「国家権力」とは?

関連ニュース

産経「『憲法は国家から国民の権利を守るためにある』という古い思考に囚われた日本。これはもはや呪いだ」 - 10月14日(月)06:36  poverty

「国家イコール悪」司法試験を経てすり込まれる硬直的な国家観 現行憲法絶対視の呪縛  「芦部信喜(あしべ・のぶよし)さんという憲法学者、ご存じですか」 平成25年3月の参院予算委員会。民主党(当時)の小西洋之(45)は首相の安倍晋三(63)にこう尋ね、「知らない」という言質を取ると 「憲法学を勉強もされない方が憲法改正を唱えるというのは私には信じられない」とあきれてみせた。 一国の首相が特定の学者を知らないことでこき下ろされる。「こんな事態は前代未聞だ」と著書で嘆いたのが、東京外国語大教授で...
»続きを読む
カテゴリー:

【AV新作情報】深田えいみ×八乃つばさ×波多野結衣の3Pレズ! 冬愛ことね、レズ解禁!! ~ビビアン 10月7日発売作品~ - 10月08日(火)21:00 

 【深田えいみ、レズ巧者の責めにガチ絶頂!】世界中で流行している新型の劇薬が謎の裏組織によって国内に密輸されている。その深刻な事態に国家権力下にある秘密捜査組織が動き出す。孤高のエリート女捜査官えいみも、凶悪な裏組織に立ち向かう為、共同捜査に協力することになったのだが…。身も心も狂わせる劇薬…2人の最強女潜入捜査官が立ち向かう、裏組織殲滅任務に隠された衝撃の真実とは⁉
カテゴリー:

死人に口なしか。故人の元助役に責任なすりつけ逃げる関電の卑劣 - 10月04日(金)05:00 

関西電力の役員らが、高浜原発立地自治体の助役だった人物から多額の金品を受け取っていた事実が発覚し、批判が渦を巻いています。関電サイドは故人である元助役男性の「異常性」を強調し、「受け取りを無理強いされていたが返した」と逃げ切る姿勢を見せていますが、果たして真相はどこにあるのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、明らかになっている当問題の全容を整理するとともに、件の助役男性のような「モンスター」を生んだ存在についても考察しています。 亡くなった高浜町元助役ひとりに罪をなすりつける関西電力経営陣の卑劣 関西電力ともあろう企業の、会長、社長を含む20人の役員らが、町役場の助役だった人物から7年間にわたり合わせて3億2,000万円分の金品をもらっていたそうである。 現金、米ドル、金貨、金杯、小判、仕立券付きスーツ生地…。よくぞこれだけバリエーションを考えられるものだし、受け取る方も受け取る方だ。一人で1億円以上も懐に入れたツワモノもいるらしい。 関電のドンともいうべき八木誠会長や岩根茂樹社長が出席した10月2日の記者会見では、「預かって、個人で保管していただけで、すでに返した。不適切だが違法ではない」と全員が口裏を合わせるかまえを示し、なんと、高額な金品をもらっていた理由についても「恫喝が怖くて返せなかった」と豪華ギフトの贈り主のせいに...more
カテゴリー:

呆れた無罪判決。東電の旧経営陣に刑事責任を科すべき明白な証拠 - 09月27日(金)05:00 

福島第一原発事故の刑事責任を問われていた東京電力の旧経営陣3名に対する「無罪判決」に、非難の声が上がっています。彼らが無罪であるのなら、その責任は誰にあるというのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、彼ら3名に刑事責任を科すべき理由を記すとともに、今回の判決の下地になっているとも言える、「ある法曹界の固定観念」が司法への不信感を招いていると厳しく批判しています。 東電の旧経営陣に刑事責任を科すべきこれだけの理由 原発事故の刑事責任を問われた東京電力の元経営者3人が東京地裁で無罪になった。業務上過失致死傷罪は適用できないとする判断だ。 JR福知山線事故で、JR西日本の歴代社長3人が同じように無罪とされたときもそうだが、日本の司法は巨大企業が起こした歴史的な大規模事故について、あきれるほど経営者に寛大である。 そのくせ、零細業者が起こしたものは、たやすく経営者の罪を成立させてしまうのだから、たいそうな差別だ。 判決文にはこうある。「当時の社会通念の反映であるはずの法令上の規制等の在り方は、絶対的安全性の確保までを前提としてはいなかったとみざるを得ない」。 「絶対的安全性」は求められていなかったというのだ。およそこの世の中に「絶対」はありえないとはいえ、絶対的安全性を確保するという前提がなければ、核の暴走で国を滅ぼしうるような装置を動...more
カテゴリー:

詫びる気ゼロ。NHKと猿芝居した日本郵政を牛耳る権力者の実名 - 10月11日(金)04:45 

先日掲載の「『NHKまるで暴力団』かんぽ報道で日本郵政副社長が反論も大炎上」でもお伝えした通り、かんぽ保険の不正問題を報じたNHK「クローズアップ現代+」の番組内容を不服として、同局を痛烈に批判した鈴木康雄日本郵政副社長。最終的にNHK経営委員会から「厳重注意」とされた上田良一NHK会長が謝罪文を日本郵政に届ける事態に至ったわけですが、この判断は公共放送機関として正しいものだったのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんが、自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で検証・考察しています。 NHK経営委と猿芝居を演じた日本郵政権力者の正体 久しぶりで目にしたこの名前、鈴木康雄氏。総務省の事務次官だったのは10年も前のことだ。民営化で、ひと頃くさっていた旧郵政省組の代表格だったが、気がつけば日本郵政に天下りし、肩書き的にはナンバー2の上席副社長におさまっている。 10月3、4日の両日、国会内で開かれた野党合同ヒアリングに、鈴木氏の姿があった。かんぽ生命不正販売問題を真っ先に報じたNHKへの日本郵政の威圧的な干渉について、中心人物と目される鈴木氏に考えを聞くのがヒアリングの主目的だ。 声を荒げないという条件をつけたとはいえ、疑い深い野党議員から質問を浴びせられる場への出席は、“大物症候群”の罹患者ほど躊躇する。鈴木氏も事務次官時代だったら、余計なことを言わぬよう厳しく口止めしたうえ...more
カテゴリー:

未識魚 /中川譲@技術書典7 け19D on Twitter: "国家権力が表現を弾圧する、って短絡する人が多いんだが、国家の主権者は国民であり、国民は暴走することがある。その暴走からの防波堤を、表現の自由などを根拠として国家が制度として築くこともある。だからこの防波堤は、手続き主義的で形式主義的で官僚主義的で一律でなければならんのです。" - 10月07日(月)20:05 

未識魚 /中川譲@技術書典7 け19D on Twitter: "国家権力が表現を弾圧する、って短絡する人が多いんだが、国家の主権者は国民であり、国民は暴走することがある。その暴走からの防波堤を、表現の自由などを根拠として国家が制度として築くこともある。だからこの防波堤は、手続き主義的で形式主義的で官僚主義的で一律でなければならんのです。"国家権力が表現を弾圧する、って短絡する人が多いんだが、国家の主権者は国民であり、国民は暴走することがある。その暴走からの防波堤を、表現の自由などを根拠として国家が制度として築くこともある。だからこの防波堤は、手続き主義的で形式主義的で官僚主義的で一律でなければならんのです。
カテゴリー:

「私が愛するアートへの冒涜は許さない。目覚めよ、と言いたい」。Chim↑Pomエリイさんが補助金ストップの文化庁に言いたこと - 10月01日(火)11:23 

「表現の不自由展・その後」が中止になった「あいちトリエンナーレ2019」。文化庁は、運営に必要な補助金約7800万円について、全額不交付にすることを決めた。表現の不自由展をめぐっては、慰安婦像を表現した少女像や昭和天皇をモチーフにした作品などに抗議が殺到し物議をかもした。萩生田光一・文科相は「(展示の)中身についてはまったく文化庁は関与しておりません」と述べているもの、もはや「後出しじゃんけん」だ。あいちトリエンナーレに作品を出していたアーティスト集団「Chim↑Pom」 のエリイさんは、「文化の根幹を揺るがしますね。何を名乗って『文化庁』ですか」と怒りをあらわす。一方、SNSなどでは「アートをやりたいなら自費でやればいい」という意見もある。果たしてそうだろうか?現在、オーストリアのウィーンで展覧会に参加中のエリイさんにSkypeで話を聞いた。 文化に対する失礼な態度に怒り今回の文化庁の決定は「日本の文化全体の危機」だとエリイさん。「文化庁の決定は、文化に携わっている人たちはもちろん、日本で生活している全員の根幹の問題。私個人としては、参加アーティストの一人として、というよりも一人の人間として『文化』の名前を掲げている文化庁が、文化を牽引しないどころか屈してしまい、文化に対して失礼な態度をとったことに怒りを覚えた」8月1日に展示を開始した「表現の不自由展・その後...more
カテゴリー:

「国家権力」の画像

もっと見る

「国家権力」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる