「商品供給契約」とは?

関連ニュース

第1章概説では、裁判実務における営業損害の考え方や損害額の算定方法を、第2章事例では、営業損害が争点となった裁判例を解説した『企業の営業損害の算定-裁判例と会計実務を踏まえて-』を7月1日(水)発行 - 07月15日(水)18:00 

新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:星謙一郎 https://www.sn-hoki.co.jp/)は、「第1章 概説」では、裁判実務における営業損害の考え方や損害額の算定方法を、「第2章 事例」では、営業損害が争点となった裁判例について解説した『企業の営業損害の算定-裁判例と会計実務を踏まえて-』4,950円(税込)を7月1日(水)発行しました。損害額の合理的な算定・主張の指針となる1冊!◆「第1章 概説」では、裁判実務における営業損害の考え方や損害額の算定方法を、会計の知識を交えてわかりやすく解説しています。◆「第2章 事例」では、営業損害が争点となった裁判例について、損害の具体的な内容を示した上で、当事者の主張と裁判所の判断を対比してポイントを解説しています。【掲載内容】第1章 概説○はじめに第1 裁判実務における営業損害1 営業損害と差額説2 裁判における営業損害の主張第2 営業損害の分析に役立つ会計知識1 会計で用いられる基本用語2 決算書3 会計処理の流れ4 実際の会計処理システム5 実際の決算書(損益計算書を中心に)6 売上原価7 製造原価報告書8 販売費及び一般管理費の明細9 月次試算表10 減価償却費第3 営業損害算定における会計的基礎1 売上高と売上原価の関係2 売上高と販売費及び一般管理費の関係3 売上高とその他...more
カテゴリー:

「商品供給契約」の画像

もっと見る

「商品供給契約」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる