「動向分析レポート」とは?

関連ニュース

エヌピーディー・ジャパン、最新外食・中食レポート「出前比率は3%、ピークは1、3、8、12月」を公表 - 10月16日(水)13:30 

外食・中食市場情報サービス『CREST(R)*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、外食・中食市場における、出前市場動向分析レポートを2019年10月16日に公表します。本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。直近1年(2018年9月~2019年8月計)の外食業態の市場規模は13.3兆円で、そのうち出前比率は3%でした。出前需要・売上のピークは、客単価もオーダーも多い1月、3月、8月、12月であることが分かりました。外食業態の市場規模は13.3兆円、出前比率は3%外食業態(小売店、弁当・惣菜店、自販機、学生食堂・社員食堂を除くレストラン業態で、宅配ピザを含む)の市場規模は、直近1年(2018年9月~2019年8月計)で、13.3兆円でした。そのうち、イートイン、テイクアウト、出前の比率をみると(図表1)、イートインが84%、テイクアウトが13%、出前が3%を占めることが分かりました。同時期の成長率は、出前が11.4%増と大きく成長しています。出前の需要・売上ピークは1月、3月、8月、12月出前の月次の出前比率をみてみると(図表2)、2016年~2019年(8月まで)の各月平均で、客数のピークは1月が最も高く3.6%、3月が3.5%、8月と12月が3.4%でした。また、売上のピークは、客単価の高い8月が高くなり3.6%、1月、...more
カテゴリー:

「動向分析レポート」の画像

もっと見る

「動向分析レポート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる