「原美術館」とは?

関連ニュース

上原コレクション名品選3 ―新収蔵品を初公開― - 07月07日(火)12:00 

2020年7月7日 公益財団法人 上原美術館 上原コレクション名品選3 ー新収蔵品を初公開ー    上原美術館の収蔵品を紹介する「上原コレクション名品選」。今回は、新収蔵・初公開となる平安時代の≪二天像(にてんぞう)≫と、新収蔵の梅原龍三郎≪朝暉(ちょうき)≫を中心にご紹介します。  仏教館でご紹介するのは2019年度に新たに収蔵し、初公開となる平安時代後期の≪二天像≫です。内なる怒りを静かにこめた武神の姿であらわされたその像は、寺院や仏法、人々を守ります。ほぼ等身大での姿は、見るものに畏敬の念を抱かせるほどの力強さをたたえています。本展ではこの二天像とともに、上原美術館が所蔵する全ての仏像を一堂にご紹介します。  近代館では、雄大な桜島の風景を描いた梅原龍三郎≪朝暉≫(新収蔵)を中心に、画家たちが描いた「美しき大地」の情景をご紹介します。また小企画展では、ルネサンス期の画家、アルブレヒト・デューラーの三大銅版画の一つ≪書斎の聖ヒエロニムス≫(新収蔵)を初公開します。  新たなコレクションが仲間入りした上原コレクションをどうぞお楽しみください。   ―展覧会の見どころ   【仏教館】 ① 平安の守護神、二天像(にてんぞう)が初公開  仏教館は、平安時代後期に造られた、迫力に満ちた等身大の二天像を初公開します。二天像は寺院の入口にあたる山門や、本尊...more
カテゴリー:

「原美術館」の画像

もっと見る

「原美術館」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる