「原辰徳」とは?

関連ニュース

工藤鷹vs原巨人! 日本シリーズは死闘必至の“サバイバルマッチ” - 10月19日(土)20:12 

 19日開幕の日本シリーズは巨人・原辰徳(61)、ソフトバンク・工藤公康(56)両監督にとってメンツをかけたサバイバルマッチになる。2人とも最高首脳から至上命令が出されているからだ。
カテゴリー:

青森山田の堀田投手に巨人が指名あいさつ - 10月18日(金)21:29 

17日のプロ野球ドラフト会議で、青森山田高3年のエース堀田賢慎を1位指名した巨人の長谷川国利スカウト部長と柏田貴史スカウトが18日、指名あいさつのため、青森市の同校を訪れた。堀田を「スケールが大きく、まだまだ伸びる部分がある」と評価した上で、「全面的に成長をバックアップしたい」と約束した。長谷川スカウト部長と柏田スカウトは、原辰徳監督がドラフト会議で身に着けたサイン入りのIDカードを堀田にプレゼント。長谷川部長は以前から堀田と直接会って話をしていたことを明かし、「自分の意志をしっかり持ち、はき…
カテゴリー:

巨人・原監督、また外れ外れ…それでも「95点」/ドラフト - 10月18日(金)07:16 

プロ野球ドラフト会議(17日、グランドプリンスホテル新高輪)巨人・原辰徳監督(61)は「バランスのいいドラフトができた。95点くらい」と総括した。3球団競合の星…
カテゴリー:

【1勝10敗】原辰徳さんのドラフトくじ運wnwnwnwnwnwnw - 10月17日(木)22:30  livejupiter

2001 ×寺原(→真田) 2006 ×堂上直(→坂本) 2007 ×由規(→藤村) ×大場 ×篠田(→村田透) 2008 ○大田 2013 ×石川(→小林) 2018 ×根尾 ×辰己(→高橋優) 2019 ×奥川 ×宮川(→堀田) ...
»続きを読む
カテゴリー:

ドラフト会議で緊張の一瞬。指名された注目選手たちは何を語った? - 10月17日(木)18:35 

プロ野球ドラフト会議が、10月17日に都内で行われた。4球団が競合した佐々木朗希投手(大船渡)は、ロッテが交渉権を引き当てた。大船渡高校で様子を見守った佐々木投手は、「ここがスタートライン。期待にこたえられるように、一生懸命頑張っていきたいと思います」と前向きに語った。巨人、阪神、ヤクルトの3球団による抽選となった奥川恭伸投手(星稜)はヤクルトが交渉権を獲得。ヤクルトの高津臣吾監督は当たりくじを高々と掲げて喜び、巨人の原辰徳監督は苦い表情を見せた。強張った表情で抽選を見守っていたが、「正直、不安な部分がたくさんあった中で、こうして指名をいただいてホッとしました」と安心した表情を見せた。「どこに行っても頑張っていこうと決めていた」といい、ヤクルトについても「チームとファンの方が一体となっていて温かみのあるチームという印象があるので、早くチームに溶け込んで、活躍できるように頑張りたい」と語った。東邦高校の石川昴弥選手も緊張した面持ちで抽選の様子を見守っていたが、地元の中日ドラゴンズが交渉権を獲得すると、思わず笑みをこぼした。中日の与田剛監督が「すぐに会いにいきます」とラブコールを送れば、石川選手も「地元の球団なので嬉しく思っています」と嬉しそうな表情。「いろんな人から応援される選手になりたい。自分が優勝に貢献できるようにやっていきたい」と意気込んでいた。
カテゴリー:

【江尻良文の快説・怪説】工藤鷹vs原巨人! 日本シリーズは死闘必至の“サバイバルマッチ” - 10月19日(土)15:00 

19日開幕の日本シリーズは巨人・原辰徳(61)、ソフトバンク・工藤公康(56)両監督にとってメンツをかけたサバイバルマッチになる。2人とも最高首脳から至上命令が…
カテゴリー:

田尾氏がみた巨人の強さ - 10月18日(金)10:00 

 原辰徳監督が2015年以来監督復帰した今季、巨人は5年ぶりにリーグ優勝を達成した。クライマックス・シリーズでも、3位・阪神とのファイナルステージを1勝のアドバンテージを含む4勝1敗で、6年ぶりの日本…
カテゴリー:

原辰徳「>>5なドラフトだった」 - 10月17日(木)23:16  livejupiter

原辰徳「>5なドラフトだった。 >10を狙っていたのだが結果的に>20という結果になってしまった。 加えて>25も>30だった。」 ナベツネ「>35」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

巨人・原監督、1位指名の堀田は「将来性のある素晴らしい投手」 - 10月17日(木)19:42 

 青森山田高の右腕・堀田賢慎が17日に行われた2019年度のプロ野球ドラフト会議で、巨人に1位指名された。  奥川恭伸(星稜高)、宮川哲(東芝)を外しての“外れ外れ1位”となったが、巨人の原辰徳…
カテゴリー:

プロ野球ドラフト会議、くじ運が最強と最弱の球団は?過去10年間の抽選勝率を比べてみた【2019年版】 - 10月17日(木)13:20 

プロ野球の新人戦選択(ドラフト)会議が10月17日午後5時から開かれる。2019年の目玉選手として、163キロ右腕・佐々木朗希投手(大船渡高)や甲子園準優勝投手・奥川恭伸投手(星稜高)などが上がっている。ドラフト会議でおなじみとなっているのが、指名選手が被った際のくじ引きだ。引き当てた球団が、はれて選手との交渉権を獲得する。 チームの将来を大きく左右するかもしれない重要なくじ引き。強運なチーム、運のないチームはそれぞれどこなのか。日本野球機構(NBP)や日刊スポーツのデータを基に、ここ10年のドラフト会議での、各球団のくじ引きの勝率を以下にまとめた。(※対象は、2009年〜2018年の直近10年。1位指名が重なった選手について、各球団のくび引きの勝率を算出。外れ1位は含まない)同率首位:中日(4勝4敗=5割)勝ち:2018年(根尾昂、4球団)2016年(柳裕也、2球団)、2011年(高橋周平、3球団)、2008年(野本圭、2球団)負け:2017年、15年、13年、09年同率首位:ロッテ(4勝4敗=5割)勝ち:2018年(藤原恭大、3球団)、2015年(平沢大河、2球団)、2013年(石川歩、2球団)、2011年(藤岡貴裕、3球団)負け:2017年、16年、12年、10年同率首位:西武(2勝2敗=5割)勝ち:2010年(大石達也、6球団)、2009年(菊池雄星、6球団)負け:2017...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「原辰徳」の画像

もっと見る

「原辰徳」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる