「受験環境」とは?

関連ニュース

来春、TOEICのオンライン受験に導入予定! AI活用の監視サービス開発中 - 11月20日(金)12:00 

日本でのTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2020年4月よりニューノーマル時代の受験方法として、学校・企業などの団体が任意に設定した日時にオンラインで受験できる方式を導入している。 そして現在、オンライン受験における「本人確認」や「不正行為の防止」に対応する「AI監視サービス(仮称)」を開発中。TOEIC Program内の一部テストに関して、2021年3月よりサービスを開始する見込みだ。 場所も時間も自由な受験が可能に IIBCは、オンラインで試験を実施する際に課題となる「本人確認」や「不正行為の防止」に対し、2020年7月より「リモート試験官サービス」を導入した。これは、試験官がオンライン上で本人確認や、試験中のモニタリングをリアルタイムに行うサービスだが、各団体が設定した日時に受験者がそろってテストに臨まなければならない。 オンライン方式の導入で場所の制約はなくなったが、「リモート試験官サービス」を活用した場合、時間の自由度は低くなるということだ。 そこで、テスト・セキュリティを向上させながらも、1人1人の最適な時間に合わせたテスト実施が可能となる「AI監視サービス」の開発に着手した。 「AI監視サービス」は、受験前に本人の顔と本人確認書類を撮影したあと試験中の受験者の様子を動画で録画する。この動画をAIが解析し「受験...more
カテゴリー:

「受験環境」の画像

もっと見る

「受験環境」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる