「史上最年少」とは?

関連ニュース

藤井七段、2日目の勝負飯は「ビーフステーキカレーセットランチ」 王位戦第2局 - 07月14日(火)13:54 

 将棋の史上最年少タイトル獲得を目指す高校生棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負の第2局は14日、札幌市内のホテルエミシア札幌で第2日が指されている。
カテゴリー:

「えっ、師匠に挨拶しないで帰るの?」“30歳差”藤井聡太七段vs木村一基王位の知られざる舞台裏――教授は見た - 07月11日(土)11:00 

 昨年、“史上最年長”で初タイトルを獲得した47歳の木村一基王座。対するは“史上最年少”タイトル挑戦の記録を塗り替えた17歳の藤井聡太七段。対照的と言われ…
カテゴリー:

工藤遥「負けず嫌い精神でなんとか(笑)」 初主演作での苦労とは? | ananweb - マガジンハウス - 07月10日(金)20:00 

映画『のぼる小寺さん』で初主演を務める工藤遥さんに、作品に対する思いを聞きました。まずはやってみる。それは私のベースでもあります。「初主演映画が決まったと聞いたときは“ドッキリ”かなと思ったくらい。しかも、憧れの長澤まさみさんの『ロボコン』の監督さんとお仕事できるなんて、最初は嬉しさと驚きしかなくてニヤニヤしてました」モーニング娘。卒業から2年半、工藤遥さんが『のぼる小寺さん』で演じるのは、クライミング部でボルダリングに打ち込む高校生。目の前の壁にひたむきに挑戦しつづける姿に、卓球部の近藤ら同級生たちも背中を押されていく。小寺さんの柔らかなオーラにこちらまでハッピーになる珠玉作です。「小寺さんは誰かに影響を与えようと思っているわけではなくて、好きなことをしてるだけなんですよ。口数もすごく少ないですし、近藤くんの目線で描かれている部分もある。監督に“小寺さんとしてその場にいてくれればいい”と言われて、ただ一生懸命ボルダリングしてた感じでしたけど、それが役作りのうえで一番大事なことかなって。クライミング部のメンバーとはクランクインの3か月前からずっと練習で同じ時間を過ごしていて、役柄に近い関係性が出来上がっていたのもよかったですね」そう、東京都2位の実力を持つ小寺さんを吹き替えなしで演じるべくボルダリングを猛特訓。「そのレベルまで持っていくのは無理かと思ったりしたんですけど、負けず嫌い...more
カテゴリー:

渡辺棋聖“意地の1勝” 青野九段「藤井七段の有利は変わらない」 ヒューリック杯棋聖戦五番勝負 - 07月10日(金)11:18 

 史上最年少のタイトル獲得に王手をかけている高校生棋士、藤井聡太七段(17)が9日、「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(主催・産経新聞社、日本将棋連盟、特別協賛・ヒューリック)第3局で渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に敗れ、2勝1敗となった。敗因はどこにあったのか。
カテゴリー:

【将棋】タイトル王手の藤井聡太七段、渡辺明棋聖に敗れる 初戴冠は次局にお預け - 07月09日(木)19:20  mnewsplus

 将棋の第91期棋聖戦5番勝負第3局が9日、東京・千代田区の都市センターホテルで行われ、先手の挑戦者・藤井聡太七段(17)は渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に敗れた。2連勝で王手を掛けていた藤井七段の史上最年少獲得記録達成は、次局以降に持ち越しとなった。  大一番にふさわしい激闘となった。過去タイトル戦33回中25回を防衛、あるいは奪取する、驚異の勝率76%を誇る渡辺棋聖との対局。藤井七段が最も得意とする戦型「角換わり」で、序盤から互いに積極的な指し回しを貫き、午後1時の再開時点には77手。...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】子役出身で一番成功した芸能人ランキング - 07月14日(火)00:40  mnewsplus

芸能界には子役からキャリアをスタートし、現在も第一線で活躍を続ける芸能人が多く存在します。子どもの頃から知っている芸能人は、知り合いのような親しみを感じてしまう人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、子役出身で一番成功したと思う芸能人について探ってみました。 1位 神木隆之介 2位 安達祐実 3位 長澤まさみ ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「神木隆之介」! わずか2歳で芸歴をスタートさせた神木隆之介。1999年に『グッドニュース』(TBS系)でドラマデビュー、2005年に公開された初主...
»続きを読む
カテゴリー:

藤井聡太七段の師匠・杉本八段が明かす“東海の師弟物語”「永瀬さんは名古屋の終電に詳しくなった(笑)」 - 07月11日(土)11:00 

 史上最年少タイトル挑戦の記録を塗り替えた17歳の藤井聡太七段。藤井の師匠・杉本昌隆八段と一門でいえば“イトコ関係”にあたる“教授”勝又清和七段が、東海の…
カテゴリー:

【朗報】藤井七段、幼少期に「A子ちゃんをいじめるな!」と友達を救って恩師をたまげさせていた - 07月10日(金)11:26  livejupiter

藤井聡太七段(17)の恩師で「ふみもと子供将棋教室」を主宰する文本力雄さん(65)。 教室内では藤井七段は当時通っていた7~8人の子供たちのなかでも、とても活発な少年だったという。 「実は運動神経もよくて、性格も活発なタイプでした。毎春行っていた“お花見将棋”で、河原の広場でかけっこをしたときは、いちばん体も小さいのに、年上の子より弾丸みたいに速かったですね。 将棋の授業後には、みんなと一緒にトランプもよくやっていました。 教室の最後は毎回、私が作った坂本九さんの『明日があるさ』の替え歌をみんなで合...
»続きを読む
カテゴリー:

藤井聡太七段 初タイトル獲得後の難敵は「上座」問題 - 07月10日(金)08:04 

快進撃を続ける藤井聡太七段(17)。9日の棋聖戦5番勝負の第3局に敗れ、史上最年少タイトルの獲得は次局以降に持ち越しとなったが、その勢いは日本中の注目を集めてい…
カテゴリー:

藤井聡太七段 「棋聖戦」第3局敗れる タイトル獲得は持ち越し - 07月09日(木)19:19 

将棋の藤井聡太七段が、八大タイトルの1つ「棋聖戦」五番勝負の第3局で渡辺明三冠に敗れ、史上最年少でのタイトルの獲得は、今月16日の第4局以降に持ち越されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「史上最年少」の画像

もっと見る

「史上最年少」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる