「回送用車両」とは?

関連ニュース

JR東日本、新幹線自動運転を報道関係者向けに公開 - 11月22日(月)15:36 

JR東日本は17日、報道関係者向けに新幹線の自動運転の試験走行の様子を公開した。試験は同日未明に新潟市で新幹線E7系の回送用車両を用いて行われた。加速や減速、停車を自動で行う「自動列車運転装置(ATO)」機能を搭載した12両編成の車両に報道陣が乗車。運転台にいる運転士は操作せず、自動運転により発車、時速100キロ程度まで加速、減速、停車を行ったとしている。読売新聞の記事によれば、新潟駅と車両センター間を2往復したが、20~30センチずれただけで、正確に停車したとしている。JR東日本は将来の運転士不足の解消などへの対応のため、実用化を目指すとしている(日経新聞、読売新聞)。 すべて読む | 交通 | 関連ストーリー: 横浜シーサイドラインが無人運転を再開 2019年09月08日 南海電鉄、高野山ケーブルカーを更新へ 2018年06月08日 ホノルルに出来る鉄道の車両お披露目 2016年05月07日 JR東日本、常磐線緩行線で無線による列車制御システムの導入を検討 2012年07月21日 世界最長の全自動無人運転システム「ドバイメトロ」完成 2011年09月20日
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる