「台湾総統選」とは?

関連ニュース

【台湾】民主化運動の元学生リーダー「天安門事件を忘れないで。人民解放軍の装甲車により多くの丸腰の学生が命を奪われた」 - 05月22日(水)01:07  newsplus

◆ 天安門事件「忘れないで」=装甲車で両足失った元学生ら訴え-台湾 1989年6月の中国の天安門事件で、民主化運動の学生リーダーだった王丹氏(米国在住)ら関係者が21日、訪問先の台北で報道陣の取材に応じた。 鎮圧部隊の装甲車にひかれ、両足を失った方政さん(同)は「事件の生き証人として、89年6月4日に北京の天安門広場で起きたことを忘れないでほしい」と訴えた。 当時、北京体育学院の学生で、天安門広場にいた方さんは、事件当日の朝、道に倒れた後輩の女子学生を助けようとしたところ、鎮圧部隊の装甲車にひ...
»続きを読む
カテゴリー:

国民党・韓氏が予備選出馬明言 民進党も激戦 無所属・柯氏と三つどもえに 台湾総統選 - 05月14日(火)18:57 

 【台北・福岡静哉】台湾総統選(来年1月11日)で野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(61)が13日、出馬に強い意欲を示した。国民党では鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長(68)が出馬を表明しているが、支持率では韓氏が大きくリードする。与党・民進党では蔡英文総統(62)と前行政院長(首相)の頼清徳氏(
カテゴリー:

台湾を「中国の一部」と発言のホンハイ会長が台湾総統になる悪夢 - 05月14日(火)04:45 

以前掲載の「台湾の総統選に鴻海の郭台銘会長が出馬表明『女神が促した』」でもお伝えしたとおり、2020年に行われる台湾の総統選への出馬を宣言し話題となった、鴻海(ホンハイ)の会長・郭台銘氏。日本ではシャープの買収などで知られる郭氏、台湾では「親中派」「中国寄り」ということが一般的に知られていますが、総統に選ばれる可能性はあるのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんがメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、郭氏を巡る報道や発言などを紹介しつつ彼の人となりを明らかにするとともに、台湾の「命運」を占っています。 【台湾】台湾を「中国の一部」と発言したホンハイ会長・郭台銘の正体 ●<台湾>トランプ大統領と会談した郭台銘・次期台湾総統候補の狙い 総統選挙への立候補を表明した鴻海会長の郭台銘(テリー・ゴウ)氏ですが、現状ではあまり人気がありません。やはり親中的なイメージが強くあるために、多くの台湾人が警戒しているのです。 しかし、出馬したからには何らかの勝算があるはずです。彼の場合、政治の世界に自身のビジネスを巧みに利用して、米中の仲介役を演じることが勝利のカギと想定しているのかもしれません。というのも、5月1日、郭氏はホワイトハウスまで出向いてトランプ大統領に会ってきました。その際、中国が認めていない台湾の国旗とアメリカの国旗が描かれた帽子をかぶってい...more
カテゴリー:

鴻海、次期会長にシャープ取締役の劉揚偉氏を指名へ=関係筋 - 05月13日(月)13:35 

関係筋によると、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は、台湾総統選挙に出馬した郭台銘(テリー・ゴウ)会長の後任に、同社の半導体部門トップでシャープの取締役も務める劉揚偉氏を指名する見通し。
カテゴリー:

中国との「平和協定」は災難 台湾・頼清徳前行政院長インタビュー - 05月12日(日)22:09 

 来年の台湾総統選挙への出馬を表明している与党・民進党の頼清徳、前行政院長(首相に相当)が東京都内で産経新聞のインタビューに応じ、「中国による統一攻勢が強化され、台湾の主権と民主主義は危機的な状況にある」との認識を示した。その上で、野党・中国国民党が意欲を見せている中国との平和協定締結は「大きな災難をもたらす」と一蹴し、反対する立場を強調した。
カテゴリー:

台北市長、総統選出馬を検討 「政党不信の受け皿に」 - 05月16日(木)14:43 

 来年1月の台湾総統選に向けて動向が注目されている台北市の柯文哲市長(59)が、総統選出馬を検討していることを明らかにした。外科医から市長に転じ、無所属政治家として支持を集める柯氏は「私の目的は2大政…
カテゴリー:

尻尾に犬が振られる台湾 総統レース、支持率に一喜一憂 - 05月14日(火)16:59 

 来年1月の台湾総統選に向けた与野党の候補者選びが、世論調査に振り回されている。与党民進党は再選を目指す蔡英文(ツァイインウェン)総統(62)の支持率低迷を背景に予備選を延期。野党国民党は「立候補しな…
カテゴリー:

鴻海、次期会長にシャープ取締役の劉揚偉氏を指名へ=関係筋 - 05月13日(月)13:49 

関係筋によると、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は、台湾総統選挙に出馬した郭台銘(テリー・ゴウ)会長の後任に、同社の半導体部門トップでシャープの取締役も務める劉揚偉氏を指名する見通し。
カテゴリー:

中国は日本にも「浸透工作」 偽情報・選挙干渉は最大の危機 頼清徳氏インタビュー詳報 - 05月13日(月)06:00 

 来年1月の台湾総統選に出馬を表明している与党・民進党の頼清徳(らい・せいとく)前行政院長が産経新聞のインタビューに応じ、「中国による統一攻勢が強化され、台湾の主権と民主主義は危機的な状況にある」などと語った。中国は日本に対しても「浸透工作」を行っており、中国の脅威に対抗するために日台が協力態勢を築くことが重要だと訴えている。頼氏との一問一答は次の通り。
カテゴリー:

頼清徳前行政院長、予備選控え日本人脈誇示 総統選は「米中代理戦争」 - 05月12日(日)21:54 

 台湾総統選挙の与党・民進党内の予備選で、現職の蔡英文氏と頼清徳前行政院長の一騎打ちが佳境に入っている。台湾の大手テレビ、TVBSが8日に公表した世論調査結果では、頼氏の支持率が41%と蔡氏の28%を大きく引き離しているが、蔡氏は激しい追い上げを見せている。
カテゴリー:

もっと見る

「台湾総統選」の画像

もっと見る

「台湾総統選」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる