半期に過去最高の調整後プロパティEBITDAを記録し、四半期配当はADS1株当たり0.1551米ドルに増配 【2019年2月19日マカオ発】アジアにおいてゲーミングおよびエンターテインメントを提供する統合型リゾート施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO、以下「メルコリゾーツ」または「当社」)は、未監査の2018年第4四半期及び通期の決算を本日発表しました。 2018年第4四半期の純売上高13億9,650万米ドルであり、前年同期の13億3,260万ドルから約5%増となりました。純売上増の主な要因は、グループ全体のローリングチップ分野及びマス・ゲーミング・テーブル分野の売上総利益の増加によるものであり、当社が財務会計基準審議会により発行された新たな売上認識基準(以下「新売上基準」)を採用したことにより売上減として報告されたコミッションの増加によって一部相殺されています。当社は、修正遡及法に基づき2018年1月1日に新売上基準を採用しました。2018年1月1日以降の各期間の業績は新売上基準を基に算出されている一方で、前年度の業績は調整されておらず、これまでの基準に沿って引き続き報告されています。新売上基準を採用す...more
カテゴリー:

引きこもり、40歳以上が6割を占める!何故最近の若者は働くのか - 02月19日(火)13:11  poverty

引きこもりの実態を把握しようと岩手県が初めて実施した調査で、引きこもり状態とみられる人は県内に1616人おり、このうち40代以上が61.7%を占めていることが分かった。現役世代を含む「大人の引きこもり」対策の必要性が浮き彫りになった。 内訳は男性が1148人で約7割を占めた。年代別では40代が407人(25.2%)で最も多く、30代が333人(20.6%)、50代が317人(19.6%)と続いた。引きこもり状態の期間は10年以上が598人(37.1%)で最多だった。 現在受けている支援は「不明」が44.4%、「何も受けていない」が28.5%...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「地域社会」の画像

もっと見る

「地域社会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる