「和菓子店」とは?

関連ニュース

【春・桜の季節】桜もち、東西論争『関東の桜もちといわれるクレープ状の物体は桜もちに非ず』 - 03月22日(金)03:01  news

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000150408.html 関東・関西で違う桜もち でも単純に東西二分に非ず 桜の季節になると食べたくなる桜もち、大きく分けて2種類あるのをご存知だろうか。 小麦粉で作ったクレープ状の生地であんを包んだのが「関東風」。もち米を使用しているのは、 「関西風」とされている。ただ、各地を取材してみると意外な事実が分かった。皆さんはどっち派?  やってきた春の便りと同時に食べたくなるのは桜もち。関東で桜もちといえば 「長命寺桜もち」。時は将軍吉宗の時代。創業者...
»続きを読む
カテゴリー:

【スイーツ】北海道の「桜餅」ねじれ事情 発祥は関東でも「関西」が主流 - 03月17日(日)16:46  newsplus

「焼きざくら」をつくる「豆の木」の河内谷清司さん=2019年3月3日午前7時30分、北海道釧路市  春の遅い北海道でも、「桜餅」は季節を先取りし、厳寒の年明け早々から店頭に並ぶ。そんな中、北海道釧路市の和菓子店「豆の木」は3月3日に限り、関東風の桜餅を販売してきた。実は道内で出回る桜餅は関西風が主流で、釧路市内で関東風を出す店はここだけだ。  桜餅は関東で生まれたともいわれている。水で溶いた小麦粉を薄くのばして焼き、あんを包んでサクラの葉で巻いた。これが関西に伝わり、砕いたもち米を蒸してあ...
»続きを読む
カテゴリー:

もち米スイーツに新商品 滋賀県菓子工業組合 - 03月16日(土)09:02 

 滋賀県産のもち米「滋賀羽二重糯(もち)」を使った新しい菓子4品を、県菓子工業組合が開発した。18日から同組合に加盟する主な和菓子店と、インターネット通販で販売する。滋賀羽二重糯は高級和菓子の材料に使われるなど高い評価を得ており、同組合の竹内晴久理事長は「滋賀を代表するお土産にしたい」と意気込んでい
カテゴリー:

徳島・勝浦でカワヅザクラ満開 - 03月08日(金)10:30 

勝浦町沼江の県道徳島上那賀線沿いで、カンザクラとカワヅザクラ合わせて約50本が満開を迎えている。見頃は今月中旬まで。 サクラは、和菓子店前松堂の駐車場(約3600平方メートル)に植えられている。
カテゴリー:

【関東・関西で違う桜もち】でも単純に東西二分に非ず - 03月21日(木)21:13  newsplus

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000150408.html 関東・関西で違う桜もち でも単純に東西二分に非ず [2019/03/21 18:04]  桜の季節になると食べたくなる桜もち、大きく分けて2種類あるのをご存知だろうか。小麦粉で作ったクレープ状の生地であんを包んだのが「関東風」。もち米を使用しているのは、「関西風」とされている。ただ、各地を取材してみると意外な事実が分かった。皆さんはどっち派?  やってきた春の便りと同時に食べたくなるのは桜もち。関東で桜もちといえば「長命寺桜もち」。時は将軍吉宗...
»続きを読む
カテゴリー:

北海道の桜餅ねじれ事情 発祥は関東でも「関西」が主流 - 03月17日(日)13:09 

 春の遅い北海道でも、「桜餅」は季節を先取りし、厳寒の年明け早々から店頭に並ぶ。そんな中、北海道釧路市の和菓子店「豆の木」は3月3日に限り、関東風の桜餅を販売してきた。実は道内で出回る桜餅は関西風が主…
カテゴリー:

ささらあめが復活 仙台ファンの声で20年ぶり - 03月09日(土)11:49 

仙台市青葉区の和菓子店「元祖仙台駄菓子本舗熊谷屋」で8日、細く割った竹の先端にあめを刺した「ささらあめ」が20年ぶりに復活した。同店伝統の駄菓子で、近年は竹細工が手に入らず、あめだけを販売していた。調
カテゴリー:

「和菓子店」の画像

もっと見る

「和菓子店」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる