「即位礼正殿」とは?

関連ニュース

【高論卓説】米英、深刻な国論分裂と混迷 急激に進んだ国内格差拡大が要因 - 11月22日(金)05:00 

日本では先月、世界183カ国より賓客を招き、「即位礼正殿の儀」が無事終了した。天皇陛下の宣明が終わるのとほぼ同時に、突然これまでの大雨がやみ、空に虹が現れ、また…
カテゴリー:

即位パレードなど「即位の礼」関連儀式掲載号をセット販売 夕刊フジワイド特集 非売品のPOP付き - 11月19日(火)11:48 

 夕刊フジ(産経新聞社発行)は、10月22日の「即位礼正殿の儀」、11月10日の「祝賀御列(おんれつ)の儀」、14、15両日の「大嘗祭(だいじょうさい)」など「即位の礼」関連儀式の記事をワイドで特集しました。
カテゴリー:

真剣勝負にやり直しなんてないんだぞ(10月22日 .. - 11月18日(月)09:17 

真剣勝負にやり直しなんてないんだぞ(10月22日 「即位礼正殿の儀」特番)#即位礼正殿の儀 #ニュース #tbs #note|ニュースが少しスキになるノート from TBS @tbs_news #note
カテゴリー:

中国で拘束された北大教授、やはりスパイだっだ!過去含め大量の機密資料を収集→日本政府の必死の説得により釈放される - 11月16日(土)13:22  poverty

北大・岩谷教授、拘束解かれ帰国 中国は「保釈」と説明  政府は15日、中国当局に9月から拘束されていた岩谷將(いわたにのぶ)・北海道大学法学研究科教授(42)が解放され、同日帰国したと発表した。健康状態に問題はないという。  日中関係筋によると、岩谷氏は9月3日に中国に入国し、北京滞在中に拘束された。政府系シンクタンク・中国社会科学院近代史研究所の招きで北京を訪れていた。岩谷氏は中国近現代史が専門。過去に防衛省防衛研究所や外務省に勤務した経験がある。  日本側は繰り返し中国側に解放を要求。安倍晋...
»続きを読む
カテゴリー:

秋篠宮さま「大嘗祭は宗教色が強く政教分離もあるので天皇家の私費でやるべき」→カルト集団当然無視し費用も前回より2億円増 - 11月16日(土)12:23  poverty

「一世一度の極めて重要な皇位継承儀式」(宮内庁)とされる大嘗祭。天皇が新穀を神々に供えて祈る宗教色が強い儀式で、過去には政教分離の観点から訴訟も起こされてきた。 政府は今回、憲法論争再燃を避けるため平成時の儀式踏襲を早々に決定。秋篠宮さまからも皇族として異例の疑義が呈されたが、「前例踏襲」で押し切った。 結論ありきの姿勢に、専門家から批判も出ている。  ◇簡素化も費用増  大嘗祭は天皇の即位後一度だけ行われ、その都度「大嘗宮」を建設して終了後に取り壊すのが習わしとなっている。 政府は平成時と...
»続きを読む
カテゴリー:

習近平の「国賓招待」で、日本が世界に発信する誤ったメッセージ - 11月19日(火)18:53 

日本政府の強い抗議で、中国当局に拘束されていた北大教授が無事解放されましたが、この一件を日中関係好転の足がかりになると日本側が期待することは「危険」なようです。情報戦略アナリストの山岡鉄秀さんは今回、無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』にその理由を記すとともに、人権侵害を続ける中国に日本政府が取るべき対応策を提示しています。 北大教授の解放は問題の解決を意味しない。日本政府が犯そうとしている致命的なミス 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 中国で拘束されていた岩谷將(いわたに のぶ)北海道大学教授が解放されてほっとしました。個人的に岩谷先生の講義を聞いて、ご挨拶したことがあるので、とても心配していました。 報道によると、今回は日本政府も「即時解放がなければ、習近平主席の国賓待遇が困難になる」と抗議したとのこと。 産経新聞(11月15日)によれば、10月に今回の拘束が発覚してから、安倍首相は「即位礼正殿の儀」に参列するために来日した王岐山国家副主席や、タイ・バンコク郊外で談した李克強首相に強く開放を求めた。 それが功を奏したのは良かったけれども、まだ少なくとも9人も原因不明のまま拘束されている日本人がいるそうですから、問題解決には程遠いと言わざるを得ません。この点は自民党の議員からも指摘があると報じられています。 しかし、安倍首相と日本政府には絶対に忘れて欲しく...more
カテゴリー:

「習近平国家主席の国賓来日に反対」遂に声を上げた自民議員の名 - 11月19日(火)04:30 

北海道大学教授の解放こそ叶ったものの、未だ複数の日本人が拘束中、加えて尖閣問題や激しさが増すばかりの香港デモ等々、日中間にはまだまだ「障壁」が存在していると言わざるを得ません。そんな中、安倍政権が先日打ち出した「習近平国家主席の国賓待遇での来日」について、与党内から反対意見が上がり話題となっています。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、習氏の国賓待遇を憂慮すべき理由について改めて持論を展開しています。 習近平の国賓来日に反対する自民党議員が現れた 皆さんご存知のように、安倍総理は6月、大阪で習近平と会談し、「来年の桜の咲く頃、習主席を国賓として日本に迎えたい」といいました。すると習近平は、「来春の訪問は極めていいアイディアだ。外交部門で具体的な時期について調整して欲しい」と応じました。 『米中覇権戦争の行方』(3章)を読まれた方はご存知ですが、私はこれ(国賓訪日)にずっと反対しています(理由は、後述します)。 そして、なんと自民党の議員さんで、習近平の国賓訪日に反対する人が出てきました。 まず、佐藤正久前外務副大臣。佐藤先生は元陸上自衛官。イラクに派遣され、復興支援隊長を務められました。いつも国益のために戦っておられる佐藤先生は、習近平の国賓来日に反対しています。先生は、日中間には現在「4つのトゲ」があるとおっしゃっていま...more
カテゴリー:

【世論調査】男系男子「こだわらぬ」8割弱 皇位継承に関する質問 - 時事通信 - 11月17日(日)15:06  newsplus

時事通信が8~11日に実施した11月の世論調査で、皇位継承を男系男子に限る現在の制度について聞いたところ、 「維持すべきだ」は18.5%にとどまり、「こだわる必要はない」が76.1%と大きく上回った。 男系男子の見直しに理解を示す人が多数に上ることが示された。 政府は安定的な皇位継承に関する検討に着手する方針で、女性・女系天皇に道を開くかどうかが焦点となっている。 安倍晋三首相は自身を支持する保守層に配慮し、「女性・女系」容認に慎重。 ただ、今回の調査では、自民党支持層に限っても「こだわる必要はない」...
»続きを読む
カテゴリー:

中国で拘束された北大教授、やはりスパイだっだ!過去含め大量の機密資料を収集 - 11月16日(土)13:20  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 北大・岩谷教授、拘束解かれ帰国 中国は「保釈」と説明  政府は15日、中国当局に9月から拘束されていた岩谷將(いわたにのぶ)・北海道大学法学研究科教授(42)が解放され、同日帰国したと発表した。健康状態に問題はないという。  日中関係筋によると、岩谷氏は9月3日に中国に入国し、北京滞在中に拘束された。政府系シンクタンク・中国社会科学院近代史研究所の招きで北京を訪れていた。岩谷氏は中国近現代史が専門。過去に防衛省防衛研究所や外務省に勤務した経験がある。  日本側は...
»続きを読む
カテゴリー:

平成と令和の連続性=保阪正康 - 11月16日(土)05:48 

「政治主導の退位」への懸念  5月1日に天皇陛下が即位してから、7カ月近くの時間が過ぎた。10月22日の「即位礼正殿の儀」、先日の「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」も終えて、新しい陛下は、名実ともに第126代の天皇としての役割を果たしていくことになった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「即位礼正殿」の画像

もっと見る

「即位礼正殿」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる