「同アプリ」とは?

関連ニュース

ARペット育成ゲーム「POCKET PET」で、バーチャルペットとの暮らしを体験 - 12月02日(水)12:00 

新型コロナウイルスの影響で人との関わりが希薄になり寂しさを感じている人もいるだろう。そんなとき、ペットがいれば癒やしを与えてくれそうだが、ペット禁止の家に住んでいたり、アレルギーだったり、経済的・時間的余裕がなかったりとリアルなペットを飼えないという人は少なくないのではないだろうか。 そんな人にペットと一緒に暮らす体験を提供してくれそうなのがARペット育成ゲーム「POCKET PET」だ。 バーチャルコーギーと暮らす 「POCKET PET」は、3DCGで表現されたリアルでかわいいコーギーを育てるゲーム。コーギーはARによって室内や公園など現実空間に表示させることが可能だ。 まずは8種類の色を選び名前をつけてスタート。開始時は子犬で、2日で1歳成長するので成長を感じやすいのも楽しめるポイントだ。開発時のこだわりは、子犬と成犬それぞれの姿やしぐさ、リアルなペットのように食事量に応じて丸くなったり痩せたりする体型変化など細部の再現性だという。 ドッグランで障害物をさけてコインを集めるミニゲームでは、集めたコインでドッグフードやアイテムを買うことが可能。アイテムにはコスチュームもあり、コーギーにおしゃれをさせてあげることもできる。ただし、4日間世話をしないとコーギーは去ってしまう。 完全無料で楽しめる同アプリは、リアルなペットを飼いたいが飼えない人や愛着・愛情を育てたい子どもにぴったりか...more
カテゴリー:

お得で楽しいEC体験を創出するシェア買いアプリ「カウシェ」成長中! - 12月01日(火)18:00 

株式会社X Asiaは、今年9月にシェア買いアプリ「カウシェ」のiOS版の提供を開始。リリース初日に1,000リットル以上の水が「シェア買い」されるなど、中国で急成長している「シェア買い」というコンセプトは「カウシェ」を通じて日本でも広がりつつある。 そしてこのたび、多くの要望をうけ「カウシェ」Android版をリリース。同時に「Androidアプリリリース記念キャンペーン」を実施中だ。 「カウシェ」のしくみ 「シェア買い」とは、1つの商品を複数人で購入することで通常よりお得に入手できるというもの。 「カウシェ」の場合、ひとりのユーザーが商品を選び割引価格での購入を決定するとシェア買いグループが作成される。友だちや家族などにグループURLをシェアし、グループメンバーを招待。1人以上が同商品の購入を決めると「シェア買い」が成立するという仕組み。 「シェア買い」が成立すると、定価の最大70%引きで購入することが可能だ。なお、決済方法はクレジットカードとApple Pay。ただし、24時間以内に「シェア買い」が成立しなかった場合は全額返金となる。 「カウシェ」では、カニ、和牛、黒豚、いくら、日本酒など日本各地の名産品を扱っており、まるでオンライン物産展のような買い物体験が可能だ。また、プリン、チーズケーキ、チョコレート、ゼリーなどのスイーツのラインナップも充実している。これまで掲載した商...more
カテゴリー:

【芸能】ゆきぽよ、キャバクラ嬢転身を匂わせ 「高校生の頃から決めてた」 - 11月29日(日)11:20  mnewsplus

28日放送『ノブナカなんなん?』(テレビ朝日系)にギャルモデル・ゆきぽよが登場。自身のキャバクラ嬢転身を匂わせて、千鳥・ノブらを驚かせた。 画像をもっと見る ◼収入源が謎の女 世の中の「なんなん?」と首をかしげる女性に密着する同番組。この日は「収入源ナゾな女ってなんなん?」をテーマに、Instagramでセレブ生活を披露する謎の女性に密着した。 ゆきぽよも「ゴージャスな生活をInstagramで見てて1番気になっていた」その女性は、一見普通の恰好ながらよく見れば人気ハイブランドのハリー・ウインストンのアクセ...
»続きを読む
カテゴリー:

京大発スタートアップ「バイオーム」が環境省「気候変動いきもの大調査(冬編)」に協力 - 11月26日(木)17:22 

環境省は11月26日、バイオーム提供のいきものコレクションアプリ「Biome」(バイオーム。Android版・iOS版)を用いた「気候変動いきもの大調査(冬編)」を発表した。開始は2020年11月28日。同企画は、地球温暖化の影響で分布(住む場所)が変化している可能性がある生物をスマホアプリで記録していき、地球温暖化の影響を明らかにしていくとともに、地球温暖化対策アクションを呼びかけるというもの。また企画開始となる28日18:30~20:00から、キックオフライブを配信する。 主催:環境省 提供:バイオーム 実施期間:2020年11月28日~2021年1月31日(結果公表は3月末) 予定実施エリア:全国 キックオフイベント:2020年11月28日18:30~20:00予定(詳細) 特設サイト:環境省COOL CHOICE 気候変動いきもの大調査 参加方法 Biomeアプリ(Android版・iOS版)をインストール ホーム画面で気候変動いきもの大調査のバナーをタップ 気候変動いきもの大調査に(アプリ内で)参加 対象のいきものを撮影してアプリに投稿 クエストを達成してバッヂを獲得すると賞品に応募できる 「気候変動いきもの大調査」は、Biomeアプリ内で参加できるイベントとなっており、参加者は「クエスト」と呼ばれる様々な課題に挑戦できる。クエストは、全25個、「調査クエスト」...more
カテゴリー:

ナルミヤ・インターナショナル、公式アプリをリリース 会員証とECを一体化 - 11月26日(木)14:00 

子ども服の企画販売を行うナルミヤ・インターナショナルは11月19日、自社の公式アプリ「ナルミヤオンライン」をリリースした。同アプリでは、メンバーズカード(会員証)とオンラインショッピングの機能を一体化させたという。 アプリを利用すると、同社・・・
カテゴリー:

【特許アプリ(完全版)】「cryptomall ou(クリプトモール オーユー)」は、「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーション(完全版)を遂にローンチ!【即日利用可能!】 - 12月02日(水)09:00 

ブロックチェーン技術を用い「ニセモノ・パクリ商品」の排除を実現する世界特許技術「鑑定証明システム(R)」を発明した「cryptomall ou(クリプトモール オーユー)」(本社:エストニア)。同社は、2020年11月28日(土)、ブロックチェーン技術を活用した「ニセモノ・パクリ商品」の排除を実現する世界特許「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーション(完全版)を遂にローンチ。これにより同アプリケーションは、(iOS版ver1.0)および(Android版)双方に対応、即日利用可能となった。1「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーション(完全版)(1)「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーションとは?「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーションとは、「鑑定証明システム(R)」を導入した企業製品を容易に鑑定証明できる専用アプリケーションのことをいう。同アプリケーションにおいて下記のような情報がブロックチェーン上に記録され、一切改ざん不可能な情報として確認可能。(ア) 製品情報(イ) 物流経路(トレーサビリティー)(ウ) 製品販売先URL(エ) 「鑑定証明システム(R)」導入企業による公式証明書発行URL(オ) 鑑定証明結果のブロックチェーンアドレスURL(カ) GPS機能位置情報URL(キ) その他これにより、「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーションをスマートフォン等に...more
カテゴリー:

タレント・たかまつなな、マッチングアプリ内で出会った公務員にチャットで「森友は再調査すべき」→ブロックされる - 11月30日(月)07:44  poverty

真剣婚活中・たかまつなな マッチングアプリで男性からブロックされた一言「森友は…」 https://news.yahoo.co.jp/articles/3e69d0e5676cb12e0834abbfe4f50dbf212768b5 タレント、たかまつなな(27)が22日放送のABEMA「ABEMA的ニュースショー」(日曜正午)に出演し、真剣婚活中をアピールした。 スタジオのたかまつは、マッチングアプリがルーティンと告白。「今、毎日真剣に婚活しているんで、マッチングアプリを1時間やるって決めていて」と話した。現在、始めて3カ月。「300人くらいマッチングしました」という。 今年...
»続きを読む
カテゴリー:

地球温暖化を考える! バイオームを用いた「気候変動いきもの大調査(冬編)」開始 - 11月27日(金)14:00 

環境省と株式会社バイオームは、いきものコレクションアプリ「Biome(バイオーム)」を用いた「気候変動いきもの大調査(冬編)」を11月28日より開始する。 日本国内のほぼ全種(約9万種)の動植物に対応する生物名前判定AIを備えた同アプリを活用し、地球温暖化による生き物の分布の変化などを記録することで、地球温暖化の影響を検証するとともに地球温暖化に対するヒトの行動変容を促していく。 ゲーム感覚で生態系を学ぶ 「Biome」は、スマートフォンカメラで撮影した生き物が何であるかを瞬時に判別し、コレクションできるアプリ。AIを活用し撮影場所や時期、かたちなどから確度の高い判別を行うという。 同アプリには、生き物の位置がわかる「マップ」や情報を共有する「SNS」、テーマに沿って生き物を見つける「クエスト」など、生き物の観察を身近に、そして楽しくしてくれるような機能が備わっている。 同社は、「JR東日本スタートアッププログラム2019」において「審査員特別賞」を受賞し、JR3社と連携した国内最大級のいきもの調査「バイオームランド」を実施。 また、大阪府立環境農林水産総合研究所と連携し、大阪府内を対象とした観察クエスト「在来種 VS 外来種 おおさかはどっちが多い?」を配信したり、「おおさか生物多様性リンク」に参加したりと同アプリを用いてさまざまな取り組みに参画している。 ちなみに、Techab...more
カテゴリー:

新たなアート体験を提供!アプリ「AR x ART」とは? - 11月26日(木)17:00 

株式会社Mawari(以下、Mawari)は、KDDI株式会社(以下、KDDI)が先日発表したiOS向けアプリ「AR x ART」の開発を担当。同アプリでは、最先端技術を用いて新たなアート体験を提供していく。 プロジェクト「augART」における取り組みのひとつ まずは、「AR x ART」開発の背景に関してご紹介したい。KDDIは、有望なスタートアップへの出資が目的の「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じ、アートのコミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」を手がける株式会社The Chain Museumに出資した。 両社は、5GやxRなどの最先端技術によって新たな文化芸術体験を創出するプロジェクト「augART(オーグアート)」を開始。同プロジェクトにおける取り組みのひとつとして、「AR x ART」が開発されたというわけだ。 「AR x ART」の第1弾企画では、世界的な彫刻家である名和晃平氏とのコラボレーションが実現。現実と仮想世界が交錯したパブリックアートを出現させる「White Deer_AR」などのコンテンツを提供する。なお、アプリのダウンロードはApp Storeから行える。 Mawariが携わったユニークな企画をご紹介 2017年に設立されたMawariは、xRコンテンツに関する事業を行ってきた。ここで、同社が携わったユ...more
カテゴリー:

ナビタイム、列車の遅延情報に対応したルート検索機能 - 11月25日(水)12:46 

ナビタイムジャパンは11月25日、iOS / Android向けの総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」に、列車の遅延を考慮したルート検索機能を追加した。同アプリはApp StoreやGoogle Playから無料でダウンロード可能。有料のプレミアムコースも用意する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「同アプリ」の画像

もっと見る

「同アプリ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる