「商品発表会」とは?

関連ニュース

かっぱ寿司、食べ放題を全店舗で開始 - シビ辛 炎魔ソースは誓約書が必須! - 06月18日(火)07:09 

かっぱ寿司は17日、都内にて「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」を行った。同日より、現在ランチ限定で行っている食べ放題「食べホー」をディナータイムにも拡大し、全店舗で実施する。また夏の新商品として、大とろ、大とろたたき、イクラまたはウニを重ねた豪華なネタを手づかみで食べる「三段つかみ寿司」、3段階の辛さから選べる「かけて楽しむシビ辛ソース」を提供することを発表した。さらに、人気商品のえびそば一幻監修「えびラーメン」も復刻する。
カテゴリー:

宇垣美里アナ、新境地に意欲「オリジナルのポジションを」 - 06月17日(月)18:34 

フリーアナウンサーの宇垣美里が17日、都内で行われた『かっぱ寿司の夏 新商品発表会』に出席した。今年3月末にTBSを退職しフリーに転身した宇垣は、「マネージャーさんがいる生活が新鮮で、今までは自分でスケジュールを管理していたんですけど、それを管理していただいたり、相談する相手がいるって新鮮だなと感じています」と充実感をにじませた。
カテゴリー:

元TBSアナの宇垣美里、男性のタイプは「甘いのが好き」 - 06月17日(月)16:49 

 元TBSのフリーアナウンサー、宇垣美里(28)が17日、東京・赤坂ベクトルスタジオで行われた回転寿司チェーン「かっぱ寿司」の新商品発表会見に出席した。
カテゴリー:

三越伊勢丹と国立博物館、中元ギフトでコラボ商品 アサヒビールは“限定”販売 - 06月14日(金)13:49 

 三越伊勢丹は13日、東京国立博物館(東京都台東区)とのお中元ギフトのコラボレーション商品発表会を同館で実施した。
カテゴリー:

【小売】イオン、ウナギ代替にサケのかば焼き 「丑の日」控え - 06月03日(月)17:35  bizplus

イオンは夏に需要が高まるウナギの代替品としてサケのかば焼きを提案する。サバやナマズといった既存品と合わせて代替品の売り上げを伸ばす。ウナギは世界的に絶滅が危惧されており、資源の確保が課題になっている。環境対策を進めつつ「土用の丑の日」など需要の高まりに対応する。 全国のイオンやマックスバリュなどイオングループの約3000店舗で取り扱う。8日から「鮭(サケ)腹身の蒲焼」(100グラム、429円)を販売する。養殖や加工、流通が適切に管理されていることを示す国際認証「ASC認証」を取得したサケを、ウナギと同じ工程...
»続きを読む
カテゴリー:

ギネス級!?の辛さに令和ブレイク芸人EXITりんたろー。さん悶絶!宇垣美里さんがつかみ取りたいのは“オリジナルのポジション”「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」事後レポート - 06月17日(月)22:00 

[カッパ・クリエイト株式会社]  かっぱ寿司は、2017年6月に開始以来、ご好評をいただいている「かっぱ寿司の食べホー」をリニューアル致します。この度お客様からの熱いご要望にお応えし、ついに全店舗「ランチ&ディナータイム」で実施する事...
カテゴリー:

【芸能】吉本興業 一部芸人を六本木、西麻布“出禁” - 06月17日(月)17:20  mnewsplus

詐欺グループと“闇営業”を行った「カラテカ」の入江慎也(42)との契約を解消した問題などに関連して、吉本興業が所属タレントに対して一部繁華街への出歩きを自粛するよう通達したことが分かった。所属お笑いコンビ「EXIT」が17日、都内で行われた「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」で明らかにした。  “パリピ”風のチャラ男キャラでブレーク中。発表会後の囲み取材で私生活ぶりなどを問われた際に、りんたろー。(33)が「いろんな事件があったので、ちょうど昨日、吉本(興業)から『六本木や西麻布には近づくな』と言われました」と...
»続きを読む
カテゴリー:

ラベンダー酵母使い新商品開発 美郷町、酒かす入り菓子など - 06月15日(土)13:32 

 秋田県美郷町オリジナルの白色ラベンダー「美郷雪華(せっか)」から採取した酵母を使った加工品「美郷雪華コレクション」の商品発表会が12日、同町六郷の名水市場湧太郎で行われた。酵母を使った日本酒製造の過…
カテゴリー:

ストレスたまってイライラしたら…この香りかいで 携帯用アロマ「香りのお守り」 - 06月13日(木)10:54 

 アロマ製品販売の天然香房(沖縄市)は携帯用アロマ「香りのお守り」を開発し、5月3日から販売を開始した。天然精油を粉状にする新技術を活用し、携帯用アロマとしてさまざまなシーンで使用できる。県産シークヮーサーの精油を配合している。12日、那覇市小禄の産業支援センターで商品発表会を開いた。  香りのお守...
カテゴリー:

「分離プラン」移行後もキャリアのご機嫌を伺う総務省の情けない姿 - 06月03日(月)03:55 

先月末、キャリア4社やMVNOが参加し開催された総務省の有識者会議。取材にあたったケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温さんによると、その中身は消費者不在の議論が延々と続くという、なんともお粗末なものだったようで……。気になるその内容と問題点を、自身のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』にて紹介しています。 突然、降って湧いた総務省での「端末割引3万円」議論 ━━「最初から議論していれば、おかえしプログラムは不要説」 5月30日、総務省によるモバイル市場の競争環境に関する研究会(第13回)とICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの検証に関するWG(第11回)の合同会合が行われた。 今回は、キャリア4社やMVNOが参加し、各社からプレゼンが行われた。そこでは「端末割引はいくらまでが望ましいか」として、NTTドコモからは「上限3万円」、ソフトバンクからは「上限X万円」や「上限Y%」といった案が提示された。 ここで気になったのが、「なぜ、いまさらになって、端末割引の話をするのだ」という点だ。確かに今回の端末割引は「通信契約の継続を条件としないもの」となっているが、そんな話、もっと前からしておくべきではなかったか。 この話題が議題として上がり、きちんと整理されていたら、NTTドコモはわざわざ「スマホおかえしプログラム」など入れる必要はなかったのではないか。最初から3万円...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「商品発表会」の画像

もっと見る

「商品発表会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる