「合格発表」とは?

関連ニュース

【職業の舞台裏】不動産仲介業のトップセールス女性営業マンが大切にすること - 04月19日(金)18:03 

4月からの新年度を控えた2月・3月は、不動産賃貸の仲介業にとって超繁忙期。近隣に大学があるお店では、入試の行われる2日間が“1年で最も忙しい2日間”です。多忙な時期の不動産仲介店の裏側はどうなっているのでしょう?社内でトップセールスを誇る女性営業マン、『ハウスコム立川店』店長の伊藤さんに密着しました。最新情報を得るために使うのは、「目」と「足」?この2日間を「1年をかけて準備してきた物件の披露の場であり、最も忙しく、最も楽しい日」と話す、伊藤さん。『ハウスコム立川店』店長の伊藤さん伊藤さんの勤めるお店には、近隣大学の入試日2日間でおよそ60組が来店します。そのほとんどが入学試験のために上京した親子。入試日に物件を探しておいて、入居は合否次第。そのため、“合否待ち”という「発表まで待ってくれる物件」を、受験の日に合わせてどれだけ準備できるかが重要とのこと。今の時代、物件情報はインターネットで探すこともできますが、伊藤さんは「最新情報は自分の目と足で得る。それこそが自分たちがいる意味」と語ります。「最新情報は自分の目と足で得る」という信念伊藤さんは、部屋の退去や契約キャンセルなどの“新鮮な情報”を得るため、定期的に大家さんを訪問。直接会って話をし、「大家さんと信頼関係を築くことが、親御さんと交渉する上で重要」だとい...more
カテゴリー:

【週刊現代】「東大合格が人生のピークでした」…世間が知らない東大格差の実態【東京大学】 - 04月10日(水)19:45  poverty

 本郷キャンパスで喜びを爆発させる受験生たち。しかし、彼らはその先で待ち構えている悲劇をまだ知らない。世間では知られることのない、東大生が直面する「東大内格差」の厳しい実態をレポートする。 出身高校のハンデ  「私は東大に合格した時が人生のピークでした。今でもあの瞬間に戻りたいと思ってしまいます」  うつむき加減でこう語るのは東京大学法学部を'11年に卒業した小林明彦さん(仮名・30歳)だ。  3月10日、今年も東京大学の合格発表が行われた。さまざまな誘惑を排し、苦しい受験戦争に勝利した受験生たちは...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日小学生新聞】2019年度 中学受験を経験した保護者に調査を実施 - 04月16日(火)14:00 

[株式会社朝日学生新聞社]  アンケートは2019年2月7日~2月20日に実施。朝日小学生新聞や合格発表の会場で呼びかけ、ウェブサイトやアンケート用紙への記入により、小学6年生の保護者593名から有効な回答を得ました。対象児童の性別は、男...
カテゴリー:

「合格発表」の画像

もっと見る

「合格発表」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる