「土砂投入」とは?

関連ニュース

沖縄県、辺野古の埋め立て承認再撤回を示唆 玉城デニー知事「理論上可能」 - 01月17日(木)10:31 

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、県による埋め立て承認撤回の効力を国土交通相が止めて国が土砂投入に着手した問題で、謝花喜一郎副知事は16日、県庁を訪れた国政野党の国会議員との意見交換会で「国(の姿勢)はあまりにもひどく、行政の取り得る手段として第2の(埋め立て承認)撤回を視野に入れることも(念...
カテゴリー:

新工区3月土砂投入 辺野古新基地 隣接33ヘクタール、県通知へ 防衛局は既成事実化狙う - 01月16日(水)05:00 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、政府が3月にも現在土砂を投入している場所に隣接する新たな工区(約33ヘクタール)での埋め立てに着手することが、15日までに分かった。沖縄防衛局は月内にも県赤土等流出防止条例に基づき、県に対し着工を通知する。2月24日の県民投票やその後控える選挙...
カテゴリー:

米軍基地 辺野古への移設工事 土砂投入から1か月 - 01月14日(月)11:39 

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事で、沖縄防衛局が埋め立て予定地への土砂の投入を始めてから14日で1か月となりました。沖縄県は移設工事を阻止する手段の検討を急いでいます。
カテゴリー:

辺野古投入1カ月 区域2割埋まる - 01月13日(日)18:44 

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、辺野古沿岸部で政府が土砂投入を始めてから、14日で1カ月になる。日曜日や年末年始を除いて埋め立て...
カテゴリー:

辺野古への土砂投入、開始から1カ月 埋め立て連日進む - 01月13日(日)18:04 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、辺野古沿岸部で政府が土砂投入を始めてから、14日で1カ月になる。日曜日や年末年始を除いて埋め立ては進められ、護岸で囲われ土砂が投入され…
カテゴリー:

【珊瑚を盾に】辺野古サンゴ約4万群体の特別採捕を不許可 沖縄県 - 01月16日(水)22:41  newsplus

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、県は16日、沖縄防衛局から申請があった約4万群体のサンゴを移植するための「特別採捕」を不許可にした。県による埋め立て承認の撤回は国が効力を停止したが、県は撤回は有効との立場で、環境保全措置をとる理由がない、としている。  防衛局が昨年12月6日、土砂投入が始まっていない北側の埋め立て予定海域にある大型や小型のサンゴの移植を申請していた。  一方、玉城デニー知事は16日、埋め立て承認撤回を再び行うことができるとの認識を示した。国...
»続きを読む
カテゴリー:

辺野古、3月にも新区域埋め立てへ 政府 - 01月14日(月)19:45 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事で、政府は現在土砂を投入している区域の西隣の区域(約33ヘクタール)での土砂投入を3月にも開始する方針を固めた。今月中にも沖縄防衛局が県に作業開始時期を通知する。先月14日の土砂投入開始から1カ月が経過した。県側は工事中止を求める姿勢を崩
カテゴリー:

【悲報】日本は民主主義国家ではなかった 沖縄県民の意見を無視して安倍が環境破壊 死滅する珊瑚 - 01月13日(日)20:10  poverty

辺野古への土砂投入、開始から1カ月 埋め立て連日進む  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、辺野古沿岸部で政府が土砂投入を始めてから、14日で1カ月になる。 日曜日や年末年始を除いて埋め立ては進められ、護岸で囲われ土砂が投入されている約6・3ヘクタールの区域のうち、2割程度が茶色い土砂で埋まった。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000035-asahi-pol ...
»続きを読む
カテゴリー:

辺野古、区域の2割土砂で埋まる 投入から1カ月 - 01月13日(日)18:14 

政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で土砂投入に着手してから、14日で1カ月。共同...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

なぜ「辺野古署名」は世界に広がるのか? アメリカ在住ジャーナリストが分析する理由 - 01月13日(日)16:21 

沖縄県名護市の辺野古の新基地をめぐる署名運動が世界的に広がっている。2018年末にはタレントのローラさん、りゅうちぇるさんらが署名を呼びかけ、今年(2019年)に入ってからQueenのギタリスト、ブライアン・メイさんも呼びかけた。署名は米ホワイトハウスの請願書サイトを通して行われ、辺野古埋め立ての工事を停止するよう、トランプ米大統領に求めるもの。目標の10万筆をこえ、20万以上が集まった。なぜ、海を越えて、ここまで広がったのか。ニューヨーク在住のジャーナリスト、津山恵子さんがNewsXのネット番組「ハフトーク」で語った。ハワイから声があがった「辺野古署名」辺野古についての署名を広げたのは、ハワイ在住で沖縄にルーツがあるロバート・カジワラさん。カジワラさんを取材した津山さんは、署名は「民主主義」という観点から考える必要があると指摘する。「土砂投入によって沖縄の人の気持ち、(知事選などで)示したはずの民意が軽視されている」ことに根本的な問題があること。そこを訴えることによって、署名は広がったという分析だ。加えて、土砂投入により沖縄の青い海に砂が広がっていく写真、映像も衝撃があった。元防衛事務次官の守屋武昌氏が、辺野古新基地建設の経緯を詳細に記した『「普天間」交渉秘録』(新潮社)にこんな一節がある。時の小泉純一郎首相が漏らした一言だ。「環境という言葉に国民は弱い。環境派を相手に戦っては駄...more
カテゴリー:

もっと見る

「土砂投入」の画像

もっと見る

「土砂投入」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる