「厚労省」とは?

関連ニュース

【MEDIFAX】 20年度診療報酬改定の基本方針を公表.. - 12月10日(火)17:38 

【MEDIFAX】 20年度診療報酬改定の基本方針を公表  厚労省:  厚生労働省は10日、2020年度診療報酬改定の基本方針を公表した。社会保障審議会・医療部会と医療保険部会で議論し、決定した。基本的視点として、「医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進」を重点...
カテゴリー:

【日刊薬業】「抗微生物薬適正使用の手引き」、第.. - 12月10日(火)15:20 

【日刊薬業】「抗微生物薬適正使用の手引き」、第二版を公表  厚労省: …
カテゴリー:

住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは - 12月10日(火)07:08 

 元厚生労働事務次官の村木厚子さん(63)が、「住まいの貧困」の解決に取り組んでいる。高齢者や障害者、生活困窮者らが住居を借りる際にサポートをする「居住支援法人」の全国組織、全国居住支援法人協議会を6月に設立し、共同代表に就任した。厚労省時代に冤罪(えんざい)事件を経験し、現在は犯罪を繰り返す累犯障
カテゴリー:

【経済】消費増税の「悲惨すぎる結果」が判明…日本の景気、打つ手はあるのか - 12月09日(月)17:50  bizplus

本コラムの読者であれば、10月からの消費増税によって深刻な景気問題が起こっていることは予想どおりだろう。 ここ10日間に、10月の経済指標が出てきたが、それらはおしなべて景気後退を示唆するものばかりだ。いよいよ統計上も、消費増税による日本経済の悪化が明らかになってきたといえる。 以下、具体的な数字を並べてみよう。 経産省が11月28日に発表した10月の商業動態統計によれば、卸売業は前月比▲8.2%、前年同月比▲10.0%、小売業では前月比▲7.1%、前年同月比▲14.4%といずれも大幅な低下。 財務省が11月28日に発...
»続きを読む
カテゴリー:

妊婦税「断念」報道に厳しい声。「この国は少子化を進める気?」 - 12月09日(月)12:03 

妊婦が受診した際、妊婦や胎児に配慮した丁寧な診療が必要として2018年に導入され批判が多く挙がっていた「妊婦加算」を廃止する方針であると厚生労働省が発表したと、朝日新聞、日本経済新聞が報じた。一律に加算されてしまう仕組みから「妊婦税」と呼ばれて批判の的となった「妊婦加算」。廃止後は、妊婦をふくめた患者が普段から通う医療機関が、別の医療機関と情報共有をした場合に追加負担を求める新たな制度をつくるという。 「妊婦税」との批判を浴び、開始から1年もたたず凍結した「妊婦加算」。厚生労働省は2019年度で妊婦加算を廃止する方針で、妊婦に限らず丁寧な診療につなげる場合に医療費を上乗せする新たな仕組みを検討します。https://t.co/eJxQ6sPCRJ — 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) December 6, 2019 「妊婦税」などの批判が出て凍結していた妊婦加算について、厚労省は廃止する方針を決めました。かわりに、妊婦に限らず患者が普段から通う医療機関が、別の医療機関と情報共有をした場合に追加負担を求める新たな制度をつくるといいます。https://t.co/mhhjquYJaI — 朝日新聞医療サイト「アピタル」 (@asahi_apital) December 6, 2019 日本経済新聞によると、厚生労働省は妊婦が医療機関で診療を受けると自己負担が上乗せされる「妊...more
カテゴリー:

【MEDIFAX】 メトホルミン含有製剤の「NDMA」分析.. - 12月10日(火)16:01 

【MEDIFAX】 メトホルミン含有製剤の「NDMA」分析を指示  厚労省、製販15社に対し: …
カテゴリー:

厚労省 メトホルミンにもNDMA、シンガポールの発.. - 12月10日(火)08:38 

厚労省 メトホルミンにもNDMA、シンガポールの発表受け分析指示 | 医薬経済社
カテゴリー:

【日刊薬業】メトホルミン含有製剤の「NDMA」分析.. - 12月09日(月)21:58 

【日刊薬業】メトホルミン含有製剤の「NDMA」分析を指示  厚労省、製販15社に対し: …
カテゴリー:

「不妊治療」中国人患者受け入れが日本の医療を救う - 12月09日(月)15:34 

「日本で男女の産み分けができる産婦人科医を紹介して貰えないでしょうか。御礼は支払います」知人の中国人女性から相談を受けた。この女性は、生殖医療を希望する中国人カップルを海外の医療機関に斡旋することを生業としている。その中には日本の医療機関も含まれる。中国では不妊治療を求めるカップルが激増している。きっかけは2015年10月に中国で「1人っ子政策」が解除されたことだ。1979年に導入されたこの制度は、中国に急速な高齢化をもたらした。2015年に15.2%だった60歳以上の割合は、2050年には36.5%に達する。高齢化に喘ぐ日本の60歳以上の割合は2015年で33.1%だ。いまの日本以上になる。中国人の対応は迅速だった。彼らは国家に頼らない。助けてくれるのは家族だけと割り切っている。やることは極端だ。2016年には61歳の女性が生殖補助技術を用いて出産した。30歳の娘が病死したため、新たな子どもを欲したのだ。1人っ子政策が終わると、中国人カップルは一斉に子どもを作り始めた。驚くべきことだが、2017年には第2子の出生数が第1子を上回った。2018年のわが国の状況は、第1子が42.6万人、第2子が33.8万人、第3子以降が15.4万人だ。中国の状況が如何に異様かおわかり頂けるだろう。「不妊治療は日本」を望む中国人第2子を願う中国人は問題に直面する。それが不妊症だ。日本では、不妊症は老化...more
カテゴリー:

インターバルを活用し健康確保 厚労省シンポ - 12月09日(月)10:11 

 厚生労働省は勤務間インターバル制度導入促進シンポジウムを東京都内で開催した=写真。  シンポジウム第1部では、早稲田大学教育学部の黒田祥子教授が「働き方改革と勤務間インターバル制度」と題する基調講演を行った。  労働時間が週当たり50時間を超えると労働者のメンタルヘルスは悪化、生産性も激減すると報告。労働者の勤務体系は様ざまなので、実態把握を行い、「オフの時間の確保」を優先すべきと述べた。……[続きを読む]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「厚労省」の画像

もっと見る

「厚労省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる