「半世紀」とは?

関連ニュース

「鮮魚列車」から「伊勢志摩お魚図鑑」へ 近鉄名物列車の変わる活用戦略 - 02月24日(月)17:00 

関西の大手私鉄、近鉄の名物列車だった「鮮魚列車」が、2020年3月に半世紀あまりの運行を終了する。
カテゴリー:

「ペコちゃん焼」愛されて半世紀 1日2000個以上売れる日もある人気者 - 02月22日(土)17:22 

 大手菓子メーカー・不二家のキャラクター「ペコちゃん」の顔をかたどった大判焼きが、発売から半世紀を経てなお、愛され続けている。全国で唯一取り扱っているとされるフランチャイズ店の飯田橋神楽坂店(東京都新宿区神楽坂1)で、1日2000個以上売れることもあるという看板商品だ。
カテゴリー:

蓮乗院「勢至菩薩像」が鎌倉市文化財に 半世紀経て本尊と一体認定 - 02月22日(土)11:08 

 神奈川県鎌倉市教委は、浄土宗・蓮乗院の彫刻「勢至(せいし)菩薩像」、浄土宗・英勝寺の絵画「善光寺縁起絵巻」、八坂大神(おおかみ)の古文書「八坂大神文書」、伝宗庵の詩板「慈恩寺詩板」の4件を市指定文化財に指定した。蓮乗院の勢至菩薩像は本尊・阿弥陀如来像の右脇侍(きょうじ)。鎌倉時代後期に三尊像として
カテゴリー:

~食べて美味しい、飾って楽しい雛人形~「ひなまつりプチフール」を2月28日から5日間で限定発売 - 02月21日(金)18:00 

コロンバンは桃の節句にあわせ、2月28日からバタークリームを使った一口サイズのケーキ「ひなまつりプチフール」をコロンバンの各ショップで販売いたします。「ひなまつりプチフール」は、男雛、女雛、ぼんぼりや菱餅などをモチーフにしており、約半世紀販売しているロングセラー商品になります。
カテゴリー:

是川中「木彫展」節目の50年 地元で初開催/八戸 - 02月21日(金)11:00 

青森県八戸市の是川中学校(吉田浩之校長)の全校生徒が作った木工作品を展示する「木彫展」が、本年度で50年目を迎える。恒例行事として地域住民に長く親しまれてきた同展は、これまで百貨店やはっちなど市中心街で開いてきた。半世紀の節目となる今回、木材の提供などで支援を続けている地域住民へ感謝の気持ちを込めて、初めて地元の是川公民館で展示を行う。開催期間は22、23日の2日間。木彫制作を始めたのは1968年。当時の美術教諭らが、ものづくりを通して生徒たちに自信を持ってほしいという願いで始め、71年から展…
カテゴリー:

月へ火星へ、高まる機運 朝日宇宙フォーラム2020 - 02月23日(日)17:00 

 半世紀ぶりの月着陸をめざす有人探査計画や、宇宙時代に人類がどう適応できるのかを考える「朝日宇宙フォーラム2020」(朝日新聞社主催、宇宙航空研究開発機構<JAXA>後援、ヤクルト本社協賛、ANAホー…
カテゴリー:

海自向け飛行艇50機目記念式 製造半世紀の新明和工業 - 02月22日(土)14:45 

 航空機メーカーの新明和工業(本社・宝塚市)が海上自衛隊向けに製造した飛行艇が通算で50機目を数え、20日、神戸市東灘区の同社甲南工場で記念式典が開かれた。 飛行艇は飛行機と船の両方の特徴をもち、陸上…
カテゴリー:

久米島紬 未来へ 事業組合50周年祝う - 02月22日(土)07:00 

 久米島紬(つむぎ)事業協同組合(松元徹理事長)の創立50周年記念式典と祝賀会が21日、久米島町の町具志川農村環境改善センターで催された。久米島紬の織り手や組合の歴代役員、町や関連団体関係者など200人以上が参加して半世紀の節目を祝い、さらなる飛躍を誓った。  式典で松元理事長は「久米島紬の未来に向け...
カテゴリー:

金属の疲労破壊に起因する事故を防ぐ - 02月21日(金)15:00 

2020/02/21 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)・〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 Scienceand Technology of Advanced Materials誌プレスリリース   配信元:国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)・〒305-0047茨城県つくば市千現1-2-1   Tsukuba,Japan 21February 2020   金属の疲労破壊に起因する事故を防ぐ     Title:Catalog of NIMS fatigue data sheets / Catalog of NIMS creep datasheets 引用:Scienceand Technology of Advanced Materials Vol. 20 (2019) p. 1055 本誌リンクhttps://doi.org/10.1080/14686996.2019.1680574    物質・材料研究機構(物材機構、NIMS)は、日本で生産される各種金属構造材料の応力下での寿命を評価するために、過去半世紀にわたって、それらの長時間にわたる疲労およびクリープ試験をおこなってきた。  金属材料は繰り返して応力にさらされると疲労破壊を起こし、また、高温で一定応力を加え続けら...more
カテゴリー:

光林飯店(鳥栖市) - 02月21日(金)10:18 

鳥栖市古賀町の「光林飯店」は、100人が入る大広間を備えた和食・中華料理店。その前身は同市宿町にあった「光林」で、1970年創業の小さなちゃんぽん屋でした。現社長・林譲二さん(60)の父親が半世紀前に立ち上げた店は、譲二さんら3兄弟に後継ぎ息子を含めた3世代で守り継いでいます。 「光林」はかつて国道34号沿いにあった「三恵ビル」に、故節治さんが妻・マチ子さん(84)と開きました。78年には2店舗目として「光林飯店」を出店。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「半世紀」の画像

もっと見る

「半世紀」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる