「各種データ」とは?

関連ニュース

マンションの修繕積立金に群がる「悪質コンサル」の巧妙手口 - 10月15日(火)15:31 

 マンションの劣化を防ぐため、10~12年ごとに行うことが多い大規模修繕工事。その施工費用は住民が毎月コツコツと蓄えている「修繕積立金」から支払われ、各種統計データによれば、1戸あたり80万~100万円、タワーマンションともなると170万~200万円(500戸のタワマンなら全体で8億5000万円~10億円)もの工事費がかかる。
カテゴリー:

全20業種387社の最新期売上高&伸び率を一挙掲載!――『月刊レジャー産業資料』10月号(NO.637)発刊 - 10月01日(火)10:30 

綜合ユニコム株式会社(本社:東京都中央区)は、 集客ビジネスの経営戦略誌『月刊レジャー産業資料』の最新号となる2019年10月号(NO.637)を、10月1日に発刊いたしました。本号には「レジャー&サービス産業総覧2020」と「【保存版】企業売上高ランキング 全20業種387社」の2つの特集を掲載。「レジャー&サービス産業総覧2020」ではレジャー&サービス産業を構成する「観光産業」「宿泊産業」「スポーツ・健康産業」「アミューズメント産業」「生活サービス産業」における主要業種について、市場規模・参加人口・施設数の推移、出店動向、客単価などの各種データと、売上高や施設数を基づく業界マップ(企業勢力図)から最新動向と展望を読み解きます。さらに、「【保存版】企業売上高ランキング 全20業種387社」では、各業種売上高上位企業(最大20社)の最新期売上高・前期売上高・前期比伸び率を掲載。次なる成長分野の見極めに必要なデータを多数収録した、必携の1冊となっております。詳細はこちらから↓https://www.sogo-unicom.co.jp/leisure/mag/201910.html【特集1 概要】特集1 レジャー&サービス産業総覧2020◎市場規模・参加人口・施設数推移、出店動向、客単価などの各種データと売上高や施設数をもとにした業界マップ(企業勢力図)を業種ごとに掲載【観光産業】遊...more
カテゴリー:

小売業界のデータドリブンな意思決定を支援、店舗分析サービス開発のFlow Solutionsが1.5億円を調達 - 09月26日(木)10:00 

小売業界向けのデータ活用ソリューションを展開するFlow Solutionsは9月26日、複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により総額1.5億円を調達したことを明らかにした。投資家リストは以下の通りだ。 DNX Ventures アコード・ベンチャーズ 博報堂 DY ベンチャーズ 楽天キャピタル Darwin Venture Flow Solutionsは小売店舗が“データドリブンな意思決定”を行うのに必要となる基盤を開発するスタートアップだ。主要プロダクトの「InSight」ではカメラなどのIoT端末を通じて取得した来店客数や顧客属性、POSや店内の導線、レジ待ちなど店舗内の各種データを中心に、天気やスタッフのシフトなど付随する情報を含む様々なデータを統合し、ダッシュボード上で可視化する。 店舗の売上に直結する主要な指標をリアルタイムで常に把握できるのはもちろん、様々な角度からデータを収集することで従来は実現できていなかった観点からの深い店舗分析が可能。それにとどまらず客数や店内の混雑を予測した上で現場のスタッフに次のアクションを提案する機能を備えるほか、スタッフのデータ活用をサポートするeラーニングシステムなども提供している。 これまでFlow Solutionsのソリューションは59ブランド、800以上の店舗が導入。たとえば...more
カテゴリー:

西友が日立との協創を通じ、AIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムを導入開始 - 10月09日(水)11:00 

2019年10月9日 合同会社西友 株式会社日立製作所 西友が日立との協創を通じ、 AIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムを導入開始 業務効率の向上と欠品・食品ロスの削減を目指す  合同会社西友(社長兼最高経営責任者:リオネル・デスクリー/以下、西友)は、このたび、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)との協創を通じ、AIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムとして、日立の「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」を、2019年10月から全国の店舗への導入を開始します。対象は、西友が販売する弁当・惣菜売場の商品のうち、西友の自社工場で製造した商品をはじめとする約250アイテムです。従来は経験を有する担当者が過去の販売実績などを基に商品ごとに発注を行っていましたが、本システムではAIにより店舗・商品ごとに高度な需要予測を行い、それらを基に発注量を決定するとともに、発注作業の自動化を可能にします。  西友では、本システムを導入することで、担当者が従来行っていた発注業務をAIに任せることにより、店内厨房での加工業務や接客などの店舗オペレーションに一層注力することができるようになるとともに、欠品や食品廃棄ロスの削減を目指します。  近年、国内の小売業では、消費者ニーズ...more
カテゴリー:

日本郵政グループの株式会社JPメディアダイレクト、DM自動印刷・発送サービス「DMダッシュ」の販売開始 - 09月26日(木)15:10 

2019年9月26日 株式会社JPメディアダイレクト Web to Printプラットフォーム「DM Connect」を活用した DM(ダイレクトメール)自動印刷・発送サービス「DMダッシュ」の販売開始  日本郵政グループの株式会社JPメディアダイレクト(東京都港区、代表取締役CEO 中島直樹 以下「JPMD」)は、7月10日に発表したWeb to Printプラットフォーム「DM Connect」を活用した、DM自動印刷・発送サービス「DMダッシュ」の販売を開始します。 「DMダッシュ」は、DMの印刷から発送までをワンストップで一括発注できるWeb to Printサービスです。各事業者が保有する、各種会員データを「DMダッシュ」と連動させることで、DMの印刷・宛名印字・郵便局差出・発送までが自動化されます。また、「DM Connect」の活用によりDMの仕様に合わせた最適な印刷会社を選択し、スピーディーな印刷・発送を可能としました。(最短翌営業日発送)  当社は、マーケティングオートメーションサービス事業者やEC事業者等と連携し「DM Connect」「DMダッシュ」関連で、今後3年間に約20億円の売上を見込んでいます。  本サービスのねらいと概要は以下のとおりです。 ■デジタルとアナログを組み合わせたマーケティングの活性化 近年、より良い顧客体験を通じ効果...more
カテゴリー:

「各種データ」の画像

もっと見る

「各種データ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる