「受診率向上」とは?

関連ニュース

健康診断で血糖値異常が見つかって精密検査で膵臓癌ステージ3で。火曜から治療入院するんだけど、心構えとか教えろ - 10月13日(日)11:09  poverty

https://digital.asahi.com/articles/ASMB83CSVMB8UTIL005.html 気分がアガる健康診断 女性の受診率、フェスでアゲたい 女性が自分の健康やとりまく社会の現状に関心をもち、ポジティブに生きていくことを後押しする「Ladyknows Fes2019」が、国際ガールズデーにあわせ、11日まで東京・渋谷で開かれている。 女性の健康診断や人間ドックの受診率は男性より低く、特に20、30代の4割前後が未受診だ。何とかしたい――。23歳の女性の強い思いが、かたちになった。  腸内細菌をポップに表したボールプー...
»続きを読む
カテゴリー:

DeNA子会社などが子宮頸がん検診の受診率向上を目指す「Blue Star Project」を発足 - 10月03日(木)18:21 

ロシュ・ダイアグノスティックスとディー・エヌ・エー(DeNA)子会社のDeSCヘルスケアは10月3日、子宮頸がん検診の受診率向上を目指す「Blue Star Project」(ブルースタープロジェクト)を共同で発足させた。子宮頸がんは、女性のがん罹患統計では5位に入り、国内の年間罹患数は約1万900例、年間死亡者数は約2900名と言われている。しかし、全世代の検診受診率は欧米諸国の70%~80%に対し、日本では42%程度と低いことから、同プロジェクトが立ち上がった。 ロシュは、臨床検査用の診断薬・機器を開発している企業。子宮頸がんについては、その原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)検査による早期発見の重要性を訴求するとともに、子宮頸がん予防のためのさまざまな啓発活動に取り組んでいるそうだ。 DeNAは、ゲームやスポーツなどの事業で培ったノウハウを生かして、楽しみながら健康を維持し、社会全体の健康寿命延伸につながることを目指した、さまざまなヘルスケアサービスの提供や研究活動を進めている。DeSCヘルスケアは、DeNAと住友商事の合弁会社で、健康組合向け保険サービスなどを提供している。 Blue Star Projectでは特設サイトを開設し、子宮頸がん検診への理解を促進することを目的としたコンテンツを配信。具体的施策の第1弾としては、神奈川県横浜市をモデル地区とした啓発活動を開...more
カテゴリー:

早期の乳がん検診で「悩み無用」! ~ピンクリボンin郡山に協賛(2019.10.13)~ - 10月11日(金)09:00 

株式会社 毛髪クリニック リーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、 以下リーブ21)は、乳がん検診受診率向上を目指す「ピンクリボンin郡山」2019実行委員会(福島県郡山市)が主催する、2019年10月13日(日)開催の『ピンクリボンin郡山』に協賛いたします。■リーブ21は、現在研究中の「抗がん剤治療の副作用による頭部の脱毛を予防軽減する機器」の開発だけではなく、ピンクリボン活動イベントを通じて「髪の悩みが少しでもなくなること」「乳がんで命を落とす方が一人でも少なくなること」を祈念しています。■『ピンクリボンin郡山』開催日時: 2019年10月13日(日)・10時~16時・入場無料開催場所:星総合病院・メグレスホール(福島県郡山市向河原町159-1)主催:「ピンクリボンin郡山」2019実行委員会(星総合病院内)【会社概要】会社名:株式会社 毛髪クリニック リーブ21代表取締役社長:岡村勝正ホームページ https://www.reve21.co.jp/本社所在地:大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MIDタワー22F設立:1993年11月資本金:40,000,000円主要サービス:頭髪の発毛施術サービス配信元企業:株式会社毛髪クリニックリーブ21プレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

「受診率向上」の画像

もっと見る

「受診率向上」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる