「労働政策審議会」とは?

関連ニュース

パワハラ指針案 - 11月06日(水)05:15 

職場でのパワーハラスメント防止が企業に義務付けられるのを前に、厚生労働省はパワハラの定義や、それに該当する行為、しない行為の具体例などをまとめた指針の素案を厚労相の諮問機関・労働政策審議会の分科会に示した。大企業は来年6月から、中小企業は2022年4月から義務化されることになり、年内の指針策定を目指す。 パワハラ被害は後を絶たない。上司から暴言を吐かれたり、暴力を受けたり。
カテゴリー:

未払賃金の消滅時効が5年に。そのタイミングで何が起こるのか? - 11月04日(月)10:00 

2020年春「民法」が改正され、現在では一般的に2年とされている未払賃金の消滅時効が5年に引き伸ばされる可能性が高くなりました。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、それによってみなさんの勤めている企業側は何に注意しなければならなくなったのかをわかりやすく会話形式で解説しています。 未払賃金消滅時効5年? 未払賃金は、現行民法では消滅時効1年だが、民法の特別法である労働基準法第115条の2年の消滅時効が一般的である。 来春、民法が改正される。特別法として労働基準法の2年が消滅時効となる意見もあるが、合理性がないとして改正民法の5年の消滅時効が適用される可能性が高い。 労働基準法第37条(割増賃金)不払は、労働基準法第119条に基づき、6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金。労働基準監督署の支払命令は、今まで通常最大2年遡及だったが、これからははてさてどうなる…? 新米 「そうそう、ちょっと聞いたんですけど、来春から賃金の時効が2年から5年に延びるってホントですか?」 大塚 「あぁ、民法の改正のことね?」 深田GL 「今回の改正で、これからの未払残業代の請求は1人当り数百万円から1,000万円台の時代になりそうだね」 新米 「え?1人当たりで、そんなにー?」 深田GL 「未払残業代の時効5年への変更をきっかけにたくさんの弁護士やユニオンが、今まで以上に未払残業代請...more
カテゴリー:

パワハラの指針素案に批判噴出 「該当しない例」が労働者救済阻害と指摘 - 11月05日(火)08:30 

 企業に初めてパワハラ防止対策が義務付けられる来年6月に向け、厚生労働省が公表したパワハラ指針の素案に批判が噴出している。素案はパワハラに「該当しない」例を列挙しているが、労働者側は「使用者側に言い訳を許し、かえってパワハラを助長しかねない」と猛反発。厚労省は指針の年内策定を目指すが、議論している労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会も紛糾しており、着地点は不透明だ。
カテゴリー:

厚労省、失業手当について自己都合退職の場合は現在は3カ月給付されないが、それを短縮する方向で検討 - 10月30日(水)11:21  newsplus

2019年10月29日 15時50分 時事通信社  厚生労働省は29日、自己都合で離職した際に失業手当が給付されない期間を現在の3カ月から短縮する方向で検討を始めた。  働き方の多様化や高齢者の就業拡大で、仕事を辞めて転職する人の増加が予想されており、セーフティーネットの整備など制度面で対応を進める。  同日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の部会では、労使から「就職までの生活の安定を考えると、給付制限期間を短くするべきだ」など、肯定的な意見が出された。厚労省は今後、財政面なども検証しながら議論し、年...
»続きを読む
カテゴリー:

「労働政策審議会」の画像

もっと見る

「労働政策審議会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる