「土井善晴」とは?

関連ニュース

女優・片岡礼子、ジャッキー・チェンを機にのめり込み…その後、“映画界のミューズ”に! - 11月24日(火)20:13 

1993年、映画『二十才の微熱』(橋口亮輔監督)で女優デビューし、映画『愛の新世界』(高橋伴明監督)での体当たりの演技で話題を集めた片岡礼子さん。映画『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督)、映画『鬼火』(望月六郎監督)など話題作に多数出演し、2001年には映画『ハッシュ!』(橋口亮輔監督)に主演。唯一無二の存在感で“映画界のミューズ”として注目を集めるが、2002年、脳出血を発症。一時は生命の危険に晒されるも、約2年間の療養生活を経て、映画『帰郷』(萩生田宏治監督)で女優復帰をはたし、現在2本の映画『とんかつDJアゲ太郎』(二宮健監督)と『タイトル、拒絶』(山田佳奈監督)が公開中の片岡礼子さんにインタビュー。◆後藤久美子さんと山本未來さんに嫉妬?愛媛県で生まれ育った片岡さんは、小さい頃から物を作ることが好きで、おとなしい子どもだったという。「映画が見られていたら幸せだし、本、漫画、何か作ることが好きでした。水泳は好きだったんですけど、球技がちょっと弱い。バスケ、バレー、野球、サッカーが得意な人に憧れていましたね。兄弟は球技が得意な人だったので、妹ながらにカッコいいなあって思っていました」-昔から映画が好きだったのですね-「はい。親と一緒にテレビで映画を見るということはOKだったんです。家ではテレビを見る時間が1日1本までという約束がありまして、見放題じゃないぶん、きょうの1...more
カテゴリー:

土井善晴「仕事には命懸けのような瞬間があるもんです」日本料理の修業中に目にした光景 - 11月17日(火)20:05 

『おかずのクッキング』(テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK Eテレ)などでおなじみの料理家・土井善晴さん。大学卒業後、フランスで2年間修業し、フランス料理の変革期を体感して帰国。家庭料理研究の第一人者で「おふくろの味」を流行語にしたことでも知られる料理研究家である父の「土井勝料理学校」を手伝うことに。◆漬物の盛り付けがきっかけで日本料理の修業に「土井勝料理学校」では、フランスでの経験をいかし、フランス料理を教える講座などを担当していたという。「父の学校を手伝ってはいましたし、全体のテキストもありましたけど、肝心の父の家庭料理というのは、その間もあまり学んでないですね。それで、あるとき、自分は日本料理が何もわかっていないということに気づきました。父に『漬物を盛りなさい』って言われたんですけど、漬物を盛りつけるとなっても、何を手立てに考えればいいのかというものが何一つなかったんです。どの器を選ぶか、どう切るか、どのように器に入れるか…自分は日本料理は何もわからないことに気づきました。翌日には、日本料理屋で修業しようと思って行動しました。それで、大阪の『味吉兆』で修業することになるのです。『味吉兆』は、『吉兆』の創始者だった湯木(貞一)をして、味付け日本一と言われた中谷文雄が、『吉兆』の名前をもらった唯一のお店です。それで、私はご主人と若ご主人とともに、一緒に仕事ができたということ...more
カテゴリー:

【『おかずのクッキング』土井先生の「心を軽くす.. - 11月16日(月)06:05 

【『おかずのクッキング』土井先生の「心を軽くするバズ名言」】 この日も収録中にアイデアが浮かんでレシピを急きょ変更。“料理はこうでなければならない”というルールから自由になるのが…… #土井善晴 #料理研究家 #おかずのクッキング #テレビ朝日 #女性自身[@jisinjp]
カテゴリー:

土井善晴「料理は女性が作る、もうそんな時代じゃない」“一汁一菜”という提案に込めた想い - 11月20日(金)19:53 

『おかずのクッキング』(テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK Eテレ)など多くの料理番組に出演し、『土井善晴のレシピ100』、『一汁一菜でよいという提案』、『土井善晴の素材のレシピ』など著書も多い料理研究家・土井善晴さん。「毎日の食事作りが大変」と悩む人のために、ご飯を中心として、汁(味噌汁)と菜(おかず)それぞれ1品を合わせた「一汁一菜」を提案。日常の食事を「一汁一菜」と決めてしまえば、食事のストレスはなくなり、もっと気持ちも楽になるはずと話す。※「一汁一菜でよいという提案」著者:土井善晴発行所:グラフィック社編集協力:おいしいもの研究所暮らしにおいて大切なことは、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムを作ること。その柱となるのが、一汁一菜という食事のスタイル。◆一汁一菜は手抜きではないごはんを炊いて、具だくさんのお味噌汁を作るというのは、料理の上手い下手もないし、男女の違いもなく、一人でもできる。食との向き合い方に悩む人にとって、わかりやすい入口になるのではないかと考えたのが「一汁一菜」だったという。「食べることは大切だとわかっているのに、子育てに追われて時間が取れないとか、仕事で疲れて料理する気になれないとか、一人分を作るのは面倒とかで、ついつい料理がおろそかになってしまいがちな人もいらっしゃるでしょう。お料理する人が大変だと思ったら、やっぱりいけない...more
カテゴリー:

『おかずのクッキング』土井先生の「心を軽くするバズ名言」 - 11月16日(月)11:00 

40年以上の歴史を持つ長寿番組『おかずのクッキング』(テレビ朝日・毎週土曜朝4時55分~)といえば、気軽に作れる家庭料理の実演と、料理研究家・土井善晴先生(63)の軽妙な関西弁トークが名物の番組。コロナ禍で自宅で料理をする人が増えるなか、土井先生の名言やダジャレがSNSを中心に話題を呼んでいる。「ダジ...
カテゴリー:

土井善晴「何もできないじゃないかと」“あかんたれ”を直したくて海外へ留学 - 11月13日(金)19:22 

ロマンスグレーのダンディーなルックスと独特の軽妙で柔らかい関西イントネーションの語り口で人気の料理研究家・土井善晴さん。家庭料理研究の第一人者で「おふくろの味」を流行語にしたことでも知られる料理研究家・土井勝さんの次男として生まれ、スイス、フランスでフランス料理を学び、帰国後、「味吉兆」(大阪)で日本料理を修業。『おかずのクッキング』(テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK Eテレ)など料理番組に多数出演。『土井善晴のレシピ100』、『一汁一菜でよいという提案』、『土井善晴の素材のレシピ』など著書も多い土井善晴さんにインタビュー。◆幼い頃は外面のいい内弁慶の“ごんた”だった家庭料理の第一人者である料理研究家・土井勝さんと同じく料理家の信子さんの次男として生まれた土井善晴さん。小さい頃は家で学校の予習・復習などまったくせずに外で遊んでばかりだったという。「小さいときは“ごんた”でしたね。やんちゃとも言いますけど、ごんたのほうがふさわしい。やんちゃ言うたら、何か悪いことをするという感じやけど、ごんたは聞きわけがないとか、言うことを聞かない。ニュアンスとしてはそういうことなんかな。ごんたというのは一人の問題やけど、やんちゃというのはほかの人に攻撃的やから、それじゃないよね」-ご両親にはよく怒られたりしてました?-「よう怒られていたというよりも、人が『こうしなさい』言うたら素直にするのを...more
カテゴリー:

「土井善晴」の画像

もっと見る

「土井善晴」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる