「千葉県浦安市」とは?

関連ニュース

かとうかず子が東葉高速線・東西線でぶらり途中下車の旅 - 12月07日(土)12:12 

2019年12月7日放送の「ぶらり途中下車の旅」は東葉高速線・東西線の旅。旅人はかとうかず子。今週の路線:東葉高速線・東西線【東葉高速線】東葉勝田台駅から西船橋駅まで八千代市、船橋市の中央部を東西に横断する全長16.2キロ、全長9駅の路線です。東京メトロ東西線と直通運転しています。【東京メトロ東西線】千葉県船橋市の西船橋駅から東京都中野区の中野駅までを結ぶ、全長30.8キロの路線です。学生街やビジネス街、下町や漁船の街まで個性豊かな町並みが広がる沿線で、東京メトロの路線で最も長い距離を運行しています。今週の旅人:かとうかず子1958年2月20日生まれ。愛知県名古屋市出身。1979年つかこうへい舞台「広島に原爆を落とす日」でデビュー。以後、映画やドラマなどで活躍中。おじゃましたところ北習志野駅 ふなばしアンデルセン公園西船橋駅 コンサートサロンアルカス行徳駅 MIND 石塚 勝己さん浦安駅 マリーナ レストラントリム URAYASUmarkets TOKIIRO木場駅 GRASSE TOKYO飯田橋駅 ラ・カンティーナ・カンチェーミふなばしアンデルセン公園(北習志野駅)皇帝ダリアは、1年で高さがおよそ4メートルにもなり、秋遅くに花を咲かせます。また、売店では、北欧に伝わる妖精の人形など、クリスマスの飾りを販売しています。【最寄駅】北習志野駅より小室駅行きバスで20分、「アンデルセン公...more
カテゴリー:

ヒルトン東京ベイ、ストロベリーデザートビュッフェ「ストロベリープレイルーム」を12月28日(土)から開催 - 12月04日(水)16:45 

【2019年12月4日(水)】東京ディズニーリゾート(R)・オフィシャルホテル、ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市舞浜総支配人ロジャー・ブランツマ)は12月28日(土)より、「lounge O(ラウンジ・オー)」において、ストロベリーデザートビュッフェ「Strawberry Playroom(ストロベリープレイルーム)」を土・日・祝日限定(元日を除く)で開催いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200311/LL_img_200311_1.jpg ストロベリ...
カテゴリー:

『浦安鉄筋家族』佐藤二朗主演でドラマ化決定!「役作りは不要。なんなら演じることも不要」と自信満々 - 12月02日(月)10:09 

「週刊少年チャンピオン」で25年以上連載中の大人気ギャグ漫画「浦安鉄筋家族」が、佐藤二朗主演でドラマ化することがわかった。テレビ東京の金曜深夜「ドラマ24」枠で、2020年4月から放送スタート。佐藤はドラマ版の主人公・大沢木大鉄を演じる。現在放送中の『孤独のグルメ Season8』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~/テレビ大阪は翌週月曜24:12~)や『勇者ヨシヒコ』シリーズ、『きのう何食べた?』など、数々のヒット作を生み出してきたテレビ東京の「ドラマ24」枠。2020年の1月クールには滝藤賢一と古館寛治がW主演を務める『コタキ兄弟と四苦八苦』の放送も控えている。そして、2020年4月クールには、『浦安鉄筋家族』の放送が決定した。原作は、30代~40代から圧倒的な支持を得ている浜岡賢次による大人気ギャグ漫画。千葉県浦安市を舞台に、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎにしてしまう個性豊かな大沢木家メンバーや、近所に住む仲間たちの“全力の日常”が描かれる。ドラマでは、超テキトーでだらしない大沢木家の大黒柱・大鉄を佐藤が演じる他、『おっさんずラブ』シリーズの瑠東東一郎が監督を、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当。超強力な“三銃士”がドラマを作り上げる。今回のオファーについて佐藤は、「25年以上も連載が続く大人気漫画が原作ということで、 “俺が主演でエエんかいな”というのが正直な感想です。...more
カテゴリー:

【ドラマ】実写「浦安鉄筋家族」主演は佐藤二朗!「俺が主演でエエんかいな」 - 12月02日(月)06:23  mnewsplus

 人気ギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」が実写ドラマ化され、俳優の佐藤二朗が主演を務めることが明らかになった。個性派バイプレイヤーの佐藤が、とにかく超テキトーでだらしがない大沢木家の大黒柱・大鉄役を務める本作は、2020年4月クールにテレビ東京のドラマ24枠(毎週金曜深夜0時12分)で放送される予定だ。  「週刊少年チャンピオン」にて25年以上連載され、シリーズ累計発行部数4,400万部を記録している「浦安鉄筋家族」は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こすエクストリーム・ホームコメディー。ド...
»続きを読む
カテゴリー:

【漫画】『浦安鉄筋家族』まさかの実写ドラマ化 キャストは次号の『チャンピオン』で - 11月28日(木)20:18  mnewsplus

 人気ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』(作者・浜岡賢次)が実写ドラマ化されることが28日、わかった。同日に発売された連載誌『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)52号にて発表された。  同作は、千葉県浦安市を舞台に、元気過ぎる小学生の大沢木小鉄とその家族や仲間たちが繰り広げるドタバタコメディー。実在するプロレスラーや芸能人、有名アニメや漫画キャラクターに似た登場人物が出てくるパロディーや過激な下ネタが多い作品となっている。  『週刊少年チャンピオン』で、1993年から連載がスタートすると、人気を博し2度のテレ...
»続きを読む
カテゴリー:

「好きな言葉はチャンス、チャレンジ、チェンジ」変化し続けるラグビー山田章仁の新たな"トライ" - 12月06日(金)11:59 

日本のみならず、世界的な盛り上がりを見せたラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会。日本代表は史上初のベスト8を成し遂げる大活躍を見せ、日本では空前のラグビーフィーバーに。ラグビーを取り巻く環境は大きく変化したと言えるだろう。そんなラグビー界で、長年活躍を続ける選手の一人が山田章仁選手だ。「好きな言葉はチャンス、チャレンジ、チェンジ」と話し、常に挑戦と変化を続けてきた山田選手がまた一つ、新たな”トライ”に挑んだ。きっかけは19歳のオーストラリア留学── 5歳でラグビーを始めて、およそ30年になりますが、そのモチベーションはどこから来るのでしょうか? ラグビーは人数が多いチームスポーツ。だから、自分が良いプレーをすればたくさんの仲間が喜ぶ顔を見られますし、プロになってからは観客の皆さんが盛り上がるのがうれしくて。自分のためというよりも、人が喜ぶ姿を見られるのが一番のモチベーションですね。ラグビーに対する思いとして、大きな転機になったのは19歳で経験したオーストラリア留学でした。プロの選手を目の当たりにして純粋にラグビーの面白さを感じ、プロとして生きていこうと決意する後押しにもなりました。ラグビーと英語の上達のために挑戦した留学でしたが、得られたものはとても多かった。いろいろな国の選手に出会ったり、多様な価値観に触れたり。「ダイバーシティ」という...more
カテゴリー:

お酒に!鰻に!ハマグリに!裏話てんこ盛り!良純&一茂&DAIGOがついに千葉県に…の巻 - 12月03日(火)20:10 

今回の60分1本勝負!の舞台は、コーナー史上初めての千葉県。ディズニーランドのある街“浦安市”でいつもの如く大暴れ!! ロケ開始後すぐに、親が漁師だという地元の方に偶然遭遇!その方に、老舗の焼はまぐり店まで案内してもらうだけでなく・・・ちゃっかりロケ交渉までして頂く。 良純&一茂&DAIGOも「今日ロケ楽だね!」 などと甘えまくる事態・・・(笑) ディズニーランドがある街として知られている浦安市ですが、実は、かつて漁師町として繁栄した歴史が! そんな浦安で食べる、焼はまぐりと焼あさりを・・・「最高においしい!」と大絶賛!!満足そうな表情を見せる。 続いて訪れたのは、風情のある鰻屋さん。このロケでは、鰻を食べること恒例!?になりつつあり、一茂曰く「ロケ前は鰻しか頭にない!」とのこと。 それはそうとして、平然とお酒を頼む一茂さん!?(一応昼ロケです 笑) お酒が進むと、「長嶋一茂邸で行われたバーベキュー」の話題に!仕事終わりに駆けつけた、初参加のDAIGOの感想は・・・「令和で1番酔っている人たちがいた!」 でした。 特に、1番酔っ払っていた良純は、ラグビーW杯日本代表のユニフォームが、“海老の握り”に見えていたそう。(※ラグビーファンの方ごめんなさい)さらに...more
カテゴリー:

ヒルトン東京ベイの『ロイヤルホワイトクリスマス.. - 12月02日(月)08:00 

ヒルトン東京ベイの『ロイヤルホワイトクリスマス』⛄️ おしゃれホテルのアフタヌーンティーを満喫してね♡ 📍千葉県浦安市舞浜1-8ロビーラウンジ「ラウンジ・オー」 📅~2019年12月22日(日)土・日・祝日のみ営業
カテゴリー:

歌声で虐待防止呼び掛け 浦安で「オレンジゴスペル」 - 12月01日(日)10:56 

 児童虐待を防止するオレンジリボン活動の啓発イベント「オレンジリボンフェスタうらやす2019」が12月8日、千葉県浦安市の同市文化会館大ホールで開かれる。同市などで活動するゴスペルサークル「ゴスペルクワイア エノーマスボイス」、NPO児童虐待防止全国ネットワーク、浦安市の共催で、ゴスペルライブのほか
カテゴリー:

スポーツ♡マンガ for TOKYO2020:「ベイビーステップ」絶対にあきらめず一戦一戦着実に 車いすテニス橘龍平さんの憧れ - 11月27日(水)11:00 

 一つ一つの試合で自分を成長させ、決してあきらめない――。車いすテニスの国内ジュニアランキング1位の小学6年生、橘龍平さん(12)=千葉県浦安市=はテニスマンガ「ベイビーステップ」(勝木光作、講談社)の主人公からそんな姿勢を学んだ。大人になってパラリンピックに出ることが目標だ。【五十嵐朋子】
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「千葉県浦安市」の画像

もっと見る

「千葉県浦安市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる