「国際通貨基金」とは?

関連ニュース

世界成長、3.2%に下げ 中国は30年ぶり低水準―新型肺炎でIMF - 02月23日(日)00:24  newsplus

【リヤド時事】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は22日声明を発表し、新型コロナウイルス感染による肺炎拡大を受け、2020年の世界経済成長率見通しを1月時点から0.1ポイント程度下方修正し、約3.2%にすると明らかにした。発生源となった中国は0.4ポイント低い5.6%と、1990年(3.9%)以来、30年ぶりの低成長に落ち込む見通しだ。  新型肺炎が世界経済に及ぼすリスクは、同日にサウジアラビアの首都リヤドで開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の主要議題。専務理事...
»続きを読む
カテゴリー:

世界成長3.2%に下げ、肺炎影響 - 02月22日(土)23:52 

【リヤド時事】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は22日声明を発表し、新型コロナウイルス感染による肺炎拡大を受け、2020年の世界経済成長率見通しを1...
カテゴリー:

新型肺炎 肺炎対応へ金融緩和検討を IMF「余地ゼロでない」 - 02月22日(土)12:17 

 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は21日、サウジアラビアの首都リヤドでの会合で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大による悪影響を警戒し、金融緩和など景気下支え策の検討を各国に促した。緩和余地は「限定的ではあるが、ゼロではない」と指摘し、協調的な政策対応で悪化を回避すべきだとの認識を示した。
カテゴリー:

安倍首相の礼賛企画に血税300万。不景気でも相次ぐ税金ムダ使い - 02月21日(金)13:34 

令和元年10〜12月期の実質GDPは6.3%減と急激に失速しており、今後もGDPが落ち込むことは明らか。そんな中、2月の月例経済報告で政府は、実質GDPの先行きの懸念点から「消費税増税の影響」を削除した。こうした景気悪化の原因を、「新型肺炎の感染拡大」に責任転嫁したと、あの産経新聞が報じている。常日頃から政権寄りのスタンスによる報道が目に付く産経が、このように報じたことの意味は大きい。ほとんどの国民が景気悪化を肌で感じている一方で、安倍首相の地元・山口県では、血税300万円を投入した「山口県の総理大臣展」が開催されていたという。 【増税影響、新型肺炎に「責任転嫁」】 2月の月例経済報告では、基調判断で先行きの懸念材料から消費税増税の影響を削除し、代わりに新型肺炎の拡大を強調。 エコノミストは「消費税増税の影響から目線をそらしたいと勘繰られても仕方がない」と懸念します。#新型肺炎https://t.co/b9NbJw1uZp — 産経ニュース (@Sankei_news) February 20, 2020 衆院解散・総選挙見越したか? 東京オリンピック閉幕後のタイミングが有力視されている「衆院解散・総選挙」。景気悪化の原因として「増税判断」の是非が問われることが予想されるが、与党の「新型肺炎の感染拡大」に責任転嫁したいという思惑が見え隠れする。米紙から「大失態」と批判され、「安倍氏...more
カテゴリー:

【増税】新型肺炎に便乗? IMF「消費税15%引き上げ」提言の裏に #財務省 の思惑 - 02月20日(木)19:41  newsplus

「私は以前から、東京オリンピック・パラリンピック終了後に、日本国内の景気が落ち込み、マンションの価格も落ちていくと予想していました。しかし新型肺炎ショックによって、それを待たずしてマンション価格が暴落してしまう可能性も出てきました」 そう語るのは、経済ジャーナリスト・荻原博子さん。 「中国経済の停滞は日本経済にも大きなダメージを及ぼします。私が危惧しているのは、先ほど述べたようなマンション価格の下落です。5~6年前、日本のタワーマンションを購入する中国人が増えました。当時は中国経済がバブルの...
»続きを読む
カテゴリー:

中国成長率を下方修正 IMF、新型肺炎で - 02月23日(日)00:11 

 国際通貨基金(IMF)は22日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年の中国の実質成長率見通しを5・6%とし、1月時点から0・4ポイント下方修正した。世界経済の成長率見通しは約0・1ポイント下がるとの見方も示した。
カテゴリー:

G20財務相・中銀総裁会議開幕 新型肺炎の影響やデジタル課税など議論 IMF、各国に景気下支え策要請 - 02月22日(土)14:05 

 【リヤド=林修太郎】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が22日、サウジアラビアの首都リヤドで開幕する。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が悪化するリスクに対し、各国が協調して取り組む姿勢を確認する見通し。国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は21日、リヤドでの会合で景気下支えに向け各国に金融緩和など対策の検討を促した。
カテゴリー:

IMF 各国に景気下支え策検討促す「緩和余地、ゼロではない」 新型肺炎 - 02月22日(土)10:24 

 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は21日、サウジアラビアの首都リヤドでの会合で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大による悪影響を警戒し、金融緩和など景気下支え策の検討を各国に促した。緩和余地は「限定的ではあるが、ゼロではない」と指摘し、協調的な政策対応で悪化を回避すべきだとの
カテゴリー:

アルゼンチンの債務は「持続不可能」 IMF声明 民間債券保有者の損失を示唆 - 02月21日(金)13:01 

 アルゼンチン政府と1週間にわたり実務協議を続けていた国際通貨基金(IMF)は19日の声明で同国の債務水準が「持続不可能」との認識を示した。
カテゴリー:

コラム:今年正念場の日本経済、円安後に潜む「落とし穴」=内田稔氏 - 02月20日(木)16:28 

国際通貨基金(IMF)によれば、2019年の世界経済は2.9%成長(推定値)にとどまった。3%を割り込むことは少なく、2000年以降では金融危機後の2009年(マイナス0.1%)と、米国のITバブルが崩壊した2001年(2.5%)だけだ。言うまでもなく、昨年の低成長の主因は、米中貿易摩擦による世界的な貿易数量と生産の落ち込みだ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国際通貨基金」の画像

もっと見る

「国際通貨基金」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる