「団塊世代」とは?

関連ニュース

【迫る】団塊世代が85歳になる2035年、要介護者の急増で介護も崩壊…日本の社会保障が崩れる未来 - 12月06日(金)23:38  newsplus

救急車はすぐに来ず、介護施設は閉鎖してサービスを受けられない。今は、いつでもどこでも受けられる日本の社会保障が崩れる未来。実はすぐそこに迫っているーー。 「団塊の世代すべてが75歳以上になる2025年ごろは、医療機関や介護施設で大きな混乱が予想されます。しかし、それは日本の社会保障制度が崩壊する序章でしかないのです」 そう語るのは、ベストセラー『未来の年表』(講談社現代新書)の著者で人口減少対策総合研究所理事長の河合雅司さんだ。厚生労働省は、’25年には内科医が1万4000人、看護師をはじめとする看護職員...
»続きを読む
カテゴリー:

介護保険と介護費用 10兆円超える - 11月29日(金)10:38  news

 厚生労働省が28日発表した「介護給付費等実態統計」によると、介護保険給付や自己負担を含む介護費用が2018年度に初めて 10兆円を超えた。介護サービスを利用した人も前年度比1・6%増の517万9200人で過去最高だった。高齢化の進行で 社会保障費が膨張している実態が浮き彫りになった。  団塊世代全員が25年には75歳以上の後期高齢者になるため、さらに膨れ上がる費用をどう抑制するかが大きな課題。 社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会が、制度の見直しを議論している。 https://www.tokyo-np.c...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】宝塚市「ロスジェネ採用」応募600倍 公務員として雇う意味 - 11月26日(火)07:13  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASMCP4TWWMCPULZU00K.html 「ロスジェネ採用」応募600倍 公務員として雇う意味 編集委員・澤路毅彦2019年11月26日07時00分 ■経世彩民 澤路毅彦の目  兵庫県宝塚市が30代半ばから40代半ばの就職氷河期世代を対象に正職員を採用することを決めた。3人の枠に倍率600倍を超える応募があり、先日、4人の採用が決まった。  発案したのは中川智子市長。ヒントの一つは、就職氷河期世代、いわゆる「ロストジェネレーション」の問題を取り上げた朝日新聞の連載だったという。  中川市長は1947...
»続きを読む
カテゴリー:

【自己負担】75歳以上の「2割負担」が焦点 医療費、年末に方向性も―社会保障会議 - 11月22日(金)17:13  newsplus

75歳以上の「2割負担」が焦点 医療費、年末に方向性も―社会保障会議 2019年11月22日15時40分 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112200835&g=eco&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit  政府の全世代型社会保障検討会議が年末にまとめる中間報告で、75歳以上の後期高齢者医療の自己負担アップが焦点に浮上した。現行の原則1割から2割への引き上げを主張する財務省や企業の健康保険組合に対し、日本医師会は一定以上の収入層にとどめるべきだとの立場。年末までに方向性を示せるかがポ...
»続きを読む
カテゴリー:

“団塊世代が75歳になると…保険財政悪化” 改革求め.. - 11月22日(金)16:47 

“団塊世代が75歳になると…保険財政悪化” 改革求める 健保連 #nhk_news
カテゴリー:

【団塊世代が85歳になる2035年、要介護者の急増で.. - 12月06日(金)11:05 

【団塊世代が85歳になる2035年、要介護者の急増で介護も崩壊】 確かに厳しい現実ですが、個人ができることはあります。たとえば、70歳まで働くなど規則正しい生活を続けて健康状態を少しでも維持することです。 #医療 #人員不足 #医師 #看護師 #女性自身[@jisinjp]
カテゴリー:

修繕費不足や怠慢な管理組合など......”終の棲家”となるタワーマンションのチェックポイントを、住宅診断のプロに聞いた - 11月26日(火)22:17 

画像素材:PIXTAリタイア後の"終の棲家"として、団塊世代などから注目を集めてきたタワーマンション。ただ、最近では修繕積立金の不足、高齢化に伴う空き部屋問題などが話題となったことで、将来を通じて住み続けられるのか不安視する声もあがっています。タワーマンションは"終の棲家"となりえるのでしょうか?今回は"管理力"を軸に厳選された中古マンションを紹介する「BORDER5」を運営し、さまざまなマンションの住宅診断を手掛けてきた「さくら事務所」にお邪魔して、代表取締役社長の大西倫加さん、マンション管理組合のコンサルティング業務を手掛ける土屋輝之さんに話を伺いました。長期修繕計画の見直しによる、積立金の値上げは必ず起きる大西さんによると、ここ5年ほどでマンションを購入する人のリテラシーが急速に高まっているそうです。修繕積立金の問題などが浮き彫りになってきたのは、これが一因となっており、マンションによって管理組合の意識の差は大きくなっているとのこと。このため、築年数の経っている中古マンションの方が、ババをつかまされる可能性は高いといいます。「修繕費の滞納率が高い、そもそも積立金が足りないという状況にも関わらず、住民が誰も関心を持っていないというマンションも少なくありません。今はマンションの資産価値が立地や間取りといったスペックにしか左右されませんが、同じスペックと価格帯のマンションでも、管理...more
カテゴリー:

【悲報】日本、完全終了 - 11月24日(日)00:51  news4vip

・消費税増税前五輪前異次元緩和中の9月でも景気悪化 ・異次元緩和 ・人手不足に景気失速で粉飾決算倒産続出 ・2025年には団塊世代が後期高齢者層突入 ・赤字国債発行ストップ ・国債評価額低下 ・マイナス金利の脱却 ・晩婚化非婚化少子化高齢化 ・2021年タワマン死亡 ・FTA等海外へ金のばらまき(とうもろこし外交) ・法人税世界最低レベル(実質10%程度のタックスヘイブン化) ・国債残高家計総額の6割超え ・実質賃金低下 ・内部留保過去最大 もう取り返しのつかないところまで来ている ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】“団塊世代が75歳になると…保険財政悪化” 改革求める 健保連 - 11月22日(金)16:53  newsplus

“団塊世代が75歳になると…保険財政悪化” 改革求める 健保連 2019年11月22日 16時46分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187291000.html 健保連=健康保険組合連合会の全国大会が開かれ、団塊の世代が75歳になり始める2022年から保険財政の悪化が見込まれるとして、後期高齢者の医療費の自己負担を引き上げることなど、抜本的な改革を求める決議を採択しました。 大企業の「健康保険組合」でつくる健保連=健康保険組合連合会は、東京都内で大会を開き、およそ4000人が出席して決議を採択しました。 それにより...
»続きを読む
カテゴリー:

“団塊世代が75歳になると…保険財政悪化” 改革求める 健保連 - 11月22日(金)16:46 

健保連=健康保険組合連合会の全国大会が開かれ、団塊の世代が75歳になり始める2022年から保険財政の悪化が見込まれるとして、後期高齢者の医療費の自己負担を引き上げることなど、抜本的な改革を求める決議を採択しました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「団塊世代」の画像

もっと見る

「団塊世代」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる