「化学調味料」とは?

関連ニュース

日本人って化学調味料のせいで味覚ぶっ壊れてるよな。海外に行くと薄味で驚く。日本料理は塩油化学調味料まみれ - 10月17日(木)04:02  poverty

半年かけて行われた動物実験の結果、 研究グループは「多量にグルタミン酸 ナトリウムを含む食事を食べると硝子 体中のグルタミン酸濃度が高まり、網膜 細胞が破壊されるかもしれない」 「グルタミン酸ナトリウムの過剰摂取 が、欧米の国々より日本で多くみられる 正常眼圧緑内障に関連しているかもしれ ない」と考察している。 https://www.excite.co.jp/news/article/Harbor_business_13169/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

1日限定20食! 伝統的な製法を受け継ぐ「元祖冷麺」 | ananweb - マガジンハウス - 10月04日(金)18:30 

フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『本宮(ボングン)クッス』の元祖冷麺です。麺料理は大好きだけど、飲み干せるほどのスープに出会うことは少ない。だから今年8月に赤坂から移転オープンした月島『本宮クッス』の元祖冷麺は衝撃だった。澄んだ金色のスープは一口飲めば「もうこれは一滴たりとも逃せない!」と丼ぶりを抱えたくなる(必死か)。「3日間の仕込みと10日間の熟成を経てようやく出来上がるスープなんです」と店主の李ソラさん。なんとまあそれは大変な……とありがたさが増すのだが、この奥ゆかしくも清らかな旨味は、上質な牛や鶏のダシをベースに果実や野菜の味わいを引き出して生まれているらしい。化学調味料はもちろん塩以外の調味料は一切使わず、朝鮮半島に古くから伝わる伝統的な製法によって生まれる、時間と手間の味。だから1日20食が限界。「もっと簡単に、現代的なレシピにアレンジすることはできるけどしたくない。元々お祝い事があると祖母が作ってくれた味なんです。世の中が目まぐるしく回るからこそ、このゆっくりとした味を残していきたい」。冷麺以外にも、ききょうやたんぽぽなど日本では珍しい10種類の自家製キムチを振る舞うイベントを行うなど、故郷の食文化の多様な魅力を伝える李さん。「どれも栄養価が高くて、健康にも美容にも良いんですよ」と笑う李さんの肌はつやつやと輝いて、その...more
カテゴリー:

ピラミッドが東京駅をジャック!? サバの旬に合わせてサバ缶PRイベント開催 - 10月07日(月)12:00 

平素より大変お世話になっております。水産缶詰を主軸に製造販売を行う伊藤食品が、東京駅八重洲口にて業界初となるPRイベントを開催する運びとなりました。伊藤食品の看板商品である「サバ缶詰」を使用し、2m越えの‘金の巨大サバ缶ピラミッド’をサバの旬の時期に合わせ設置致します。イベント内容・2m越えの巨大サバ缶ピラミッド設置・伊藤食品SNSアカウント(フェイスブックorインスタグラムorツイッター)フォローまたはアンケート回答によりサバ缶(美味しい鯖味噌煮)プレゼント※イベント会場にて数量限定で行います。場所 東京駅八重洲中央口コンコース外(改札出てすぐのイベントスペース)期間 2019年10月25日(金)から2019年10月27日(日) 各日10時~19時これまで口コミを中心に広まってきた弊社が初めてイベントを行います。秋から冬にかけて、サバに最も脂が乗り、栄養価が高い旬の時期に合わせた企画です。サバ缶詰は健康志向の高まる現代にマッチし、水産缶詰の王座に君臨していたツナ缶詰を生産量で抜き去るなど、今やブームから定番へと歩みを進めました。伊藤食品のサバ缶詰は化学調味料・増粘多糖類不使用で安心安全にこだわった、国産サバの缶詰です。「美味しい缶詰を子ども達に食べさせたい」をモットーにサバ缶詰やツナ缶詰などの定番品に加え、牡蠣やニジマスなど変わり種缶詰も取り揃えております。ブランドキャラクターの...more
カテゴリー:

「化学調味料」の画像

もっと見る

「化学調味料」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる