「台湾海峡」とは?

関連ニュース

【速報】 米国、中国の台湾侵攻に備え米軍が「台湾駐屯」を検討 - 09月28日(月)19:31  news

中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」 China Will Start War If U.S. Troops Return to Taiwan Warns Global Times 米海兵隊のウォーカー・D・ミルズ大尉は、米陸軍大学発行の軍事誌「ミリタリーレビュー」最新版で、米軍は台湾に駐屯すべきだとする論文を発表。これに中国共産党機関紙系のタブロイド紙「環球時報」の編集者・胡錫進が、ツイッター上で強い反発を表明した。 ミルズは論文の中で、東アジアのパワーバランスがアメリカや台湾から中国寄りに傾きつつあると指摘。アメリカに「台湾の主権を守る決意があるならば」...
»続きを読む
カテゴリー:

中国軍、4海域で演習 台湾に圧力、市街戦動画も - 09月28日(月)17:35 

 中国人民解放軍は、南シナ海と東シナ海、黄海、渤海の4海域で軍事演習などを同時実施している。中国海事局が28日までに演習実施海域での船舶の航行禁止を発表した。中国国営の中央テレビは台湾海峡を管轄する東部戦区が市街戦を想定して最近行った演習の動画を公開した。台湾や米国を強くけん制する狙いが明確だ。
カテゴリー:

中国抑止のため米軍が「台湾駐屯」を検討 ★2 - 09月28日(月)14:37  newsplus

<このままでは敗北するというアメリカ側に対し、米軍が台湾に戻れば戦争だと中国> 米海兵隊のウォーカー・D・ミルズ大尉は、米陸軍大学発行の軍事誌「ミリタリーレビュー」最新版で、米軍は台湾に駐屯すべきだとする論文を発表。これに中国共産党機関紙系のタブロイド紙「環球時報」の編集者・胡錫進が、ツイッター上で強い反発を表明した。 ミルズは論文の中で、東アジアのパワーバランスがアメリカや台湾から中国寄りに傾きつつあると指摘。アメリカに「台湾の主権を守る決意があるならば」、台湾に地上軍を駐屯させることを検討...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】台湾軍、張子の虎だった。精鋭部隊の戦車の大半は故障していて修理工具は自腹…恐ろしい実態が明らかに - 09月25日(金)19:33  poverty

<アメリカ製の最新兵器をひけらかし万全の体制で中国を迎え撃つと息巻く台湾政府......実際には戦車は壊れ、自腹で修理部品を調達するよう若い兵士に強要する始末> 中国は台湾海峡周辺に軍隊を集結させ、台湾島の奪還には「手段を選ばない」と息巻いている。 アメリカとその友好国としては、台湾が自力で中国軍の侵攻を食い止めてくれると信じたいところだ。 しかし現実は厳しい。今の台湾には現役の兵士が少な過ぎ、予備役の動員システムもお粗末過ぎる。 それだけではない。驚くなかれ、保有する戦車の半数はまともに動かな...
»続きを読む
カテゴリー:

中国空軍「パクリPR動画」は油断を誘うため?台湾侵攻計画に焦り - 09月25日(金)05:00 

米中間の緊張がかつてないほど高まる中、21日に中国人民解放軍が発表したミュージックビデオ(MV)が話題となっています。台湾出身の評論家・黄文雄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、その意図を「台湾に対する圧力」とし、これまで繰り返されてきた中国による台湾への卑劣な威嚇行為を列挙。さらに今回のMV製作から透けて見える「中国共産党の窮状」を暴露しています。 【中国】人民解放軍「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり ● 中国軍がMV「きょう開戦したら」発表 台湾に圧力 9月21日、中国人民解放軍で台湾海峡などを管轄している東部戦区が、戦意高揚のためのミュージックビデオ(MV)を発表しました。「もし今日開戦したら(假如戦争今天爆発)」という歌にあわせて、解放軍兵士の訓練やミサイル発射などの場面が次々と展開されるMVです。 人民日報系の環球網のニュースから、このMVは見ることができます。 ● 东部战区:假如战争今天爆发,这就是我们的回答! 「もし今日開戦したら」という歌は、現在つくられたのではなく、以前からありました。今回、東部戦区は新たなビデオを作成したのですが、それは台湾に対する圧力のためだとされています。以前のMVは以下で見ることができます。 中国は、台湾に対して、つねに武力と同時に言葉で脅しをかけてきました。このことを「文攻武嚇」といいます。言葉...more
カテゴリー:

中国抑止のため米軍が「台湾駐屯」を検討 ★4 - 09月28日(月)18:07  newsplus

<このままでは敗北するというアメリカ側に対し、米軍が台湾に戻れば戦争だと中国> 米海兵隊のウォーカー・D・ミルズ大尉は、米陸軍大学発行の軍事誌「ミリタリーレビュー」最新版で、米軍は台湾に駐屯すべきだとする論文を発表。これに中国共産党機関紙系のタブロイド紙「環球時報」の編集者・胡錫進が、ツイッター上で強い反発を表明した。 ミルズは論文の中で、東アジアのパワーバランスがアメリカや台湾から中国寄りに傾きつつあると指摘。アメリカに「台湾の主権を守る決意があるならば」、台湾に地上軍を駐屯させることを検討...
»続きを読む
カテゴリー:

中国抑止のため米軍が「台湾駐屯」を検討 ★3 - 09月28日(月)15:59  newsplus

<このままでは敗北するというアメリカ側に対し、米軍が台湾に戻れば戦争だと中国> 米海兵隊のウォーカー・D・ミルズ大尉は、米陸軍大学発行の軍事誌「ミリタリーレビュー」最新版で、米軍は台湾に駐屯すべきだとする論文を発表。これに中国共産党機関紙系のタブロイド紙「環球時報」の編集者・胡錫進が、ツイッター上で強い反発を表明した。 ミルズは論文の中で、東アジアのパワーバランスがアメリカや台湾から中国寄りに傾きつつあると指摘。アメリカに「台湾の主権を守る決意があるならば」、台湾に地上軍を駐屯させることを検討...
»続きを読む
カテゴリー:

中国抑止のため米軍が「台湾駐屯」を検討 - 09月28日(月)12:53  newsplus

<このままでは敗北するというアメリカ側に対し、米軍が台湾に戻れば戦争だと中国> 米海兵隊のウォーカー・D・ミルズ大尉は、米陸軍大学発行の軍事誌「ミリタリーレビュー」最新版で、米軍は台湾に駐屯すべきだとする論文を発表。これに中国共産党機関紙系のタブロイド紙「環球時報」の編集者・胡錫進が、ツイッター上で強い反発を表明した。 ミルズは論文の中で、東アジアのパワーバランスがアメリカや台湾から中国寄りに傾きつつあると指摘。アメリカに「台湾の主権を守る決意があるならば」、台湾に地上軍を駐屯させることを検討...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾周辺の軍事演習、中国 狙いは - 09月25日(金)05:52 

 中国国防省は台湾周辺で行った軍事演習について、「外部勢力の干渉などに対するものだ」と明らかにし、アメリカと台湾をけん制しました。 中国国防省の報道官は24日、台湾周辺で最近行った人民解放軍の軍事演習について、「外部勢力の干渉と一部の台湾独立勢力の分裂活動に対するものだ」と述べ、アメリカと台湾をけん制しました。中国は18日と19日、アメリカの国務次官が、「台湾民主化の父」と呼ばれた李登輝元総統の告別式に参列したことに反発する形で台湾海峡で軍事演習を行っていました。  また、同じ会見のなかで報道官は、台湾周辺ではないものの、「遼寧」と「山東」の2隻の空母がそれぞれ訓練を行ったとも明らかにしました。
カテゴリー:

米国・台湾「国交樹立」へ現実味! “親中”米大使が突然の退任で…米大統領選前に「爆弾発言」か 河添恵子氏が緊急寄稿 - 09月24日(木)20:00 

 米中対立の激化が止まらない。ドナルド・トランプ米大統領と、中国の習近平国家主席は22日、国連総会のビデオ方式の一般討論演説で、新型コロナウイルス対策などをめぐり、激しい批判合戦を展開した。米国は先週初め、習氏の「旧友」とされるテリー・ブランスタッド駐中米国大使を10月初めに退任させると発表。中国は、台湾の李登輝元総統の告別式に合わせて台湾海峡付近で軍事演習を展開した。「国と国」の関係に近づく米国と台湾。トランプ氏の再選が注目される11月の米大統領選直前、ブランスタッド大使は「爆弾発言」を炸裂(さくれつ)させるのか。「米中激突の深層」をウオッチしてきた、ノンフィクション作家、河添恵子氏の緊急寄稿第23弾-。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「台湾海峡」の画像

もっと見る

「台湾海峡」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる