「営業利益率」とは?

関連ニュース

SMC、リクルートHD、ブリヂスなど - 最新株式ニュース - 08月13日(火)16:28 

<6273> SMC 39060 +1540大幅続伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は391億円で前年同期比25.8%減益となった。ほぼ、会社計画線、市場コンセンサス並みの着地となっており、買い安心感が先行している。営業利益率は28.9%と高水準を確保、同様に高収益企業と位置付けられるキーエンス<6861>が市場予想を下回る決算となったこともあり、セクター内での相対的な業績の底堅さが意識
カテゴリー:

キヤノンがヤバい 純利益37%減 - 08月12日(月)11:31  poverty

キヤノンが業績低迷から抜け出せない。2019年12月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比37%減の1600億円になる見通しだと発表した。 従来予想の2000億円から400億円の減額修正となる。連結売上高は前期比5%減の3兆7450億円の見通し。従来予想より1050億円引き下げた。 営業利益は37%減の2150億円の見込み。590億円下回り09年12月期(2170億円)以来、10年ぶりの低水準にとどまる。  主力のデジタルカメラやレーザープリンターなどの需要が、会社側の想定を上回るペースで減り、4月に続き今期2度目となる下方修正となった。デ...
»続きを読む
カテゴリー:

卸連・会員社18年度業績 営業利益率1%台に回復.. - 08月09日(金)11:56 

卸連・会員社18年度業績 営業利益率1%台に回復 価格交渉、人件費減で利益確保
カテゴリー:

「書店経営指標」2019年版発行のご案内 - 08月07日(水)11:00 

 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、8月6日、「書店経営指標」2019年版を発行しました。 本書は1963年から毎年発行しているもので、本年度は全国74企業615店舗のアンケート調査をもとに、書店の経営効率や書籍・雑誌をはじめとする取扱商品の販売動向などを分析しています。さらに「働き方改革関連法」施行に伴い、2019年4月~6月に実施した書店での取り組み状況や意識についての調査結果を新たに追加し、書店員の働き方についてもフォーカスしております。 内容の詳細は下記の通りです。【2019年版のトピックス】1. 企業編企業ベースの主な業績の前年比は、売上高が96.3%、売上総利益が95.7%でした。Book売上構成比が80%以上の専業企業の場合、売上総利益の前年比は91.6%ですが、80%未満50%以上の企業は96.0%、50%未満25%以上の企業は98.7%と、複合化が進むにつれて前年比数値が増加しています。2. 店舗編店舗ベースの売上高前年比は97.2%でした。収益性では、売上総利益率が29.1%、営業利益率は2.5%でした。「書店経営指標」2019年版 No.57◆日販 営業推進室 出版流通学院編◆体裁 B5判 58ページ◆頒価 本体1,500円+税◆主な内容(1)企業編―書店チェーンを有する74企業の財務諸表などに基づいた       貸借対照表・損...more
カテゴリー:

カルビーに激震、ポテトチップスの売上だけが激減、いったいなにが… - 08月04日(日)19:48  news

カルビー、1Qの売上は微増も営業益は2桁成長 海外事業は英国やインドネシア、中華圏で増収増益に 菊地耕一氏:菊地でございます。2020年3月期第1四半期業績についてご説明いたします。スライドの1をご覧ください。 2020年3月期第1四半期の売上高は、対前年1.1パーセント増の619億1,200万円。 営業利益は、11.7パーセント増の64億4,800万円。 営業利益率は、1ポイント改善して10.4パーセントとなりました。 国内では、ポテトチップスが価格改定実施により減収となっていますが、それ以外のスナックは堅調に推移いたしま...
»続きを読む
カテゴリー:

SMC---続伸、決算は想定線も相対的な底堅さを評価 - 最新株式ニュース - 08月13日(火)09:47 

<6273>  SMC  38410  +890続伸。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は391億円で前年同期比25.8%減益となった。ほぼ、会社計画線、市場コンセンサス並みの着地となっており、買い安心感が先行している。営業利益率は28.9%と高水準を確保、同様に高収益企業と位置付けられるキーエンス<6861>が市場予想を下回る決算となったこともあり、セクター内での相対的な業績の底堅さが意識
カテゴリー:

【企業】キヤノン、苦境深まる…83歳・御手洗会長“24年間トップ君臨”の異常経営が元凶 - 08月11日(日)20:11  bizplus

キヤノンが業績低迷から抜け出せない。2019年12月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比37%減の1600億円になる見通しだと発表した。従来予想の2000億円から400億円の減額修正となる。連結売上高は前期比5%減の3兆7450億円の見通し。従来予想より1050億円引き下げた。営業利益は37%減の2150億円の見込み。590億円下回り09年12月期(2170億円)以来、10年ぶりの低水準にとどまる。  主力のデジタルカメラやレーザープリンターなどの需要が、会社側の想定を上回るペースで減り、4月に続き今期2度目となる下方修正となった。デジカメ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ニュース】 卸連・会員社18年度業績 営業利益.. - 08月09日(金)03:54 

【ニュース】 卸連・会員社18年度業績 営業利益率1%台に回復 価格交渉、人件費減で...: 日本医薬品卸売業連合会(卸連)は8月8日、会員企業の2018年度業績概況速報値(回答53社)を発表した。
カテゴリー:

シュルンベルジェ、2019年第2四半期の業績を発表 - 08月05日(月)23:41 

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- シュルンベルジェ・リミテッド(NYSE:SLB)は本日、2019年第2四半期の業績を発表しました。 (単位:100万、ただし1株当たりの金額を除く) 四半期 変化率 2019年6月30日締め 2019年3月31日締め 2018年6月30日締め 前四半期比 前年同期比 売上高 $8,269 $7,879 $8,303 5%   0% 税引き前セグメント営業利益 $968 $908 $1,094 7%   -12% 税引き前セグメント営業利益率 11.7% 11.5% 13.2% 17 bps   -148 bps 純利益 - GAAPベース $492 $421 $430 17%   14% 純利益(特別費用・利益を除く)* $492 $421 $594 17%   -17% 希薄化後1株当たり利益 - GAAPベース $0.35 $0.30 $0.31 17%   13% 希薄化後1株当たり利益(特別費用・利益を除く)* $0.35 $0.30 $0.43 17%   -19%       北米の売上高 $2,801
カテゴリー:

シャープ、中国欧州市場でテレビ需要が減速--前年下回るも11四半期連続で最終黒字 - 08月02日(金)11:26 

シャープは、2020年3月期の連結業績を発表した。売上高は前年同期比3.5%減の5149億円、営業利益は同41.1%減の146億円と、前年を下回った。中国の販売需要減速など厳しい環境が続いているが、営業利益率、最終利益率は第4四半期を上回っており、11四半期連続で最終黒字となったことを強調した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「営業利益率」の画像

もっと見る

「営業利益率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる