「博士号取得」とは?

関連ニュース

フードロスを減らすApeelがシンガポール政府やケイティー・ペリーから約270億円調達 - 05月27日(水)09:15 

食品廃棄と新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによるグローバルな食品サプライチェーンが圧迫が世界中の大きな関心事になっているが、カリフォルニア州の海辺の街、サンタバーバラの小さなスタートアップが、2億5000万ドル(約270億円)を調達して、その解決法を提供することになった。 Apeel Sciences (アピール・サイエンセズ)というその企業は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の助成金10万ドル(約1070万円)からスタートし、この8年間で成長を続けてきた。それが、トーク番組司会者であるOprah Winfrey(オプラ・ウィンフリー)氏や歌手のKaty Perry(ケイティー・ペリー)氏といった著名人を始め、シンガポールが所有する投資会社Sovereign Wealth Fund(ソブリン・ウェルス・ファンド)などの大手投資会社の支援を受け、今では10億ドル(約1070億円)規模の世界的企業となった。 こうした投資家や有名人を投資に導いたのは、Apeelが開発した食品を新鮮な状態で長期間、店の棚に陳列できるテクノロジーだ。これにより食品廃棄が減り、(気持ちとして抵抗はあるだろうが)店舗にもっと多くの野菜を仕入れさせることができる。 少なくともそれがこの8年間、Apeel Sciencesの創設者で最高責任者のJames Rogers(ジェームズ・ロジャーズ)...more
カテゴリー:

I Peace, Inc.(アイ・ピース)特定細胞加工物製造許可を得て、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始 - 05月15日(金)18:00 

2020年5月15日 I Peace, Inc.     特定細胞加工物製造許可を得て、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始   I Peace, Inc(アイ・ピース、本社:米国カリフォルニア州パロアルト、CEO:田邊剛士、https://www.ipeace.com )の日本子会社であるアイ・ピース株式会社は、京都市にある細胞製造拠点において特定細胞加工物製造許可を厚生労働省(近畿厚生局)より得ました。これに伴いこの度同拠点にて、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始いたしました。 弊社は、ファナック株式会社と共同開発した自動量産技術を用いて、数年以内に年間数千株の臨床用iPS細胞の多種同時量産体制(注1)を構築することを目指しています。   ポイント ・臨床用iPS細胞の作製サービスを開始した。 ・当社製造施設は、『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』に定められた基準に適合しており、高品質で安全なiPS細胞を製造できる施設であることが認められた。   臨床用iPS細胞作製サービス開始の背景 現在、国内外で再生医療の実用化に向けてiPS細胞由来の細胞を用いた様々な臨床研究が行われている一方で、実際の細胞移植医療の原材料となる臨床用のiPS細胞の作製が可能な拠点は世界的にも非常に限られています。 細胞移植医療に用いる...more
カテゴリー:

「博士号取得」の画像

もっと見る

「博士号取得」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる