「右代啓祐」とは?