「在留資格」とは?

関連ニュース

【在留資格のない外国人】入管収容者のハンスト、3週間で8キロ減…日本人妻が涙の訴え「一日も早く夫を返して」 - 11月14日(木)19:24  newsplus

全国の入管施設で、難民申請者をふくむ在留資格のない外国人たちが、長期収容に抗議して、食事を拒否する「ハンガーストライキ」(ハンスト)をおこなっている。ことし6月には、大村入国管理センター(長崎県大村市)に収容中だったナイジェリア人が餓死する悲劇も起きた。 こうした事態を受けて、長期収容や強制送還など、入管問題の改善をもとめる院内集会が11月14日、東京・永田町の参院議員会館でおこなわれた。現在も収容されているトルコ国籍クルド人の日本人妻も登壇して、「一日も早く夫を返して」と涙ながらに訴えた。 ●...
»続きを読む
カテゴリー:

特定技能外国人、見込みの2%しか集まってない 日本で働くのは外国人の憧れのはずなのに何故? - 11月13日(水)23:17  poverty

特定技能外国人、政府見込みのまだ2% 準備不足を露呈 2019/11/13 21:06 有料記事 深刻な人手不足を解消する切り札として、今年4月から始まった外国人労働者の受け入れ制度が半年過ぎても軌道に乗らない。出入国在留管理庁は13日、新設した「特定技能」の在留資格を得た外国人が11月8日時点で895人と発表した。政府は今年度、最大で約4万7千人の受け入れを見込んでいたが、わずか2%程度にとどまり、届きそうにない状況だ。制度の導入を急いだ結果、「準備不足」が露呈している。 特定技能の資格を取得するには①日...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人って戦時中に酷い事しまくったのになんで反省してないの? - 11月13日(水)22:58  poverty

戦中戦後の混乱で日本人の父と離別し、無国籍となったフィリピン残留日本人2世(日系人)の日本国籍の取得を求め、日系人の代表団が10月末に来日し、法改正などによる早期救済を国会議員に陳情した。 国籍を求める最大の理由は「アイデンティティーの回復」で、子孫が日本で就労できる在留資格を得られる利点もある。 2世の平均年齢は80歳を超えているといい、「残る時間はわずかだが、どうか日本人と認めてほしい。私たちの戦後は終わっていない」と訴えた。【東京社会部・山田奈緒】 この記事は有料記事です。 残り2909文字(全...
»続きを読む
カテゴリー:

特定技能外国人、政府見込みのまだ2% 準備不足を露呈 - 11月13日(水)21:06 

 深刻な人手不足を解消する切り札として、今年4月から始まった外国人労働者の受け入れ制度が半年過ぎても軌道に乗らない。出入国在留管理庁は13日、新設した「特定技能」の在留資格を得た外国人が11月8日時点…
カテゴリー:

フィリピン残留日本人2世が来日 「日本国籍取得を」と訴え - 11月13日(水)15:38 

 戦中戦後の混乱で日本人の父と離別し、無国籍となったフィリピン残留日本人2世(日系人)の日本国籍の取得を求め、日系人の代表団が10月末に来日し、法改正などによる早期救済を国会議員に陳情した。国籍を求める最大の理由は「アイデンティティーの回復」で、子孫が日本で就労できる在留資格を得られる利点もある。2
カテゴリー:

「長期収容が外国人追い込む」入管問題で弁護士ら与野党議員に改善訴え - 11月14日(木)17:22 

 出入国在留管理庁による在留資格のない外国人の長期収容問題が深刻化していることを受け、入管の収容・送還について改善を求める集会が14日、参院議員会館で開かれ、与野党の国会議員12人を含む100人以上が出席した。
カテゴリー:

【人手不足】特定技能外国人、政府見込みのまだ2% 準備不足を露呈 国籍別ではベトナムが約4割で最多 - 11月13日(水)23:00  newsplus

 深刻な人手不足を解消する切り札として、今年4月から始まった外国人労働者の受け入れ制度が半年過ぎても軌道に乗らない。出入国在留管理庁は13日、新設した「特定技能」の在留資格を得た外国人が11月8日時点で895人と発表した。政府は今年度、最大で約4万7千人の受け入れを見込んでいたが、わずか2%程度にとどまり、届きそうにない状況だ。制度の導入を急いだ結果、「準備不足」が露呈している。  特定技能の資格を取得するには?日本語能力と就労する業種の技能を測る試験に合格する?3年間の技能実習を終えた外国人...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人が戦時中にフィリピン人をレイプして産ませた子孫たち「日本に行きたい。国内ではいじめられてたけど日本でなら輝けるはず」 - 11月13日(水)21:54  poverty

 戦中戦後の混乱で日本人の父と離別し、無国籍となったフィリピン残留日本人2世(日系人)の日本国籍の取得を求め、日系人の代表団が10月末に来日し、法改正などによる早期救済を国会議員に陳情した。 国籍を求める最大の理由は「アイデンティティーの回復」で、子孫が日本で就労できる在留資格を得られる利点もある。 2世の平均年齢は80歳を超えているといい、「残る時間はわずかだが、どうか日本人と認めてほしい。私たちの戦後は終わっていない」と訴えた。【東京社会部・山田奈緒】 この記事は有料記事です。 残り2909文字(...
»続きを読む
カテゴリー:

「特定技能」の在留外国人は219人 - 11月13日(水)17:31 

 出入国在留管理庁は13日、外国人の就労を拡大するため、4月に新設した在留資格「特定技能」で在留する外国人は9月末時点で219人と発表した。6月末時点の20人から10倍以上に増えたものの、本年度に最大4万7550人の受け入れを見込んでおり、制度利用は想定通りには進んでいないようだ。
カテゴリー:

日本フードアナリスト協会が特定技能1号技能測定試験の「外食業」受験対策スクールを12月28日から開講! - 11月13日(水)14:00 

食の情報と情報発信の専門家=フードアナリスト(R)を育成・認定する一般社団法人日本フードアナリスト協会(以下日本フードアナリスト協会:所在地:東京都千代田区、会長:横井裕之)は、2019年12月28日より「外食業」に特化した特定技能1号技能測定試験の受験対策スクール(2020年2月受験対応)を開講します。食の情報と情報発信の専門家=フードアナリストを育成・認定している日本フードアナリスト協会は、14年にわたって食のプロフェッショナルを育成、外食業界の人材育成に関わってきた経験とノウハウを生かし、外食業を志す外国人の在留資格「特定技能1号技能測定試験」(外食業)に特化した受験対策スクールを開催します。2019年2月特定技能1号外食業技能測定試験に100%全員の合格を目指します。私共一般社団法人日本フードアナリスト協会は2005年より「フードアナリスト検定」という食の情報と情報発信の専門家を育成・認定してまいりました。お蔭様で正会員18,000名、企業会員400社、導入学校法人(大学・専門学校)120校以上の規模にまで成長しております。今年2019年4月より施行されている「改正出入国管理法(入管法)」により、在留資格(特定技能1号)を取得すると、5年以内での日本滞在が認められるようになりました。この特定技能1号には人材不足に悩む14業種が選定され、介護、ビルクリーニング、電気産業分野、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「在留資格」の画像

もっと見る

「在留資格」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる