「国家戦略」とは?

関連ニュース

朝日新聞の怪文書を読解してわかった「日米基軸」という幻覚の正体 - 11月25日(水)05:00 

「自由で開かれたインド太平洋」といえば一般的に中国包囲網として理解されていますが、先日、その「インド太平洋」を巡る理解不能とも言える政策提言を取り上げた記事が朝日新聞に掲載されました。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では、著者でジャーナリストの高野孟さんが同提言の全文を精読し、「戦略として話にならない」とバッサリ斬り捨てるとともに、東アジア和平のために日本がなすべきことを論じています。 高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ   「インド太平洋」は中国を含めた軍縮の枠組み?――何のこっちゃ?という田中明彦らの提言 10月23日付「朝日新聞」の第2社会面にいささか不思議な30行ほどの記事が載った。「『インド太平洋、軍縮提唱を』/有識者、政府に安保政策提言へ」と題したその記事の全文は次のとおり。 米中対立が深まる中、政策研究大学院大学を中心とする産学連携の有識者グループが、菅内閣への外交・安全保障政策の提言をまとめた。日本が米国と連携して進める「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)構想を深め、中国を加えた軍縮の枠組み作りを率先することなどが柱。政府に来週申し入れる予定だ。   外務、防衛など関係各省もオブザーバーとして関わったこの提言は、各大国の米国とソ連が対立した冷戦期のような軍縮の枠組みが、中国や北朝鮮などの軍拡で緊張を増す現在のインド太平洋地域にないと指...more
カテゴリー:

新型コロナウイルスのパンデミック後、初の「インフルエンザの季節」の到来が意味すること - 11月06日(金)07:00 

新型コロナウイルスのパンデミックが発生してから初めての冬がやって来る。季節性インフルエンザの流行シーズンとなるこの時期、ウイルスの拡散を抑える国家戦略がなければ「近代史上最も暗い冬」に直面することになるだろう。
カテゴリー:

【米国】トランプ氏が大統領令に署名…中国31社への投資禁止 中国軍の近代化阻止 - 11月13日(金)16:32  newsplus

【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は12日、中国人民解放軍の近代化を支援していると分析した中国企業31社への証券投資を禁じる大統領令に署名した。投資会社や個人による株式購入のほか、対象銘柄が組み込まれたファンドへの投資をできなくし、軍事力増強につながる企業資金の供給阻止を狙う。来年1月11日から実施する。  31社は米国防総省が、中国軍事技術の発展に役立っていたり、国から支援を受けているとみなした企業。監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)や、通信大手の中国移動通信(チャ...
»続きを読む
カテゴリー:

「国家戦略」の画像

もっと見る

「国家戦略」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる