「商用サービス」とは?

関連ニュース

5G evolutionの全貌(前編) Release 16の主要トピック - 05月27日(水)06:00 

 日本で間もなく始まる商用サービスも含め、我々が現時点で使える5Gは完成形には程遠いものだ。“完全版”の5Gは、2021年半ば ...
カテゴリー:

ムクドリが大量死 スマホ5Gの電磁波は10倍 人間が電子レンジに入れられた状態になる 女性自身 - 05月18日(月)05:58  poverty

「5G」という言葉を聞いたことがあるだろうか。 5Gの魅力は4Gの100倍という通信速度。 たとえば2時間程度の映画をスマホにダウンロードする場合、 現在、5分程度かかるものが、わずか3秒。 また大量のデータを瞬時に必要とする 車の自動運転の精度を高めることも期待されている。 日本でも来年春から本格的な商用サービスが始まる予定だ。 メリットばかりが宣伝されている5Gですが、 じつは大きな問題があります。 小型基地アンテナを20~100メートル置きに 設置しないと実用化できません。 生活空間のいたるところに ア...
»続きを読む
カテゴリー:

総務省、収益性の低い地域での基地局整備を怠るMNOに対しては接続を拒否できるとの項目を含むガイドラインを公表 - 05月18日(月)16:47 

総務省が、『「MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン」改定案に対する意見募集の結果の公表及びガイドラインの改定』との発表を行なっている。ここでは、今年3月に行われた『「MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン」改定案に対する意見募集』に寄せられた意見をまとめ、それに合わせたガイドライン自体の変更結果が公表されている(ケータイWatch)。 変更・追加された部分としては、MNO(移動体通信事業者)によって運営されているMVNO(仮想移動体通信事業者)型通信サービスに関するものがまず挙げられる。例えば、「MNOとMVNOを兼営する者が他のMNOに接続を申込む場合であって、当該MNOとMVNOを兼営する者が、収益性の低い地域において基地局整備を怠る結果、競争条件の公平性が著しく阻害され、接続の申込みを受けた他のMNOの利益を不当に害するおそれがあると認められる合理的な理由がある場合」について、「接続が当該電気通信事業者の利益を不当に害するおそれがある」とし、接続を拒否できるとの記述が追加された。 具体的な事業者についてはガイドライン内では触れられていないが、たとえばMNOとして携帯通信サービスを開始する楽天が、収益性の低い地域で基地局整備を怠った場合、それを理由として他社は楽天への回線提供を拒否できるということになる。 また、接続...more
カテゴリー:

「商用サービス」の画像

もっと見る

「商用サービス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる