「取引手数料」とは?

関連ニュース

CoincheckとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月26日(水)19:00 

CoincheckとDMM Bitcoinはどちらも国内で人気の高い仮想通貨取引所です。2012年に設立されたCoincheckはユニークなサービスを次々とリリースして仮想通貨業界をリードしてきたため、多くのユーザーに支持されています。一方でDMM Bitcoinは2018年1月に取引サービスをスタートしましたが、後発ながら金融ノウハウを活かした高機能な取引機能で着実に利用者を獲得しています。 どちらも初心者から上級者まで多くの投資家の支持を得ている仮想通貨取引所です。ここでは機能や手数料、取引通貨など様々な違いを比較することで、CoincheckとDMM Bitcoinがそれぞれどのような利用方法に適しているのかを分析していきましょう。 目次 Coincheckの特徴・機能まとめ 1-1. 国内最多!取り扱い仮想通貨は11種類 1-2. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ 1-3. 最大利回り5%のレンディングサービス「貸仮想通貨」 DMM Bitcoinの特徴・機能まとめ 2-1.7種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができる 2-2.トレードに適した高機能な取引ツール 2-3. 75万ダウンロード突破の取引アプリ CoincheckとDMM Bitcoinの取扱通貨・手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 各種手数料の比較 まとめ ①Coinchec...more
カテゴリー:

LINE証券の評判は?メリット・デメリットや他のネット証券との比較も - 02月22日(土)20:01 

「長期的な資産運用を」と言われることが多い昨今ですが、「投資は難しそう」「損はしたくない」など、始めるのに躊躇する方も少なくありません。 2019年8月、スマホでかんたんに投資が始められる「LINE証券」のサービスが開始されました。LINE証券は、普段使っているLINEのアプリから手軽に投資ができる初心者向けのサービスです。 今回では、このLINE証券の特徴やメリット・デメリット、評判などについて詳しく解説していきたいと思います。長期的な資産形成や手軽に始められる投資に興味のある方は参考にしてみてください。 目次 LINE証券とは?特徴・メリット 1-1.LINEアプリから手軽に利用できる 1-2.投資信託は1口100円、株式は1株数百円からの少額投資が可能 1-3.投資信託の購入手数料はすべて無料、株式の手数料も0.05%から 1-4.LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能 1-5.資産の分別管理や個人情報保護などセキュリティ対策を徹底 LINE証券のデメリット・注意点 2-1.大きな収益を狙うには不向き 2-2.NISAなどが利用できない 2-3.スプレッドに注意 他の証券会社との違い 3-1.専用アプリがなく、LINEアプリから利用できる 3-2.口座開設がスマホから可能 3-3.ライトユーザー向けに特化されている LINE証券の評判・口コミ LINE...more
カテゴリー:

CoincheckとLiquid by Quoineはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:55 

CoincheckとLiquid by Quoineはどちらも日本で有名な仮想通貨取引所として知られています。どちらも初心者から上級者まで広く利用している取引所ですが、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に向いているのかが分かってきます。そこで今回はGMOコインとLiquid by Quoineはどっちがおすすめなのか、客観的な比較などを分かりやすく解説していきます。 目次 Coincheckの特徴・機能まとめ 1-1. 取り扱い仮想通貨は11種類で国内最多! 1-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」が利用可能 1-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ Liquidの特徴・機能まとめ 2-1. 板取引に特化したサービス設計 2-2. 初心者にも優しいスマホアプリ、電話でのサポート 2-3. 顧客資金の100%をコールドウォレットで管理 CoincheckとLiquidの取扱通貨手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 各種手数料の比較 まとめ ①Coincheckの特徴・機能まとめ Coincheckは、コインチェック株式会社が2014年8月に運営をスタートした仮想通貨取引所サービスです。Coincheckは複雑になりがちな仮想通貨取引アプリケーションの中でも...more
カテゴリー:

VCTRADEとGMOコインはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:18 

日本国内の仮想通貨取引所が増加する中、ここ最近は金融機関のノウハウを持った企業が仮想通貨業界に参入するケースが増えてきました。VCTRADEとGMOコインはどちらも、グループ会社が金融サービスの提供実績がある大手企業が運営している仮想通貨取引所です。 仮想通貨取引所を選ぶ上で、その企業のバックボーンやブランド力、セキュリティなどの信頼性は重要なポイントになります。加えて、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に合っているのかが分かってきます。ここでは、VCTRADEとGMOコインを客観的に比較しながら分かりやすく解説していきます。 目次 SBIグループが運営する「VCTRADE」とは? 1-1. XRPを活用したエコシステム構築に意欲的な仮想通貨取引所 1-2. 販売所の注文に「成行」と「価格指定」の2種類がある 1-3. SBI VCトレード独自のハードウェアウォレット GMOインターネットグループの「GMOコイン」とは? 2-1. 「両建て」で損失を最小限に抑えられる 2-2.高機能な取引専用ツール 2-3. 仮想通貨FXに特化したスマホアプリ「ビットレ君」 VCTRADEとGMOコインの取扱通貨・手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 各種手数料の比較 3-3. セキュリティ対策 まとめ ①SBIグル...more
カテゴリー:

【DMM 株】米国株式の取扱銘柄追加のお知らせ - 02月20日(木)07:44 

2020年2月20日 株式会社DMM.com証券     株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役 谷川龍二)が提供する株式オンライントレード【DMM 株】は、2020年2月27日(木)現地約定分から、米国株式の取扱銘柄を28銘柄(普通株式21銘柄、米国ETF7銘柄)追加することをお知らせいたします。   「貯蓄から投資へ」の流れが思うように進まず老後の資金不足が不安視される中、【DMM 株】では投資家の皆様の資産形成をサポートすることを第一義とし、業界屈指の低コストでサービスを展開しております。 特に、少額から投資が可能な米国株式は、投資未経験者や若年層の投資の入口として非常に有用なサービスであると考えており、2019年12月には取引手数料を完全無料化いたしました。 取引手数料の完全無料化以降、これまで以上に銘柄追加のご要望をいただいておりますので、今後もお客様のご要望を中心に随時、取扱銘柄を追加する予定です。 取扱銘柄の拡充により選択肢が増えることで、お客様の資産形成に貢献できれば幸いです。   ▼追加する取扱銘柄の詳細 https://kabu.dmm.com/service/us/stock_list/add/20200227/   当社は、これからも「DMM.com証券だからできること」をテーマに...more
カテゴリー:

モルガンスタンレーのEトレード買収裏でロビンフッドはソーシャルトレーディングに向け準備 - 02月26日(水)14:00 

76億ドル(約8400億円)の価値がつく前、Robinhood(ロビンフッド)がもともと持っていたアイデアは株式取引ソーシャルネットワークだった。2013年、サンフランシスコの筆者自宅のキッチンテーブルで創業者らは、予測の正確性を争う順位表が閲覧できるフィードを用意し、そこに投稿された耳寄り情報を共有するアプリを構想していた。SEC(米証券取引委員会)承認後は、本当に稼げるような方向へ転換した。アプリで株式を売買したり、資金を借りて代金を払えるようにしたのだ。 7年経ち、ロビンフッドは巧妙に創業時の姿に戻る最初の一歩を踏み出した。同社は2月20日に「Profiles」(プロファイル)を立ち上げた。現段階ではユーザーは、自身のポートフォリオに関する分析結果を見ることができる。例えば株式、オプション、仮想通貨などの商品別、あるいはセクター別に持ち高がどう分布しているかわかる。ユーザー名と写真を備えたプロファイルでは、株式その他の資産のリストを自作の形式やロビンフッド提供の形式で作成してフォローできる。 プロファイルは、ロビンフッドの顧客にもっと多くの取引を行う自信を与え、他の証券会社に顧客が流出するのを防ぐ。Charles Schwab(チャールズシュワブ)、Ameritrade(アメリトレード)、E-Trade(Eトレード)などはロビンフッドに合わせて、取引手数料を無料にした。Wal...more
カテゴリー:

LINE証券の評判は?メリット・デメリットや他のネット証券との比較も - 02月22日(土)20:01 

「長期的な資産運用を」と言われることが多い昨今ですが、「投資は難しそう」「損はしたくない」など、始めるのに躊躇する方も少なくありません。 2019年8月、スマホでかんたんに投資が始められる「LINE証券」のサービスが開始されました。LINE証券は、普段使っているLINEのアプリから手軽に投資ができる初心者向けのサービスです。 今回では、このLINE証券の特徴やメリット・デメリット、評判などについて詳しく解説していきたいと思います。長期的な資産形成や手軽に始められる投資に興味のある方は参考にしてみてください。 目次 LINE証券とは?特徴・メリット 1-1.LINEアプリから手軽に利用できる 1-2.投資信託は1口100円、株式は1株数百円からの少額投資が可能 1-3.投資信託の購入手数料はすべて無料、株式の手数料も0.05%から 1-4.LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能 1-5.資産の分別管理や個人情報保護などセキュリティ対策を徹底 LINE証券のデメリット・注意点 2-1.大きな収益を狙うには不向き 2-2.NISAなどが利用できない 2-3.スプレッドに注意 他の証券会社との違い 3-1.専用アプリがなく、LINEアプリから利用できる 3-2.口座開設がスマホから可能 3-3.ライトユーザー向けに特化されている LINE証券の評判・口コミ LINE...more
カテゴリー:

CoincheckとLiquid by Quoineはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:55 

CoincheckとLiquid by Quoineはどちらも日本で有名な仮想通貨取引所として知られています。どちらも初心者から上級者まで広く利用している取引所ですが、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に向いているのかが分かってきます。そこで今回はGMOコインとLiquid by Quoineはどっちがおすすめなのか、客観的な比較などを分かりやすく解説していきます。 目次 Coincheckの特徴・機能まとめ 1-1. 取り扱い仮想通貨は11種類で国内最多! 1-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」が利用可能 1-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ Liquidの特徴・機能まとめ 2-1. 板取引に特化したサービス設計 2-2. 初心者にも優しいスマホアプリ、電話でのサポート 2-3. 顧客資金の100%をコールドウォレットで管理 CoincheckとLiquidの取扱通貨手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-3. 各種手数料の比較 まとめ ①Coincheckの特徴・機能まとめ Coincheckは、コインチェック株式会社が2014年8月に運営をスタートした仮想通貨取引所サービスです。Coincheckは複雑になりがちな仮想通貨取引アプリケーションの中でも...more
カテゴリー:

VCTRADEとGMOコインはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:18 

日本国内の仮想通貨取引所が増加する中、ここ最近は金融機関のノウハウを持った企業が仮想通貨業界に参入するケースが増えてきました。VCTRADEとGMOコインはどちらも、グループ会社が金融サービスの提供実績がある大手企業が運営している仮想通貨取引所です。 仮想通貨取引所を選ぶ上で、その企業のバックボーンやブランド力、セキュリティなどの信頼性は重要なポイントになります。加えて、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に合っているのかが分かってきます。ここでは、VCTRADEとGMOコインを客観的に比較しながら分かりやすく解説していきます。 目次 SBIグループが運営する「VCTRADE」とは? 1-1. XRPを活用したエコシステム構築に意欲的な仮想通貨取引所 1-2. 販売所の注文に「成行」と「価格指定」の2種類がある 1-3. SBI VCトレード独自のハードウェアウォレット GMOインターネットグループの「GMOコイン」とは? 2-1. 「両建て」で損失を最小限に抑えられる 2-2.高機能な取引専用ツール 2-3. 仮想通貨FXに特化したスマホアプリ「ビットレ君」 VCTRADEとGMOコインの取扱通貨・手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 各種手数料の比較 3-3. セキュリティ対策 まとめ ①SBIグル...more
カテゴリー:

VCTRADEとCoincheckはどっちが良い?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月13日(木)17:41 

日本国内の仮想通貨取引所が増加する中、ここ最近はディーカレットや楽天ウォレットなどの金融機関のノウハウを持った企業が仮想通貨業界に参入するケースが増えてきました。 VCTRADEはSBIグループが培った金融業としてのノウハウを活用し、運営やセキュリティ確保に取り組んでいる仮想通貨取引所です。VCTRADEでは、SBIグループが国際送金ソリューション提供する米リップルと協業していることもあり、XRPを中心としたサービス展開が行われていることが特徴です。 同様に金融機関をグループ会社にもつ仮想通貨交換業者の中で有名な取引所のひとつにマネックスグループ参加のCoincheckがあります。2018年4月にマネックスグループ株式会社によって完全子会社化されたCoincheckは、仮想通貨を貸し出す「レンディング」や毎月仮想通貨を自動で積み立てる「Coincheckつみたて」といったユニークなサービスを提供していることで人気を博しています。 ここではCoincheckとVCTRADEについて、特徴や機能、手数料、サービスなど徹底比較して解説します。自分にあった仮想通貨取引所を選ぶ際の参考にしてください。 目次 SBIグループが運営する「VCTRADE」とは? 1-1. XRPを活用したエコシステム構築に意欲的な仮想通貨取引所 1-2, NASDAQマッチングエンジン搭載のVCTRADE Pr...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「取引手数料」の画像

もっと見る

「取引手数料」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる