「国際捕鯨委員会」とは?

関連ニュース

食べるだけじゃない鯨食文化 世界との衝突が表すもの - 03月25日(月)09:38 

 国際捕鯨委員会(IWC)から日本が6月末に脱退することに伴い、日本の商業捕鯨が約30年ぶりに再開される。国内外でさまざまな議論が飛び交うが、そもそもクジラを食べる「鯨食(げいしょく)文化」とは何か。…
カテゴリー:

【和歌山】商業捕鯨に向け太地町で安全祈願 - 03月16日(土)13:28  newsplus

商業捕鯨に向け太地町で安全祈願 03月16日 12時49分 https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190316/0013542.html ことしの7月から31年ぶりに商業捕鯨を行う和歌山県太地町の漁業者らが、出港を前に、16日、漁の安全を願って神社に参拝しました。 参拝を行ったのは太地町漁協の捕鯨船、第七勝丸の乗組員や漁協の職員13人です。 乗組員らは3月末の出港を前に町内の神社に参拝し、宮司が漁の安全を願う祝詞をあげたあと、クジラへの感謝の気持ちを込めながら玉串を奉納し、漁の安全や大漁を祈願していました。 太地町漁協...
»続きを読む
カテゴリー:

【捕鯨】「食べる」から「見る」へ 日本のホエールウォッチング産業が急成長、米報告[03/20] - 03月20日(水)15:44  newsplus

■クジラに対する意識は「食べる」から「見る」へ、でも商業捕鯨も再開へ  クジラに対する日本人の興味はどうやら、食べることよりも、見ることへと移りつつあるようだ。ナショナル ジオグラフィックは、米国の国際動物福祉基金(IFAW)が調査し、来年発表を予定している世界のホエールウォッチングに関する報告書の内容をいち早く入手した。  日本のホエールウォッチング産業は1980年代から存在するが、近年になって勢いを増している。IFAWの統計によると、2015年までの7年間で、ホエールウォッチングに参加する人の数は4万人以上...
»続きを読む
カテゴリー:

「国際捕鯨委員会」の画像

もっと見る

「国際捕鯨委員会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる