「四ツ谷」とは?

関連ニュース

フレンチのカリスマ・三國清三シェフ、“洗い場”で掴んだチャンス!襟首をつかまれ、放り込まれた場所で… - 05月26日(火)19:17 

20歳でスイスのジュネーブにある日本大使館の料理長になった三國シェフ。才能に甘んじることなく、人の何倍も何十倍も自己犠牲を払い、成長の速度を早めていく。休みのたびに二ツ星の有名なお店「リヨンドール」や有名な五ツ星ホテル「リッチモンド」で自発的に研修を重ね、レパートリーもどんどん増えていったという。そして、2年間の予定だった大使館勤務は3年8か月に。◆20世紀における最高のフランス料理人の一人に師事することに大使館で通訳など身の回りの世話をしてくれる侍従から、のちにスイス初の三ツ星シェフとなるフレディ・ジラルデさんのことを聞いた三國さんは、彼に会うため、クリシエにあるレストラン「オテル・ドゥ・ビィル・ジラルデ」に向かったという。「ジュネーブからローザンヌまで1時間ぐらいかかるんですけど、そこからタクシーで20分ほど山に行くとクリシエという町があるんです。『オテル・ドゥ・ビィル』というのは市役所という意味。ジラルデさんは市役所を買い取ってレストランをやっていたんです。フランス語も全然わからなかったけど、ジラルデさんに会わなきゃと思って、大使館の仕事が休みの日曜日に行ったんです。僕みたいなアジアの人がスイスの田舎に現れるというのはまれなことで、いないわけですよ。『とにかくジラルデさんに会いたい』って言ったら、ジラルデさんが出てきてくれたんですけど、『何だ?』って。言葉もできないしね。帰さ...more
カテゴリー:

6月1日(月)~6月30日(火)まで、期間限定で『コーヒーゼリー クレープ』を販売いたします - 05月22日(金)17:00 

もちもち食感のミニクレープ「ラップドクレープ コロット」(http://www.korot.jp)を運営している株式会社コロット(本社:東京都足立区 代表取締役社長:吉岡 大策)は、6月1日(月)~6月30日(火)まで、期間限定で『コーヒーゼリー クレープ』を販売いたします。コロット特製のホイップクリームに冷たくほろ苦いコーヒーゼリーをトッピングしたクレープです。コロット全店舗にて期間限定で販売いたします。「ラップドクレープ コロット」は、甘さひかえめでもちもち食感のミニクレープを都内約20店舗で販売しています。保存料をくわえておらず、お子さまからご年配の方まで、みなさまにおいしくお召し上がりいただけます。【会社概要】会社名:株式会社コロット代表者:代表取締役社長 吉岡 大策所在地:東京都足立区西新井3-4-5TEL:03-5856-9658FAX:03-5856-9655URL:http://www.korot.jpE-Mail:info@korot.jp事業内容:洋菓子製造販売・焼鳥今井(ラップドクレープ コロット常設店舗)渋谷メトロ店・新宿京王モールアネックス店・西武新宿ペペ店・新宿三丁目メトロ店池袋メトロ店・池袋ショッピングパーク店・高田馬場メトロ店・有楽町メトロ店霞ケ関メトロ店・飯田橋メトロ店・四ツ谷メトロ店・市ケ谷メトロ店エトモ自由が丘店・小田急下北沢店・フレンテ明大前...more
カテゴリー:

明らかに以前とは違う... 新型コロナで「暗黙のルール」が生まれた電車の様子がこちら ★2 - 05月15日(金)19:59  newsplus

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府の専門家会議は2020年5月4日、「新しい生活様式」を提言した。 感染の拡大を食い止めるには市民の「徹底した行動変容」が必要だと強く訴えるもので、買い物や公共機関の利用、娯楽・スポーツ、食事など様々な場面でどう行動するのが望ましいかも記されている。 例えば、公共交通機関を利用する際には「会話は控えめに」「混んでいる時間帯は避けて」といった提言がされているが、人々の間ではその他にも「暗黙のルール」が生まれつつあるようだ。 こちらはツイッターユーザーの@ku...
»続きを読む
カテゴリー:

フレンチのカリスマ・三國清三シェフが味わった“人生初の挫折”「どんなに頑張っても…」 - 05月22日(金)19:34 

30歳のときに東京・四ツ谷駅近くに「オテル・ドゥ・ミクニ」を開業し、日本を代表するフランス料理人として世界を股にかけて活躍している三國清三シェフ。札幌グランドホテルで料理人として修業をはじめ、18歳のときに札幌から手紙1通を手に、“料理の神様”と称される帝国ホテルの村上信夫料理長に会うために上京することに。◆帝国ホテルで人生はじめての挫折を味わう三國さんが上京したのは1971年。オイルショックの影響を受け、帝国ホテルも希望退職者を募っている状況だったという。「村上料理長のところに行って、紹介状を渡したんだけど、『話は聞いている。でも、今オイルショックで希望退職者を募っているんだ。だから、いつ社員になれるのかわからないけど、厨房(ちゅうぼう)で洗い場をやって順番待ちをしろ』って言われて。僕は24番目だったんです。今の帝国ホテルの『レ セゾン』。そこは当時『グリル』って言っていたんですよ。そこで次の日から洗い場を18歳から20歳までやっていたんです。洗い場だけ。あっという間に2年が過ぎて、20歳の誕生日、8月10日に人生初の挫折(ざせつ)を味わったわけですよ。『どんなに頑張ってもダメなものはダメだ』って。札幌を出るとき、みんなから『お前、行くなよ。お前みたいな田舎者が帝国ホテルに行ったって、東京の人は鬼しかいないし、米を食わせてくれないんだよ。売られるんだぞ、お前』って、本当に言われた...more
カテゴリー:

“フレンチのカリスマ”三國清三、医療従事者に“お弁当”でエール。きっかけは「家でTVを見ていたら…」 - 05月19日(火)19:15 

15歳のときに米店で、住み込みで働きながら夜間の調理師学校に通い、札幌グランドホテルで料理人として修業を始めた三國清三(きよみ)シェフ。その後、帝国ホテルを経て、駐スイス日本大使館料理長に就任。世界最高峰の三ツ星レストランで腕を磨き、1985年、30歳の若さで東京・四ツ谷駅近くに「オテル・ドゥ・ミクニ」を開業。日本のフレンチに革新をもたらし、多くのフレンチレストランをプロデュース。現在は新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を受け、5月末まで「オテル・ドゥ・ミクニ」を休業。現在は医療従事者をはじめ、コロナウイルス感染リスクがありながらも働き続けている人々をお弁当で支援する活動を行っている三國シェフにインタビュー。◆自粛期間中、テレビを見たことがきっかけでお弁当支援新型コロナウイルス感染症対策「緊急事態宣言」が発令され、5月末まで「オテル・ドゥ・ミクニ」の休業を決めた三國さん。「STAY HOME」で家にいたところ、かつて「オテル・ドゥ・ミクニ」に勤めていたシェフの姿をテレビで見たことがきっかけで、お弁当支援活動を始めたという。「家でテレビを見ていたら、うちの店にいた石井(真介)君が出ていたんですよ。新型コロナウイルス感染症と最前線で闘う医療機関で働く人たちにシェフたちが料理を届けるプロジェクト(Smile Food Project)を立ち上げて活動しているって。それで、自分もできるこ...more
カテゴリー:

明らかに以前とは違う... 新型コロナで「暗黙のルール」が生まれた電車の様子がこちら - 05月14日(木)22:59  newsplus

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府の専門家会議は2020年5月4日、「新しい生活様式」を提言した。 感染の拡大を食い止めるには市民の「徹底した行動変容」が必要だと強く訴えるもので、買い物や公共機関の利用、娯楽・スポーツ、食事など様々な場面でどう行動するのが望ましいかも記されている。 例えば、公共交通機関を利用する際には「会話は控えめに」「混んでいる時間帯は避けて」といった提言がされているが、人々の間ではその他にも「暗黙のルール」が生まれつつあるようだ。 こちらはツイッターユーザーの@kunuk...
»続きを読む
カテゴリー:

「四ツ谷」の画像

もっと見る

「四ツ谷」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる