「医療機器」とは?

関連ニュース

「吸引&生検針の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 - 08月16日(金)18:00 

2019年8月16日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「吸引&生検針の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「吸引&生検針の世界市場予測(~2024年)」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。吸引&生検針の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:吸引&生検針の世界市場予測(~2024年)・英語タイトル:Aspiration & Biopsy Needles Market by Product (Fine-needle Aspiration, Biopsy (Core & Vacuum Assisted)), Site, Procedure (Image-guided (Ultrasound, MRI, Stereotactic), Nonimage-guided), Enduser (Hospital, Academia) - Global Forecast to 2024・商品コード:MD-7195・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets・発行...more
カテゴリー:

マーケティング部員は全員外国人、中小の医療機器.. - 08月16日(金)10:05 

マーケティング部員は全員外国人、中小の医療機器メーカーの狙いとは #newswitch
カテゴリー:

日米の勤務医「給与差拡大」の最大理由はこの病気だった - 08月15日(木)11:46 

大学病院に数千人もの無給医が存在することが明らかになり問題となりましたが、今後報酬を支払い、働き方改革にも対応していくと、病院経営は非常に厳しいものになると、メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で、現役医師の徳田先生は指摘します。先生はまた、アメリカでは医療費が高額で、勤務医が日本の勤務医の倍以上の報酬を得ていることについて、バブル崩壊後の日本では進行が止まった「経済の病」に原因があると解説しています。 無給医問題と働き方改革でますます厳しくなる病院経営 最近、文部科学省が発表したあるニュースが注目されています。それは、大学病院で無給で働いている医師が全国で数千人もいる、とのニュースです。しかし、このニュースで伝えている無給で働く医師群は日本の大学病院の中では昔から存在しています。ほとんどのケースは、医師免許を持つ臨床系大学院の学生であり、「研究にも役に立つし勉強になるから」との理由で患者さんを診療しているのです。 このような無給の医師兼大学院生は、週何回か「バイト」と呼ばれる診療行為を大学病院以外の病院で行って生計を立てています。しかし、このニュースが世の中にカミングアウトした結果、大学病院はこのような医師たちにも給料を支払わなければならないことになり、人件費が急激に上昇するため、大学病院の経営状況は今後ますます厳しくなるでしょう。無給労働はルール違反なのです。 しか...more
カテゴリー:

心電計測サービス「心電StiQ」にて医療機器認証を2019年7月22日付で取得いたしました。 - 08月14日(水)15:10 

[SIMPLEX QUANTUM 株式会社] 心電情報を活用したストレス計測サービス「SQ-bar」を提供するSIMPLEXQUANTUM株式会社(東京都港区、代表取締役社長:鈴木 那奈子)が、心電計測サービス「心電StiQ」にて医療機器認証を2019年7月22日付で取得い...
カテゴリー:

ライフタイムベンチャーズが最大10億円規模の2号ファンドを設立 - 08月13日(火)10:52 

ライフタイムベンチャーズは8月13日、インキュベイトファンド、アフラック・イノベーション・パートナーズ、個人投資家より出資を受けたことを発表。2号ファンドを最大10億円で設立し、デジタルヘルス、インダストリークラウド、クロスボーダー・ジャパン領域へのシード投資を開始した。 ライフタイムベンチャーズは、プレシード/シード特化型ベンチャーキャピタル。代表パートナーの木村亮介氏は、インキュベイトファンドでの4年半の企業支援を経て、2017年1月に同ファンドを設立。1号ファンドでは、Rehab for JAPAN、ウーオ、IMCFなど9社の投資・支援を行ってきた。2号ファンドでは、プレシード・シード期の企業は1社あたり3000万円前後、シリーズA以降の企業にはフォローオン投資を含め1社あたり最大8000万円を投資し、ハンズオン支援を実施するとのこと。具体的には、週次で個別定例ミーティングを実施し、プレシード・シードステージのスタートアップ企業に必要とされる経営戦略の策定から実行支援までを行う。投資分野の詳細は以下のとおり。 デジタルヘルス分野では、ヘルスケアAI、ヘルスケアIoT、デジタル医療機器(SaMD)、医療機関向けSaaS/PaaS、介護事業者向けSaaS/PaaS、ライフサイエンス企業向けSaaS・PaaSなど、デジタルテクノロジーを活用した医療・介護・健康関連サービス全般を対象...more
カテゴリー:

コンセプト・メディカルがMagicTouch PTAシロリムス被覆バルーンに対する「ブレークスルーデバイス指定」をFDAより取得 - 08月16日(金)16:41 

米フロリダ州タンパ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- コンセプト・メディカル(CMI)が米国食品医薬品局(FDA)よりMagicTouch PTA(経皮的血管形成術)に対するブレークスルーデバイス指定を受けたと発表しました。MagicTouch PTAは、膝窩動脈以下(BTK)の末梢動脈疾患(PAD)を治療するための当社のシロリムス薬剤被覆バルーン(DCB)カテーテルです。 コンセプト・メディカルは、心臓医で慈善家、シリアルアントレプレナーのKiran Patel医師の支援を受けています。Patel医師は革新的で市場を根底から覆す医療機器の揺るぎない支持者で、世界の人々に画期的な治療を提供しています。当社は、薬物送達のパイオニアであるDr. Manish Doshi の主導の下で、当社の革新的な薬物送達デバイスの有効性を示す証拠を確保すべく、世界規模の広範な臨床プログラムに着手しました。 コンセプト・メディカルはシロリムス・ドラッグデリバリー・プラットフォーム技術(Nanolute Technology)を先駆的に開発しました。本技術は世界中の3万人を超え
カテゴリー:

薬事・食品衛生審議会 (医療機器・再生医療等製品安全対策部会) - 08月15日(木)14:00 

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会 (医療機器・再生医療等製品安全対策部会)を掲載しています。
カテゴリー:

マーケットE---急騰、20年6月期の営業利益予想32.7%増、19年6月期は368.6%増 - 最新株式ニュース - 08月15日(木)09:32 

<3135>  マーケットE  2118  +224急騰。20年6月期の営業利益予想を前期比32.7%増の6.00億円と発表している。前期に展開したオウンドメディアが引き続き収益拡大に寄与するほか、買取依頼数が増加すると見込む。同時に発表した19年6月期の営業利益は368.6%増の4.52億円で着地した。農機具・医療機器など専門性が高い商品の取り扱い規模拡大、オウンドメディア運営の収益化や通信領域
カテゴリー:

シーエムプラス、デジタルヘルスの専門誌「米国eHealthジャーナル」を8月13日に創刊 - 08月13日(火)16:45 

シーエムプラス・グループの統括会社 CM Plus Singapore Pte. Ltd.(本社:シンガポール、Management Director & Group CEO:冨樫 経廣)は、8月13日、デジタルヘルスの専門誌「米国eHealthジャーナル」の創刊号をリリースしました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190811/LL_img_190811_1.jpg 米国eHealthジャーナル 医療・医薬・医療機器産業にとどまらず、全ての産業に大きなインパクトを与えるデジタルヘルス革...
カテゴリー:

「胃腸のお茶」に欠かせないアニス - 08月13日(火)10:00 

こんにちは、酒井美佐子です。前回に引き続き、ドイツ国内の薬局やドラッグストアで購入してきた商品を紹介したいと思います。今回は「胃と腸のお茶」です。日本では医薬品医療機器等法により、このような表記のお茶は見かけることはありませんが、ドイツの薬局やドラッグストアでは、色々なメーカーの
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「医療機器」の画像

もっと見る

「医療機器」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる