「反トラスト法違反」とは?

関連ニュース

グーグルの「らしさ」は、いまも保たれている:スンダー・ピチャイが語るグーグルの現在とこれから(後編) - 07月03日(金)08:00 

グーグルとアルファベットの最高経営責任者(CEO)を兼務するスンダー・ピチャイのもとには、さまざまな難題が山積している。反トラスト法違反や企業方針に対する従業員からの抗議、多様性の実現、そして新型コロナウイルスの影響まで──。グーグルの現在とこれからについてピチャイが『WIRED』US版に語ったインタヴューの後編では、話題は中国やトランプ大統領への対応にも話が及んだ。
カテゴリー:

わたしたちは「ニューノーマル」に適応していく必要がある:スンダー・ピチャイが語るグーグルの現在とこれから(前編) - 07月02日(木)08:00 

グーグルとアルファベットの最高経営責任者(CEO)を兼務するスンダー・ピチャイのもとには、さまざまな難題が山積している。反トラスト法違反や企業方針に対する従業員からの抗議、多様性の実現、そして新型コロナウイルスの影響まで──。グーグルの現在とこれからについて、ピチャイが『WIRED』US版に語ったインタヴューの前編。
カテゴリー:

MicrosoftがFacebookボイコットキャンペーンとは無関係にFacebook/Instagramへの広告出稿を停止していたとの報道 - 07月02日(木)17:39 

headless 曰く、Microsoftが5月からFacebookとInstagramへの米国向け広告出稿を停止しており、対象を最近全世界に拡大したとAxiosが報じている(Axiosの記事、 Neowinの記事、 On MSFTの記事、 Softpediaの記事)。 Axiosが閲覧したMicrosoft社内のチャットログによれば、CMOのクリス・カポセラ氏が従業員の質問に答える形で、広告出稿停止を明らかにしているという。カポセラ氏はFacebookやInstagramと協議しているとも述べているが、8月いっぱいは広告出稿停止が続くとの見方を示しているとのこと。 広告出稿停止は不適切なコンテンツと並べて広告が表示されることが理由とされ、タイミング的にもメジャーブランドに広がるStop Hate for Profitキャンペーンによる広告出稿停止とは無関係だ。ただし、不適切なコンテンツの例としてはヘイトスピーチやポルノ、テロリスト関連が挙げられているそうだ。 Axiosの情報提供者は内容が正確であることを確認しているが、Microsoftはコメントを拒否したとのことだ。 すべて読む | ITセクション | マイクロソフト | YRO | Facebook | 広告 | 関連ストーリー: ...more
カテゴリー:

「反トラスト法違反」の画像

もっと見る

「反トラスト法違反」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる