「原爆投下」とは?

関連ニュース

プーチンの側近「日本は反ロシア運動のリーダーだ!」 - 08月19日(金)19:41  news

タス通信によると、ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記は19日、原爆投下77年となる広島や 長崎での平和式典で、ロシアが核兵器使用を準備しているかのように非難されたとして不満を示 し「日本は世界的なロシア嫌悪運動でリーダーになろうと全力を挙げている」と主張した。 プーチン大統領の最側近として知られるパトルシェフ氏は、ウズベキスタンの首都タシケントで行 われた上海協力機構(SCO)の安保担当者会合で「米国とその属国」は「歴史の書き換えなど、破 廉恥なうそにすり寄ることをためらわない」と指摘。「その例...
»続きを読む
カテゴリー:

近衛「陛下、もはや日本の勝利は不可能です…」昭和天皇「アメリカに一発ギャフンと言わせてから講話しろ」そして原爆投下へ - 08月15日(月)17:47  poverty

より具体的に昭和天皇の具体的な意識と判断を含めて責任を追及する声もある。 昭和20年(1945年)2月14日に近衛文麿元首相(終戦後、戦犯指名により自殺)は敗戦を確信して天皇に上奏文を出し、 敗北による早期終結を決断するように求めたが[13]、天皇は「もう一度敵をたたき、日本に有利な条件を作ってから」の方がよいと判断、これを拒否したという。 このことは、少なくともある局面では天皇が能動的判断で戦争の継続を選択していることを意味するとも取れ、またこのときの判断次第ではそれ以降の敵味方の損害はなかった可能性を...
»続きを読む
カテゴリー:

体験者の高齢化に直面 次代の伝承者養成に尽力【戦後77年とくしま 記憶を紡ぐ】(下) - 08月15日(月)12:00 

 悲惨な戦争体験の記憶をどう紡いでいくのか。県遺族会の「語り部事業」は、体験者の高齢化という課題に直面している。そんな中、広島市と長崎市は、被爆者の証言を引き継ぐ「被爆体験伝承者」の養成に力を入れている。 「広島と長崎では原爆投下後、あらゆる場所で焼け残りの材木の上に死体を乗せて焼いていた。中には小学生の子どもがたった一人で、きょうだいの死体を焼いたという証言もある」。長崎の被爆2世で、小中高校時代を徳島で過ごした沖西慶子さん(57)=広島市、ビオラ奏者=は静かな口調で語った…
カテゴリー:

【終戦の日】太平洋戦争は「過去」ではない。10枚のカラー化写真は訴える - 08月15日(月)07:00 

『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』に掲載された戦時中の写真2022年8月15日で終戦から77年を迎えた。戦時中にカラーフィルムは普及していなかったため、現存する写真の多くはモノクロだ。色彩が失われた光景は「歴史上の出来事」という印象を強く感じさせる。それでいいのだろうか?そんな問題意識から、人工知能(AI)の技術を使って戦前~戦後のモノクロ写真をカラー化する「記憶の解凍」プロジェクトが2017年から始まった。その成果の一部が2020年7月、『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社新書)として出版された。著者は東大大学院の渡邉英徳教授と、東大1年生(当時)の庭田杏珠さん。2人がAIを使ってカラー化してきた写真が収められている。渡邉教授は本の冒頭で、以下のように書いている。「カラー化によって、白黒の世界で『凍りついて』いた過去の時が『流れ』はじめ、遠いむかしの戦争が、いまの日常と地続きになります。そして、たとえば当時の世相・文化・生活のようすなど、写し込まれたできごとにまつわる、ゆたかな対話が生みだされます」■終戦を10枚の写真で振り返るハフポスト日本版では著者と出版社の許可を得て、『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』に掲載されたカラー写真から、敗色が濃厚となった1945年初頭から終戦にかけての様子を10枚の写真で振り返ることにした。日本列島へ...more
カテゴリー:

8月だから見たい 心に焼き付いた、後世に伝えたい「戦争を描いた映画」20作 - 08月14日(日)12:00 

お盆に夏休み、楽しいイベントが盛りだくさんの8月ですが、毎年、私たち日本人が忘れてはならないいくつかの日があります。今年は広島と長崎への原爆投下、太平洋戦争終結から77年。日本での戦争体験者は年...
カテゴリー:

岸信夫氏めぐる「捏造ツイート」駐英ロシア大使館が拡散。「フェイクです。ご訂正願います」と本人 - 08月16日(火)11:49 

カンボジアで開かれた日本・ASEAN防衛相会合を参加した際の岸信夫氏(2022年6月22日撮影)駐英ロシア大使館の公式Twitterは日本時間8月16日、岸信夫・首相補佐官が「ウクライナを非難するツイートして削除された」という趣旨の投稿をした。削除前の投稿とされる画面キャプチャを添付したが、岸氏本人は同日、「私のツイートは元々存在しません。フェイクです」と否定した。■駐英ロシア大使館が拡散した「岸氏のツイート」とは?岸氏の「捏造ツイート」を投稿する駐英ロシア大使館の公式Twitterロシア軍のウクライナ侵攻開始から約1週間後にあたる3月4日、ウクライナ南部のザポリージャ原発はロシア軍に制圧された。8月5日以降、同原発への攻撃が相次いでおり、ロシアとウクライナ双方が相手による攻撃だと非難している。今回の駐英ロシア大使館の投稿は、こうした状況を受けたもの。岸氏がザポリージャ原発への攻撃を「ウクライナのミサイル」と断定し、このままでは広島の原爆投下と同じ惨事が起こると警告するという趣旨のツイートをしているとするものだった。駐英ロシア大使館は「日本の特別顧問による削除されたツイート。何とも言うことができません」として画像を添付した。その画像には、岸氏の「削除されたツイート」されるものが写っていた。8月11日午前11時44分のタイムスタンプで、岸氏のアカウント名で「世界は核災害の危機に瀕して...more
カテゴリー:

原爆投下の朝、届かなかった出産祝い 手帳申請を拒んだ母の苦悩 - 08月15日(月)12:30 

 失って初めて知る親の思いがある。東京都町田市の竹中清史さん(83)もそうだった。 1945年8月6日。当時6歳の竹中さんは、広島市に住んでいた。朝食を終え、布団を片付けるため、2階に上がろうとしたと…
カテゴリー:

原爆投下から77年…サンフレッチェ広島、平和発信への思い「被爆地にあるクラブの使命」 - 08月15日(月)07:30 

 8月6日、広島は77回目の原爆の日を迎えた。原子爆弾が投下された時刻の午前8時15分、サンフレッチェ広島は今年もSNSにメッセージを掲載した。 「サッカーができる喜び、スポーツができる喜び、この街で
カテゴリー:

核による“人類の自殺”まで秒読み段階。暴走プーチンが握る世界の命運 - 08月15日(月)05:00 

2021年に核兵器の法的禁止を謳う「核兵器禁止条約」が発効するも、プーチン大統領の核使用をちらつかせる威嚇等もあって、核軍縮の流れが大きく停滞しています。このまま世界は核軍拡の方向に傾いてしまうのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田さんが、現在国際社会が直面しているさまざまな危機を詳説。さらにロシアの核兵器が今後の核軍縮・核廃絶の動きを大きく左右するとしてその根拠を解説するとともに、ウクライナ戦争の即時停戦の重要性を説いています。 この記事の著者・島田久仁彦さんのメルマガ初月無料で読む   核兵器は過去の遺産か?それとも現在進行形の未来に向けた脅威か? 8月1日には国連本部(ニューヨーク)でNPT再検討会議が開幕し、8月6日には広島で、8月9日には長崎で原爆投下から77年目の式典が開催された「核兵器ウィーク」となりました。 それらすべての会議や式典で岸田総理は演説を行いましたが、その中で【77年前の原爆投下の悲劇と記憶を忘れてはならない】という過去から現在、そして未来に向けてのメッセージと【核なき世界の実現に向けた決意】が述べられました。 同時に【現在進行形で継続しているロシアによるウクライナ侵攻(ウクライナでの戦争)において、常にロシアによる核兵器使用の脅威が存在していることへの“懸念”と“非難”】...more
カテゴリー:

「早く帰りたい」子どもは言うけど… 8月、長崎を訪れた親子連れは - 08月14日(日)08:00 

 原爆投下から77年を迎えた長崎。8月に長崎市を訪れる人の中には、夏休みの親子連れも目立つ。親子でどう学び、伝えているのか。10日、長崎原爆資料館や平和公園で尋ねた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる