「在任中」とは?

関連ニュース

日産再建、対ルノー・稼ぐ力が鍵 ゴーン被告逮捕1年 業績低迷、株価3割下落 - 11月20日(水)05:00 

 日産自動車会長(当時)、カルロス・ゴーン被告が金融商品取引法違反容疑で逮捕されてから、19日で1年が経過した。西川(さいかわ)広人氏の辞任でこの日を社長空席で迎えたことが象徴するように、ゴーン被告が日産で事実上のトップを務めた約20年間に醸成されながら、在任中は押さえ込まれていた数々の問題が噴出した形だ。12月1日に発足する新経営体制には、企業連合のパートナーである仏ルノーとの関係修復や、悪化した業績の改善が大きな課題だが、道のりは険しい。
カテゴリー:

日産、ルノーとの関係修復と業績改善が最大の課題 ゴーン逮捕1年 - 11月19日(火)13:20 

 日産自動車会長(当時)、カルロス・ゴーン被告が金融商品取引法違反容疑で逮捕されてから、19日で1年がたった。西川(さいかわ)広人氏の辞任でこの日を社長空席で迎えたことが象徴するように、ゴーン被告が日産で事実上のトップを務めた約20年間に醸成されながら、在任中は押さえ込まれていた数々の問題が噴出した形だ。12月1日に発足する新経営体制には、企業連合のパートナーである仏ルノーとの関係修復や、悪化した業績の改善が大きな課題だが、道のりは険しい。
カテゴリー:

日産、ルノーとの関係修復と業績改善が最大の課題 ゴーン逮捕1年 - 11月19日(火)13:09 

 日産自動車会長(当時)、カルロス・ゴーン被告が金融商品取引法違反容疑で逮捕されてから、19日で1年がたった。西川(さいかわ)広人氏の辞任でこの日を社長空席で迎えたことが象徴するように、ゴーン被告が日産で事実上のトップを務めた約20年間に醸成されながら、在任中は押さえ込まれていた数々の問題が噴出した形だ。12月1日に発足する新経営体制には、企業連合のパートナーである仏ルノーとの関係修復や、悪化した業績の改善が大きな課題だが、道のりは険しい。
カテゴリー:

〈私たち元気印〉グッチ―ズ2005(江北町) - 11月14日(木)20:40 

江口博信さん(59)は、2003年度から4年間、江北小のPTA会長を務めていました。「グッチーズ2005」は、江口さんが在任中の05年度を中心に、当時PTA組織の各専門委員長や学年委員長を引き受けた役員仲間で構成されています。 十数年がたった今でも、江口さんの号令がかかると、みんなが集まって親睦を深めています。「学校行事の前には、江口家で度々深夜まで作業したこともあった。そんなこともあってみんなの絆が深まったと思う」とメンバーの皆さん。
カテゴリー:

ブラジルのルラ元大統領、釈放される - 11月09日(土)14:52 

 南米ブラジルで去年、有罪判決を受けて収監されていた左派のルラ元大統領が釈放されました。  8日、釈放され、支持者に囲まれながら拳を突き上げるブラジルのルラ元大統領。去年4月に収賄などの罪で有罪の二審判決を受け収監されていました。  ルラ氏はこの判決について控訴していて、「判決の確定前に身柄を拘束することは不当」だとして釈放を要求。裁判所がこれを認めた形となりました。  左派政党に属しているルラ氏は、2003年から8年にわたる在任中に貧困対策や社会福祉政策などに力を入れていたことから低所得者層を中心に絶大な人気を得て、2018年の大統領選では最有力候補とされていました。  およそ1年7か月ぶりに釈放されたルラ氏は「今の政権とは違う政権が誕生すればブラジルはより良くなると証明したい」と述べ、さっそく政治活動を再開する考えを示すとともに、右派のボルソナロ現大統領を批判しました。  南米ではアルゼンチンで左派政権が復活するなどしていて、ルラ元大統領の釈放により左派勢力の勢いは一層増していくものとみられます。(09日11:06)
カテゴリー:

【フィギュア】織田信成がモラハラで提訴した“関大の女帝”もうひとつの顔 - 11月19日(火)15:41  mnewsplus

「リンク内外を問わず恐怖心を感じた」 涙を流してそう訴えたのは、フィギュアスケートの織田信成氏(32)。関大アイススケート部監督在任中に、同部の濱田美栄コーチ(60)からモラハラ行為を受けたとして慰謝料など1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。 訴状によると、監督就任前の2017年2月ごろ、練習方法を巡って織田氏が濱田コーチへ注意したことをきっかけに嫌がらせが始まったという。モラハラはエスカレートし、その結果、織田氏は今年3月に高熱で8日間入院。5月ごろからリンクに行けなくなり、...
»続きを読む
カテゴリー:

ゴーン氏逮捕から1年 日産、最大の課題はルノーとの関係修復と業績改善 - 11月19日(火)13:09 

 日産自動車会長(当時)、カルロス・ゴーン被告が金融商品取引法違反容疑で逮捕されてから、19日で1年がたった。西川(さいかわ)広人氏の辞任でこの日を社長空席で迎えたことが象徴するように、ゴーン被告が日産で事実上のトップを務めた約20年間に醸成されながら、在任中は押さえ込まれていた数々の問題が噴出した形だ。12月1日に発足する新経営体制には、企業連合のパートナーである仏ルノーとの関係修復や、悪化した業績の改善が大きな課題だが、道のりは険しい。
カテゴリー:

TモバイルのCEOが退任、WeWorkのトップに移籍か - 11月19日(火)10:15 

John Legere(ジョン・レジャー)氏がWeWorkを引き受けるかどうか不明だが、T-Mobile(Tモバイル)のCEOを退任することは間違いないことが判明した。TモバイルはソフトバンクグループのキャリアであるSprint(スプリント)との合併を進めているところだ。 米国時間11月17日、Tモバイルとレジャー氏は後任CEOが同社の現COO(最高業務責任者)、Mike Sievert(マイク・シーバート)氏となることを確認した。CEOの交代は2020年5月1日の予定で、レジャー氏は取締役には留まる。 Tモバイルもレジャー氏自身も今後の計画についてはコメントしていない。しかしTモバイルを離れることでWeWorkのトップになる道が開かれたことは確かだ。 レジャー氏はある意味、企業再建の専門家であり、大きな問題を抱えたオフィス賃貸ビジネスを引き受けるのではないかという観測が出ていた。われわれも報じてきたとおり、WeWorkは株式上場を申請したものの、財務状況の悪化と経営上の問題が明らかとなり、一転して申請を取り下げた。ファウンダーのアダム・ニューマン氏がCEOを辞任し、同社の評価額は暴落した。これにより同社に対する大口投資家であるソフトバンクが事態の収拾を図らざるを得なくなっている。 レジャー氏がWeWorkのトップになるという噂は即刻否定されたが、その情報源は「レジャー氏はTモバイ...more
カテゴリー:

前米国連大使、回顧録で元側近のトランプ氏への抵抗を暴露 - 11月12日(火)14:56 

 【ワシントン=黒瀬悦成】ヘイリー前米国連大使は12日に発売された自身の回顧録で、大使在任中に当時のティラーソン国務長官やケリー大統領首席補佐官らからトランプ大統領に抵抗するため手を組もうと誘われたと明らかにした。
カテゴリー:

ブラジルのルラ元大統領が釈放 今も貧困層を中心に根強い人気 - 11月09日(土)12:57 

 在任中の汚職を巡って有罪判決を受け、収監されていた南米ブラジルのルラ元大統領(上訴中)が8日、南部クリチバの警察施設から釈放された。連邦最高裁が7日、別の裁判で、有罪確定まで上訴中の被告は収監されないとの判断を示したことを受けた措置。ルラ氏は今も貧困層を中心に野党支持層に根強い人気があり、政治的な
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「在任中」の画像

もっと見る

「在任中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる