「営業組織」とは?

関連ニュース

東海運/組織改編 - 09月12日(木)11:30 

東海運は9月12日、10月1日付の組織改編を発表した。 それによると、Azuma Challenge Next100 の達成に向けて、より効果的かつ機動的な営業体制の確立を図るため、営業組織の見直しを実施するもの。 営業 […]
カテゴリー:

【ニュース】 【速報】帝人ファーマ 10月に医薬.. - 09月02日(月)12:09 

【ニュース】 【速報】帝人ファーマ 10月に医薬品と在宅医療の営業組織を統合 未病・...: 帝人ファーマは9月2日、自社MRを含む医薬品営業部門を同社100%出資会社である帝人在宅医療の営業部門と10月1日付で統合すると発表した。
カテゴリー:

【ランキング】【速報】帝人ファーマ 10月に医薬.. - 09月09日(月)00:02 

【ランキング】【速報】帝人ファーマ 10月に医薬品と在宅医療の営業組織を統合 未病・疾病・介護全体のソリューション提供実現へ: 帝人ファーマは9月2日、自社MRを含む医薬品営業部門を同社100%出資会社である帝人在宅医療の営業部門と10月1日付で統合すると発表した。
カテゴリー:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、製薬企業のマーケティングパワーについて調査結果を発表 - 08月27日(火)17:00 

当資料では、製薬企業25社(国内企業15社、外資系企業10社)を対象に、2015年以降の国内の営業組織と変遷、MRの配置状況と生産性及び具体的な営業システムを調査したもの。国内では、エリア毎に重要顧客の分析や医療関係者のニーズに合わせた情報提供の重要性が高まっている。その中で各社は、ICT等の新技術導入による営業データ解析の効率化やデジタルチャネルの強化に伴い、個々の状況に合わせた最適な情報提供の実現を目指している。概要◆近年の製薬企業を取り巻く環境は、厚生労働省による薬価制度の改革、地域包括ケアシステムの進展、ICT技術の導入などによって大きく変化している。当資料では製薬企業25社(国内企業15社、外資系企業10社)を対象として、2015年以降の各製薬企業の国内における営業組織と変遷、MRの配置状況と生産性および具体的な営業システムを調査。市場の変化に合わせた各企業の対応と今後のマーケティング戦略の行く末を探っている。◆2018年度の調査対象企業25社における1社当たりの平均MR数は、前年度から66名減少し、およそ1,403名となった。2018年度にMRの減員を行った企業は国内企業12社、外資系企業8社の計20社。これに対して、MRの増員を行った企業はアストラゼネカ1社のみであった。また、同年度は薬価改定や主力製品の特許切れにより売上が伸び悩む企業が多く、全体の総売上高は前年度比...more
カテゴリー:

「営業組織」の画像

もっと見る

「営業組織」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる