「古市憲寿」とは?

関連ニュース

石丸伸二氏、『質問の視座が低い』テレビ局の実名ぶっ放す! 「どことは言わないんですけど、日テレってのがあるんですけど」 - 07月17日(水)01:40  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/55ae90f0335c511119d2e2f926a654b1245da03c 「視聴者アホじゃない」石丸伸二氏「質問の視座が低い」テレビ局の実名ぶっ放す 最も荒れた選挙特番→系列局で名指し  東京都知事選で小池百合子知事(約291万票)に次ぐ約165万票を獲得した石丸伸二氏(41)が14日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演し、話題となった7日夜の選挙特番での激しい対応について語った。  選挙の疲れもあったのかと聞かれると「メディアに対する不満を全開で示しておこうと。全国であれ...
»続きを読む
カテゴリー:

石丸伸二的な話し方「石丸構文」堂々使う人の末路 - 07月15日(月)10:13  mnewsplus

先日の東京都都知事選で2位の票を獲得した石丸伸二氏が、何かと注目を集めている。 特に誰かからの質問に対して“返り討ち”をするような独特の言い回しが、である。 噛み合わない部下と上司の会話 中でも日本テレビ系列の開票番組で社会学者の古市憲寿氏と繰り広げた、「また同じ質問ですか?」「もう一回言えってことですか?」といった押し問答は、SNSを中心に「石丸構文」として拡散され、トレンド入りした。 私はこの「石丸構文」がビジネス界でも広がるのではないか、と危惧している。おそらく戦々恐々とするのは上司た...
»続きを読む
カテゴリー:

石丸伸二、選挙特番で元乃木坂・山崎らへの『ブチ切れ対応』の真意を語る 「善意に対しては善意で返すし、敵意に関しては敵意を返す」★4 - 07月12日(金)01:04  mnewsplus

石丸伸二さん、選挙特番で『ブチ切れ対応』の真意を語る「善意に対しては善意で返すし、敵意に関しては敵意をちゃんと返す」元アイドルの質問を一蹴して話題に 7日投開票の東京都知事選で落選するも2位得票と健闘した前広島県安芸高田市長の石丸伸二さん(41)が10日、インターネットメディア「ReHacQ」のYouTube生配信に出演。 投開票日にメディアに”ブチ切れ対応”だった真意について語った。 ReHacQプロデューサーの高橋弘樹さんから「なぜ、あんなにブチ切れていたのか教えてもらっていいですか...
»続きを読む
カテゴリー:

「信念など欠片もない政治家」選挙特番に出演した石丸伸二氏をXで13人の“オピニオンリーダー”次々批判 意外な共通点が ★2 - 07月11日(木)20:55  newsplus

※7/11(木) 6:10配信 デイリー新潮  失言から一気に“旋風”が消滅するのか、それとも強い“岩盤支持層”に支えられるのか──。7月7日に投開票された都知事選で約165万票を獲得し、2位に食い込んだ前広島県安芸高田市前市長の石丸伸二氏(41)に批判が殺到している。評価の転換点となったのが、1本の地上波特番、1本のYouTube番組、そして1本のラジオ番組だった。  ***  放送開始順に見ていこう。日本テレビは公式YouTubeチャンネル「日テレNEWS」で午後7時50分から「【都知事選ライブ】東京都知事選デジタル特番」を配信した。担...
»続きを読む
カテゴリー:

古市憲寿氏、ガチバトルの石丸伸二氏は「出来の悪い生成AIみたいな話しぶり」長文投稿で説明 ★2 - 07月11日(木)13:09  mnewsplus

 社会学者の古市憲寿氏(39)が11日までにX(旧ツイッター)を更新。選挙特番での前広島県安芸高田市長石丸伸二氏(41)とのやりとりについて長文を投稿し、言及した。    略  一方、石丸氏は10日のユーチューブチャンネル「ReHacQ-リハック-【公式】」の「激論!都知事選とメディアの功罪」の生配信に出演。「政治屋」の定義について聞かれたことに対し言及していた。  「今さらそれ聞く? みたいな。それこそ、政治屋の一掃とは、っていうのを告示前の共同記者会見で掲げているんですよ。なぜその時に聞か...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】ロンブー田村淳、YouTubeで石丸伸二氏の“受け答え”を猛批判 「ガッカリしましたね」「勘違いしてたのかも」 - 07月16日(火)21:24  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/fdf67a6311d9c7c20f467f6d24ce13e73b26a0c1 「勘違いしてたのかも」田村淳 YouTubeで石丸伸二氏の“受け答え”を猛批判「ガッカリしましたね」  ロンドンブーツ1号2号の田村淳(50)が7月11日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、都知事選前には感じていなかった元安芸高田市長の石丸伸二氏(41)への“モヤモヤ”について自身の思いを語った。  「都知事選のモヤモヤ」というタイトルで投稿された、視聴者の質問に答えるライブ配信の動画で田村は、「(都知事選が)始まる前のモヤモヤは小池...
»続きを読む
カテゴリー:

石丸伸二氏と古市憲寿氏の話が「かみ合わない」当然の理由。マスコミがいまだ理解せぬ石丸旋風と大地殻変動の先を読む - 07月12日(金)05:00 

東京都知事選挙で約166万票を獲得して次点となった石丸伸二氏(41)。多くのメディアや“政治のプロ”が石丸氏の躍進を予想できなかったのはなぜなのか。同氏に対しては「無知な無党派層が騙されただけ」「石丸論法はただの詭弁だ」といった批判もあるが、そのような先入観にとらわれていると、これから石丸氏が起こすであろう「政治とメディアの地殻変動」を見誤るかもしれない。元全国紙社会部記者の新 恭氏が解説する。(メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』より)※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:政界の風雲児、石丸伸二氏。次に狙うは衆院広島1区か 石丸旋風が巻き起こす、政治とメディアの「地殻変動」 小池百合子氏が三選された東京都知事選は、「石丸ショック」と呼ばれる結果になった。ついこの間まで、都民のほとんどが名前も顔も知らなかった広島県の前安芸高田市長、石丸伸二氏の巻き起こした旋風が、旧態依然としたこの国の政治とメディアに地殻変動を起こしつつあるのだ。 小池百合子291万8015票▽石丸伸二165万8363票▽蓮舫128万3262票。誰が石丸氏のこの得票数を予想できただろうか。筆者は6月20日発行の当メルマガ「石丸伸二氏は『小池VS蓮舫』構図に風穴を開けられるか」で、以下のように書いた。 世界に小池氏と蓮舫氏しか存在しないかのような既存メディアの報道ぶりでは、い...more
カテゴリー:

【石丸構文】「進次郎のほうがマシ」石丸伸二氏 逆質問、堂々巡りの“構文”に批判続出「不快なだけ」 ★3 - 07月11日(木)23:12  newsplus

※7/10(水) 6:00配信 女性自身 7月7日に投開票が行なわれた東京都知事選で、一躍その名を轟かせた広島県・安芸高田前市長の石丸伸二氏(41)。選挙の結果は2位だったが、各選挙特番での言動に有権者からは厳しい視線が注がれている。 日本テレビ系の選挙特番『東京都知事選挙2024 開票速報』では、今回の都知事選で“政治屋の一掃を掲げている石丸氏に対して、同局解説委員の小栗泉氏が「東京をよくしたいというだけではない。(出馬するのは)国政でもいい、広島でもいいというのは政治屋とは違うのか?」という質問。しかし石丸氏...
»続きを読む
カテゴリー:

「信念など欠片もない政治家」選挙特番に出演した石丸伸二氏をXで13人の“オピニオンリーダー”次々批判 意外な共通点が - 07月11日(木)14:30  newsplus

※7/11(木) 6:10配信 デイリー新潮  失言から一気に“旋風”が消滅するのか、それとも強い“岩盤支持層”に支えられるのか──。7月7日に投開票された都知事選で約165万票を獲得し、2位に食い込んだ前広島県安芸高田市前市長の石丸伸二氏(41)に批判が殺到している。評価の転換点となったのが、1本の地上波特番、1本のYouTube番組、そして1本のラジオ番組だった。  ***  放送開始順に見ていこう。日本テレビは公式YouTubeチャンネル「日テレNEWS」で午後7時50分から「【都知事選ライブ】東京都知事選デジタル特番」を配信した。担...
»続きを読む
カテゴリー:

古市憲寿氏、石丸伸二氏に「出来の悪い生成AIみたいな話しぶり」「そういう戦略だったんでしょうね」 - 07月11日(木)13:00 

社会学者の古市憲寿氏が2024年7月10日、東京都知事選挙で落選した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏について言及した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

出演番組

過去の出演番組

こんなの見てる