「向上策」とは?

関連ニュース

ファンの協力で「キハ58」維持を 鉄道遺産を守る公園の魅力向上策 - 09月27日(日)08:40 

 和歌山県有田川町の有田川鉄道公園には、かつてミカンの産地を走ったローカル線・有田鉄道の線路が残り、懐かしのディーゼル車などが保存されている。一部は公園内で特別運行し、来園者にも人気だが、線路や車両の老朽化が課題。公園を管理する町はインターネットで募った資金を活用し、線路の枕木を交換したり、警報機を新設したりして魅力向上に取り組んでいる。
カテゴリー:

「アホノミクス」と吠える浜矩子の論理が破綻している明白な理由 - 09月09日(水)04:45 

次期総理最有力候補である菅義偉官房長官が、その継承を明らかにしているアベノミクス。合同野党の代表戦の論点にもなっているアベノミクスですが、安倍政権が目玉と謳い続けてきた同政策について、正しい「評価」はなされていないようです。今回、米国在住作家の冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、賛成派・反対派双方の主張の問題点を論理的に指摘しつつ、与野党に対して「アベノミクスを正しく再評価するべき」との要求を記しています。 アベノミクスの再評価をごまかすな 安倍総理辞任を受けて、自民党総裁選と、合同野党の代表選が進行中です。そんな中で、アベノミクスへの評価というのも論点になっているようですが、話の中身は極めて表面的です。 賛成論の多くは、円安政策は継続ということのようです。ですが、その場合にも少なくとも6つの問題点があります。 コロナ禍の中で世界中が資金出動をしている中で、日本の円安を維持するのは実は大変 円安を継続すると多国籍企業の日本離れを加速 円安では日本企業が買い叩かれる エネルギー需要が拡大した場合に円安だと辛い 円安のせいで国内改革が進まない 一方で、観光立国を再起動するのなら円安は必須 とにかくこの6点をしっかり考えた上で、円安政策をどうするのか、明言はできなくても、危機感だけは伝わってくるような政策論議を期待したいです。現状は、極めて残念と思います。 とに...more
カテゴリー:

「キハ58」や「ハイモ180」…鉄道遺産守る公園の魅力向上策 - 09月13日(日)08:21 

 和歌山県有田川町の有田川鉄道公園には、かつてミカンの産地を走ったローカル線・有田鉄道の線路が残り、懐かしのディーゼル車などが保存されている。一部は公園内で特別運行し、来園者にも人気だが、線路や車両の老朽化が課題。公園を管理する町はインターネットで募った資金を活用し、線路の枕木を交換したり、警報機を新設したりして魅力向上に取り組んでいる。
カテゴリー:

「向上策」の画像

もっと見る

「向上策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる