「取得率」とは?

関連ニュース

#子育て政策聞いてみた ママ・パパが調べまくった、次世代を重視した候補者って誰?【参院選】 - 07月18日(木)20:04 

参院選(7月21日)の候補者たちに対し、子育て政策に特化したアンケート調査を東京の市民団体が行なっている。選挙戦では年金や増税の問題が注目される中、子育てに絞って候補者の考えを「可視化」しようとするのはなぜか。代表者に聞いた。この団体は、子育て中の親が中心になってつくる市民団体「みらい子育て全国ネットワーク(miraco)」。アンケートの結果は、ホームページで公開している。アンケートでは、2019年10月から始まる幼児教育・保育の「無償化」について予算規模を「拡大すべき」「現状維持」「縮小すべき」のいずれかを問う項目や、保育士不足を解消するための最優先施策を聞く内容などがある。「子ども・子育て」政策で積極的に取り組みたいことなど、全般的なことを質問する項目もある。同じ政党に所属する候補者でも、優先すべき政策が個人によって異なるなど、特徴が出ているという。100文字以内の自由記述欄も設けており、回答内容から待機児童や子どもの貧困などの問題にどれだけ情熱があるか、その思いも透けて見える。miracoは6月下旬からアンケート調査を開始。全国の小選挙区、比例区の立候補者370人のうち、356人にアンケートを依頼し、回答があった107人(7月18日正午時点)の結果を掲載している。政党別の回答率(同日時点)は、日本共産党75%、立憲民主党52.4%、国民民主党42.9%、社会民主党42.9%、...more
カテゴリー:

子育て中の働くママ、働くパパ向けのキャリアカウンセリングサービス|お子様と一緒にキャリアカウンセリングが可能に! - 07月17日(水)16:00 

キャリア相談・転職対策サービスを提供するbros(代表:山田聖子 住所:東京都港区南青山)は、児童虐待の減少、女性活躍推進の普及、及び、男性の育休取得率向上を目的に、子育てしながらでも再就職や職場復帰など自身のキャリア構築を考えやすくする場の提供活動の一貫として、保育士資格を持つキャリアカウンセラーによるキャリア相談サービスを、7月17日(水)から開始しました。
カテゴリー:

【悲報】 日本人さん、有休義務化した結果「休み」が減ってしまう - 07月07日(日)12:53  poverty

有休義務化で「休み」が減ったケースも 罰則なしではびこる「骨抜き」手法 2019/07/07 09:50弁護士ドットコム 4月から始まった「有給休暇」の取得義務化。年10日以上の有休が付与される労働者に対し、企業は年5日以上を取得できるようにしなくてはならない。 日本の有休取得率の低さを背景に始まったこともあり、多くの企業にとっては労働者の休みが増えることになる。そこで義務化を「骨抜き」にする事例が増えているようだ。 弁護士ドットコムニュースが3月24日の記事(https://www.bengo4.com/c_5/n_9410/)で、企業がもと...
»続きを読む
カテゴリー:

【子育て】家事・育児NGの「イクジなし夫」。女性社員の夫対策に乗り出す『プラチナくるみん』企業 - 06月30日(日)14:27  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00000004-nikkeisty-life&p=1 男性に家事・育児の参加を求める声が急速に高まっている。自民党の国会議員らは男性の育児休業義務化を求める 議員連盟を立ち上げ、法制化に動き出した。女性に偏る負担を軽減し、少子化に歯止めをかける狙いだ。 家事・育児にかかわらない「イクジなし夫」は、なにも家庭内の問題にとどまらない。ワーキングマザーが思うように 仕事に打ち込めず、職場の女性活躍を阻むことに。企業も女性社員の夫対策に乗り出した。 ■夫に向けた社長からの手...
»続きを読む
カテゴリー:

子育て中の働くママ、働くパパ向けのキャリアカウンセリングサービス|お子様と一緒にキャリアカウンセリングが可能に! - 07月17日(水)16:00 

キャリア相談・転職対策サービスを提供するbros(代表:山田聖子 住所:東京都港区南青山)は、児童虐待の減少、女性活躍推進の普及、及び、男性の育休取得率向上を目的に、子育てしながらでも再就職や職場復帰など自身のキャリア構築を考えやすくする場の提供活動の一貫として、保育士資格を持つキャリアカウンセラーによるキャリア相談サービスを、7月17日(水)から開始しました。
カテゴリー:

株式会社セレス 東京都より「TOKYO 働き方改革宣言企業」として承認を受けました - 07月12日(金)15:00 

 株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)は、2019年6月12日に東京都が都内で事業を営む企業等の働き方・休み方の改善に向けた気運を高めていくために進めている「働き方改革の推進」において、「TOKYO働き方改革宣言企業」として承認されましたので、お知らせいたします。 セレスでは、オンオフの切り替えのできる、社員の働きやすい職場環境づくりを行ってまいります。宣言 オンとオフをしっかりと切り替えのできる、より時代にあった働き方のできる職場環境づくりを行います。目標 働き方の改善 時間外労働時間1人あたり月平均20時間以下を目指す。 休み方の改善 年次有給休暇の取得率70%以上を目指す。取り組み内容 働き方の改善 月中、月末において管理職に向けて労働時間の集計結果のデータを提供し、管理職による部下の労働時間管理の徹底を実施します。 休み方の改善 ・年次有給休暇の使用状況を管理職に向けてデータを提供および、人事管轄部署による年次有給休暇の取得が少ない従業員への声かけを実施します。 ・管理職が率先して従業員が年次有給休暇を取得しやすい、業務体制・職場環境を整えます。  TOKYO働き方改革宣言企業 - 株式会社セレス  https://hatarakikata.metro.tokyo.jp/s3414/■セレス 会社概要 会社名:株...more
カテゴリー:

育児をしない男は『イクジなし夫』認定 女性のみに極端に偏ってる"負担"を解消し少子化対策へとつなげるための議員連盟が発足 - 06月30日(日)15:36  poverty

男性に家事・育児の参加を求める声が急速に高まっている。 自民党の国会議員らは男性の育児休業義務化を求める議員連盟を立ち上げ、法制化に動き出した。 女性に偏る負担を軽減し、少子化に歯止めをかける狙いだ。 家事・育児にかかわらない「イクジなし夫」は、なにも家庭内の問題にとどまらない。 ワーキングマザーが思うように仕事に打ち込めず、職場の女性活躍を阻むことに。企業も女性社員の夫対策に乗り出した。 (中略) そして、これらすべてが男性の育休義務化で解決するわけでは、ない。 内閣府の15年度「少子化...
»続きを読む
カテゴリー:

「取得率」の画像

もっと見る

「取得率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる