「医療センター」とは?

関連ニュース

病院ランキングと患者アウトカムは関連する?/JAMA Surgery - 08月16日(金)04:00 

 出版不況と言われる中、相変わらず病院ランキング本だけは堅調と言われている。米国の病院ランキング本をめぐる興味深いエビデンスが報告された。米国・カリフォルニア大学アーバイン医療センターのSahil Gambhir…
カテゴリー:

関西エアポート、止血帯「ターニケット」を関西国際空港内に導入 - 08月11日(日)21:29 

関西エアポートは、テロや災害時等の対策として、止血帯「ターニケット」を関西国際空港内に導入した。 「ターニケット」は、圧迫止血でも止まらない出血に対して行う緊縛止血のための道具。血を押さえたい位置より心臓に近い位置に巻き、手足に輪になったベルトを通して締め上げるだけで、力を使わず簡単に素早く止血でき、大量出血から命を救うことができる。 万が一の際に応急救命を行えるよう、りんくう総合医療センター協力によって導入した。国内空港での導入は初めて。 設置場所は各ターミナルのAEDボックス内。導入個数は100個。 ⇒詳細はこちら 投稿 関西エアポート、止血帯「ターニケット」を関西国際空港内に導入 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

嫁「実家がだらしないせいで、2歳児がヨードチンキを一気飲みしました!」 子供「からいーっ!からいーっ!」 - 08月09日(金)20:03  poverty

帰省先であがる悲鳴 子どもが飲み込んだのは… 「帰省した実家で希ヨードチンキ(消毒液)が幼児の手が届く位置にあり、 私がトイレに行った隙に2歳児が一気飲みしました…」 「うちはお酒で誤飲がありました。祖父母宅では調味料や洗剤も床置きなのですごくこわいです」 8月の帰省シーズンを迎える中、ネット上には、こうした投稿が相次いでいます。 冒頭で紹介したのは、横浜市に住む主婦の白木さん(43)の投稿です。 つぶやいたのは、長女がまもなく2歳になるという時期に起きた、忘れられない“事件”でした。 実家に帰...
»続きを読む
カテゴリー:

【新刊】日本赤十字社医療センター『健康な100歳をめざして―予防と治療法を現役医師が解説!』オリジナル書籍出版−桜の花出版 - 08月08日(木)09:00 

「人生100年時代」といわれる今、健康長寿を達成するという観点から、日本赤十字社医療センターから書籍『健康な100歳をめざして』が8月1日発売されました。今ぜひ患者さんに伝えたいことをまとめたものです。 お酒やタバコにかかわる身近な予防医学から、生活習慣病や白内障や緑内障など身近な病気、がん、腰痛や膝痛、認知症など幅広い分野をカバー、気になる免疫療法や遺伝子検査にも言及、気になった項目だけ拾い読み、事典的に使えます。 また、近年の研究で、いつまでも若々しくいるために筋肉が重要とわかってきました。 ロコモティブシンドローム(運動器症候群)対策が急務です。 腰痛、膝痛対策は万全ですか? どんな人も今日から行える簡単で効果的な体操も紹介しています。また看護に強い当センターらしく生活を支えるためのサポートやリハビリなどの話題も取り上げています。
カテゴリー:

【天野秀夫 中小型厳選株】「日本動物高度医療センター」に投資妙味 4-6月は前年同期比43%経常増益スタート - 08月08日(木)06:30 

「夏休み」ムードも強まり、市場参加者が減少傾向となるこの時期は、投資環境としては厳しい時期です。しかし、3月期企業の第1四半期決算の発表ピークを今週に通過して、…
カテゴリー:

【ノモンハン』血ノ教訓】大阪・難波宮跡から旧陸軍機密文書見つかる - 08月12日(月)08:34  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000516-san-soci 「『ノモンハン』血ノ教訓」 大阪・難波宮跡から旧陸軍機密文書見つかる 8/11(日) 19:23配信  飛鳥~奈良時代に一時的に都が置かれた難波宮跡(大阪市中央区)の発掘調査現場から、1939(昭和14)年に旧満州(現中国東北部)とモンゴルの国境付近で旧日本・満州国軍とソ連・モンゴル軍が武力衝突した「ノモンハン事件」に関する旧日本軍の機密資料が見つかっていたことが11日、分かった。終戦時に米軍の接収を免れるため焼却処分された燃え残りとみられ、...
»続きを読む
カテゴリー:

【命】1999年に慶應義塾大学病院で生まれた289グラムの超低出生体重女児、20歳になる - 08月11日(日)06:09  newsplus

 東京都新宿区信濃町の慶應義塾大学病院で1999年、当時の国内最小に当たる289グラムの超低出生体重で生まれた女児が成人し、20歳を迎えた。この女性は世界でも当時、3番目に当たる小さい体重だったが、現在は高校を卒業して企業に就職している。  慶應義塾大学によると、この女性は妊娠23週で誕生したが、無事に退院し、その後すくすくと成長した。高校時代はバスケットボール部で3年間活動し、卒業後はOLとして働いている。出生体重の289グラムは成人した超低出生体重児としては国内最小になる。  本人は「今は週に2回、パソコン...
»続きを読む
カテゴリー:

乾燥する季節、長引く咳、その原因は鼻にありました。『つらいせきが続いたら、鼻の炎症を治しなさい』2019年8月23日刊行 - 08月08日(木)16:00 

株式会社あさ出版(代表取締役:佐藤和夫、所在地:東京都豊島区)は、杉原 徳彦 著『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』を2019年8月23日(金)に刊行いたします。毎月2000人が来院するスーパードクター まわりに「咳が長引く」「痰がからみやすい」という症状に悩んでいる人はいませんか。その原因は「鼻の炎症」かもしれません。著者である杉原医師は、長引く咳において「鼻」の治療に着目。鼻から肺まで続く“気道を一貫して診る治療”を取り入れたことで、仁友クリニックは、日本全国から毎月、 2000人以上の患者さんが来院する駆け込み寺となっています。 初著作となる本書では原因、治療法のほか、咳を再発させない家でできるセルフケアと生活習慣もご紹介しています。これから秋・冬に向かい、乾燥することで、鼻、喉の不調も起きやすい季節ですその乾燥対策にもピッタリの1冊となっています。病気のもと、鼻水は、怖い炎症性物質 鼻に炎症があると、気管支に向かって、炎症性の物質が鼻水とともに流れていきます。すると、炎症が広がり気道が敏感になることでせきが出やすくなります。そして、それを放置していると刺激によって気道の壁がどんどん分厚くなり、やがて、呼吸困難、気管支ぜんそくや睡眠時無呼吸症候群、誤嚥性肺炎などさまざまな病気の原因となります。本書では、Bスポット治療など効果の高い各治療法について、多くの患者さんを見た...more
カテゴリー:

【新刊】日本赤十字社医療センター『健康な100歳をめざして―予防と治療法を現役医師が解説!』オリジナル書籍出版-桜の花出版 - 08月08日(木)09:00 

「人生100年時代」といわれる今、健康長寿を達成するという観点から、日本赤十字社医療センターから書籍『健康な100歳をめざして』が8月1日発売されました。今ぜひ患者さんに伝えたいことをまとめたものです。 お酒やタバコにかかわる身近な予防医学から、生活習慣病や白内障や緑内障など身近な病気、がん、腰痛や膝痛、認知症など幅広い分野をカバー、気になる免疫療法や遺伝子検査にも言及、気になった項目だけ拾い読み、事典的に使えます。 また、近年の研究で、いつまでも若々しくいるために筋肉が重要とわかってきました。 ロコモティブシンドローム(運動器症候群)対策が急務です。 腰痛、膝痛対策は万全ですか? どんな人も今日から行える簡単で効果的な体操も紹介しています。また看護に強い当センターらしく生活を支えるためのサポートやリハビリなどの話題も取り上げています。
カテゴリー:

【兵庫】病院「24時間365日を医師2人でカバーはできない」→市民「失望」市長「産科を守ろうと思わないの?」★5 - 08月07日(水)22:50  newsplus

分娩停止 ボランティア医師がギリギリ守っていた地域の「しんどい医療」は担い手がいない 2019年08月05日 06:00 6月3日に報道された兵庫県丹波篠山市の兵庫医科大ささやま医療センターの産婦人科の分娩休止問題。ささやま医療センターの産科充実に向けての検討会の記事がYahoo!ニュースに取り上げられました。 第1回検討会では >住民対象のアンケートで、約7割が市内での出産を望んでおり「今後が不安」とした回答が約4分の1を占めたことが報告された。 まあそりゃ住民は近くで産みたいと希望するでしょう。その上で >委...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「医療センター」の画像

もっと見る

「医療センター」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる