「北九州市立大」とは?

関連ニュース

歩いてもOK 触れずに胸の動きで血圧測定 北九州市立大が開発 - 01月16日(日)16:00 

 腕を拘束したり静止したりせず、胸に表れる微細な動きを検知して血圧を測る技術を、北九州市立大の梶原昭博特命教授(電波応用工学)が開発した。センサーを使い、歩き回っていても連続して計測できるのが特徴で、1年以内の実用化を目指している。
カテゴリー:

センサーで受信、非接触型の血圧計開発 健康の「見守り」にも一役 - 01月15日(土)13:22 

 北九州市立大学の梶原昭博特命教授(電子通信工学)が、非接触型の血圧測定計を開発したと発表した。従来の血圧計と異なり、心臓の動きをとらえた「ミリ波」と呼ばれる電波をセンサーで受信することで、離れた場所…
カテゴリー:

【技術】7メートル先の心臓の動きを捉え、血圧を推定する装置が開発される - 01月15日(土)21:43  newsplus

北九州市立大は13日、電波を使った非接触式の血圧測定センサーを開発したと発表した。 1拍ごとに変動する血圧を連続測定することが可能で、家庭用の計測器として1年後の実用化を目指している。  同大国際環境工学部の梶原昭博特命教授(電波応用工学)が開発したセンサーは、縦5センチ、横4センチ、厚さ0・5センチ。 「ミリ波」と呼ばれる電波を使って、心臓の動きを胸部の0・1~0・5ミリのわずかな動きから捉え、呼吸や心拍変動を測定して血圧を推定する仕組みとなっている。  測定者に接触せずに日常の状態で血圧...
»続きを読む
カテゴリー:

「夢があるのは強い」無料塾開いた大学生 人と違っても揺るがぬ自信 - 01月14日(金)11:00 

■受験する君へ 北九州市立大・中原大地さん 教育の力で子どもたちを救いたい。 北九州市立大1年の中原大地さん(19)は、中学の授業で海外の貧困地域の子どもたちについて学んで以来、その夢をかなえるために…
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる