「厚生年金」とは?

関連ニュース

公明、全世代型社会保障の議論スタート - 11月18日(月)19:48 

 公明党は18日、国会内で会合を開き、全世代型社会保障制度改革に関する議論を始めた。この日は短時間労働者への厚生年金の適用拡大について「今まで適用されていない中小・小規模事業者に適用されれば、(保険料などの)使用者負担が出てくる。支援策を考えなければならない」などの意見が出た。一定の収入がある高齢者の年金を減らす在職老齢年金の見直しも議題となった。
カテゴリー:

脳・心臓疾患の労災認定、トラック運転手が断トツ…16時間労働&無賃労働は当たり前 - 11月17日(日)07:10 

年金以外に「老後資金2000万円」が必要――金融庁が6月に発表した報告書は、国民の老後生活に不安の波紋を広げた。だが、この数字は厚生年金に加入する普通のサラリーマンの生計がモデル。国民年金に頼るしかない自営業者などにとって、将来不安は底知れない。現役時代にたとえ満額の保険料を25...
カテゴリー:

パートなどへの厚生年金 適用拡大 与党との調整が.. - 11月15日(金)17:16 

パートなどへの厚生年金 適用拡大 与党との調整が本格化 #nhk_news
カテゴリー:

【働いたら負け】働く高齢者の年金減額 月収51万円以上の方針固まる - 11月13日(水)20:53  newsplus

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000169124.html 働く高齢者の年金減額 月収51万円以上の方針固まる [2019/11/13 20:04]  収入が多い高齢者の年金を減らす制度について、厚生労働省は減らす対象の基準額を引き上げる方針を固めました。  働いていて一定以上の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金制度」は支給額を抑えられる一方で高齢者の働く意欲を奪っているとの指摘がありました。現在は「月額47万円以上」の収入がある65歳以上を対象としていますが、厚労省はこれを「51万円以上...
»続きを読む
カテゴリー:

在職老齢年金 「月51万円超」減額案、厚労省が提示 経団連など慎重論  - 11月13日(水)20:18 

 厚生労働省は13日、働いて一定以上の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金」について、減額基準を賃金と年金で「月51万円超」とする修正案を社会保障審議会年金部会に示した。委員から理解を示す声があった一方、65歳以上が対象の制度だけで年700億円の追加支出が必要で、経団連などが慎重論を唱え
カテゴリー:

「国民年金、年金額は月約6万5000円」← これでどうやって暮らしてけばいいねん・・・ - 11月17日(日)16:36  poverty

「年金未払い学生」だった48歳以上の人はヤバイ 将来、国民年金を満額もらえない可能性が https://toyokeizai.net/articles/-/309920 1991年3月以前に学生時代を過ごした世代には、国民年金に「任意未加入」だった期間があるかもしれない。 卒業後、会社勤めで厚生年金に加入してきたから大丈夫と思い込んでいると、老後受給できる年金額が「まさか」なことになるかも…(写真:U-taka/PIXTA) 政府による5年に1度の「年金財政検証」の結果が8月末に公表されました。年金水準は約30年後に現在より約2割下がる見通しなども示され...
»続きを読む
カテゴリー:

厚生年金適用企業拡大 まず「100人超」で調整か - 11月15日(金)20:48 

 自民、公明両党は15日、年金改革の具体案のとりまとめに向けた議論を本格化させた。焦点の一つの厚生年金の短時間労働者への適用拡大を巡っては、企業規模要件を緩和するとの政府方針に自民党内で賛否が交錯。一方、公明党では、働いて一定以上の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金」の減額基準の引き上
カテゴリー:

年金改正案に負担増の企業は“悲鳴” 延びる老後、苦心の制度改革 - 11月15日(金)05:00 

 厚生年金の制度改正案の骨格が出そろった。政府の年金制度改正は、高齢者の就労意欲をそがずに年金制度の支え手になってもらうとともに、老後の長期化で低年金の人が生活に困らないようにする狙いがある。安倍晋三首相が議長を務める全世代型社会保障検討会議の議論を経て来年の通常国会に関連法案提出を目指すが、負担増となる経済界は反発している。
カテゴリー:

なぜ65歳以上の高齢者が障害年金を請求しても断られるのか? - 11月13日(水)20:31 

病気や怪我で働くことが困難になった場合に請求することができる障害年金制度ですが、65歳以上の方々の障害年金新規請求は原則として不可なのだとか。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、障害年金の詳細な説明と高齢者の新規請求について、そして65歳以降でも請求ができるケースについても説明しています。 65歳以降に新規で障害年金を請求する事は原則として不可になってしまう 年金には病気や怪我で働くのが困難になった場合の保障として、障害年金制度が用意されています。最近は障害年金の周知が広まってきた事もあり、すこーしずつ知ってる人が増えてきたのかなと思います。とはいえほとんどの人が知らないのが現状。しかしその存在は知っていても年金制度自体が複雑すぎるために、理解自体はそんなに進んでいないです。 さて、障害年金は重い病気や怪我になると、初診日(初めて病院行った日)から1年6ヶ月経てば請求できる(例外はいろいろありますがこの記事では割愛)という話にはなりますが、請求にはリミットがあります。歳を取って体が不自由になったら障害年金を…という事をたまに言われたりしますが、高齢になってからの障害年金の請求というのはごくごく一部の例外を除いて不可。65歳になると障害年金の新規の請求というのはできなくなる。 なので高齢になって例えば要介護状態になったか...more
カテゴリー:

反発も 厚生年金の適用拡大に壁 - 11月13日(水)20:18 

年金制度改革の最大の焦点はパートなどの短時間労働者への厚生年金の適用拡大と、働いて一定以上の収入がある人の年金を減らす在職老齢年金制度の見直しだ。このうち適用拡...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「厚生年金」の画像

もっと見る

「厚生年金」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる