「国立環境研究所」とは?

関連ニュース

知らなきゃ恥!? 時代のキーワード「サステナブル」の意味を専門家が解説 - 01月20日(月)15:31 

 近年、何かとよく耳にするようになった「サステナブル」という言葉。「教えて!goo」にも「サステナブルってどういう意味ですか?」という質問があるが、あまり意味がよく分かっていないという人も多いのではないだろうか。そこで、環境問題の専門家、国立環境研究所の田崎智宏さんにお話を伺った。
カテゴリー:

【研究】絶滅危惧種のオキナワトゲネズミ、猫が( '༥' )モッチャモッチャする 糞調べて判明 - 01月14日(火)10:19  newsplus

 沖縄本島に生息する絶滅危惧種のオキナワトゲネズミなどの希少種が、ネコに捕食されていることが、琉球大学や国立環境研究所などの研究チームによる調査でわかった。  ネコのふんを分析して判明した。同チームは、ネコが本来いない地域であるため、人間が捨てたネコが希少種の存在を脅かしているとみている。  オキナワトゲネズミは、本島北部の国頭(くにがみ)村の西銘岳(にしめだけ)周辺だけに生息し、2008年に30年ぶりに生きた個体が捕獲された。  本島北部には本来、ネコを含む肉食動物はいなかったが、人の捨て...
»続きを読む
カテゴリー:

「地球規模課題への国際協力の評価2020」1月30日(木)発表―言論NPOは日本のシンクタンクとして初めて、 気候変動、サイバー、通商など10分野の課題で日本の主張を世界に発信します - 01月09日(木)14:00 

非営利シンクタンク言論NPO(東京都中央区、代表:工藤泰志)は、1月30日(木)に言論NPO事務所にて公開フォーラムを開催し、「地球規模課題への国際協力の評価2020」を発表します。これは、世界的な課題10分野に対する2019年の国際協力の進展への評価や、2020年におけるそれぞれの課題の重要度、解決に向けた見通しなどを明らかにするものです。また、これに先立つ1月22日(水)、27日(月)、28日(火)にも、それぞれ気候変動、サイバー、経済・通商という重点3分野の公開座談会を実施し、これらの課題の解決に2020年はどのように取り組むべきなのか、議論します。▼報道関係者の方のお申し込みはこちらhttp://www.genron-npo.net/202001globalagenda-press.html▼一般参加者の方のお申込みはこちらhttp://www.genron-npo.net/202001globalagenda-general.html「地球規模課題への国際協力の評価」は、米国の外交問題評議会が提案し、世界25カ国を代表するシンクタンクが共同で、2015年より毎年行っているものです。日本ではこれを言論NPOが担当しており、地球規模課題の解決や、規範に基づく世界秩序やルールの形成で日本の提案力を高め、国際世論への影響力を向上させることを目的に、日本語と英語で公表しています。言...more
カテゴリー:

温暖化後の台風被害、環境省が試算開始へ - 01月15日(水)21:38 

 地球温暖化が進み、深刻化が懸念される台風での被害について、環境省が来年度、温暖化が進んだ場合を想定した台風被害のシミュレーションを始めることが分かりました。  環境省によりますと、シミュレーションは国立環境研究所などによってスーパーコンピューターを使って行われ、温暖化が進み、世界の平均気温が産業革命前に比べて「2度」と「4度」上がった場合に日本列島に上陸する台風の被害について、それぞれ推計するということです。  去年10月に大きな被害をもたらした台風19号や、おととし関西国際空港などに被害を与えた台風21号と同じコースを辿ったと想定し、それぞれの地域ごとに洪水や停電などの被害の程度も割り出します。  温暖化が進むと、海面の水温が上昇するなどして台風の勢力が強まることが懸念されていて、環境省は被害の想定を示すことで、自治体などに防災対策の強化を促したい考えです。(15日19:56)
カテゴリー:

絶滅危惧種のネズミ、ネコが食べる 沖縄、ふん調べ判明 - 01月13日(月)18:10 

 沖縄本島に生息する絶滅危惧種のオキナワトゲネズミなどの希少種が、ネコに捕食されていることが、琉球大学や国立環境研究所などの研究チームによる調査でわかった。ネコのふんを分析して判明した。同チームは、ネ…
カテゴリー:

歩幅が狭い人は認知症になるよ - 01月07日(火)22:48  news

「歩幅の狭い人は、広い人に比べて認知機能が3.39倍低下しやすいことが、2012年に私たちがまとめた研究で明らかになったのです」 こう言うのは、国立環境研究所の谷口優研究員。 東京都健康長寿医療センターの研究チームが、群馬県と新潟県在住の1000人以上の歩行を測定。 歩行動作のうち、歩幅を「広い」「普通」「狭い」と3つに分け、最長4年間、認知機能の低下を調べた。 認知機能の低下が最も多く見られたのが歩幅の狭い群で、最も少なかったのが広い群だった。 広い群のリスクを1とした場合、狭い群のリスク比は3.39倍で...
»続きを読む
カテゴリー:

「国立環境研究所」の画像

もっと見る

「国立環境研究所」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる